【セCS】石原「俺のせいで負けた」勝負所の送りバント失敗響き連敗

広島0-1DeNA、犠打がとにかく上手く行かなかった印象。


「セCSファイナルS・第3戦、広島0-1DeNA」(20日、マツダスタジアム)

DeNAが7投手の完封リレーで井納の適時打で挙げた1点を守り抜き、対戦成績を2勝2敗(広島のアドバンテージ1勝を含む)にした。

セ・リーグのCSファイナルSで2勝2敗のケースは、2011年の1度だけ。この年は追いつかれたシーズン1位の中日(アドバンテージ1勝)が4、5戦でヤクルトに連勝し、日本シリーズに進出した。

ヤフオクドームで行われたパ・リーグCSファイナルS・第3戦はソフトバンクが7-5で楽天を下し2勝2敗(ソフトバンクのアドバンテージ1勝を含む)にした。セ、パともに2勝2敗となったファイナルSは初めてだ。

情報源:セパCSファイナルともに2勝2敗は史上初 セは6年ぶり2度目 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:セパCSファイナルともに2勝2敗は史上初 セは6年ぶり2度目/野球/デイリースポーツ online


○DeNA1-0広島●(20日・マツダスタジアム)

広島の先発・ジョンソンは5回6安打1失点と先発の役割を果たしたが、リードを許しての降板に「いい当たりは一つしかなかった」と悔しがった。二回に2死後から連打を浴びて一、二塁とされ、投手の井納に先制打を許した。だが、三回1死満塁のピンチでは本領を発揮。宮崎を内角直球で詰まらせて三ゴロ併殺打に打ち取り、四、五回も3者凡退に切り抜けた。「別に修正するところは何もない」と振り返ったが、肝心の白星には手が届かず「今日の流れは、全て相手に行ってしまった」と話した。

情報源:<プロ野球CS>悔やまれる1失点 広島・ジョンソン (毎日新聞) – Yahoo!ニュース


1回広島2死一塁、空振り三振に倒れ悔しげなサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1回広島2死一塁、空振り三振に倒れ悔しげなサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「セCSファイナルS・第3戦、広島0-1DeNA」(20日、マツダスタジアム)

スタメン4番に抜擢された広島・バティスタは期待に応えられず。4打数無安打だった自身の結果に「いいスイングを心がけたが、できなかった」と振り返った。

6回、好機で二飛に倒れるバティスタ=マツダスタジアム
6回、好機で二飛に倒れるバティスタ=マツダスタジアム

満足できる内容は残せなかった。初回の二死一塁の場面では、相手先発・井納がカウント2ストライクから投じたフォークにバットは空を斬り空振り三振。六回1死一、二塁からは、DeNA2番手の三上の前に二飛に倒れた。

6回広島1死一、二塁、二飛に倒れうつむくサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
6回広島1死一、二塁、二飛に倒れうつむくサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

この日、座った4番の打順について「4番と5番の時の意識は変わらない」と話したバティスタ。チームは連敗。さらにこの日は完封負けで自身の役割を果たせなかったとあって、試合後は重い空気を漂わせた。

今季レギュラーシーズンで4番に座ったのは、9月24日の中日戦1試合のみ。19日の第2戦では2安打を放つなど、上昇気配を見せていた助っ人。この日の悔しさは次戦でぶつけていく。

4回広島無死、二ゴロに倒れる広島 サビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
4回広島無死、二ゴロに倒れる広島 サビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)

情報源:4番抜擢のバティスタ期待に応えられず 「いいスイングを心がけたが…」/カープ/デイリースポーツ online

情報源:広島 4番抜擢のバティスタ期待に応えられず「いいスイングを心がけたが…」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース


広島対DeNA 7回裏広島無死一塁、併殺打に倒れ、天を仰ぐ石原(撮影・田崎高広)
広島対DeNA 7回裏広島無死一塁、併殺打に倒れ、天を仰ぐ石原(撮影・田崎高広)

<セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島0-1DeNA>◇第3戦◇20日◇マツダスタジアム

広島が0-1で完封負けした。3者凡退は4回と9回だけ。6安打4四球と走者を出しながら、あと1本を出せなかった。また石原が5回無死一塁でスリーバント失敗。7回無死一塁ではバントを捕前に転がしたが併殺に取られた。

6回はDeNAの執念の継投に屈した。1死一塁から丸の右前打で一、二塁。ここで相手ベンチは先発井納をあきらめ「1人1殺」継投に出た。4番に入ったバティスタが三上に二飛に抑えられ、松山は砂田に四球、エルドレッドは須田の前に左飛に打ち取られた。

1安打1四球の丸は「あと1本でなかったのはもったいなかった。後ろ向きにはなっていない。また明日です」と切り替えに努めた。

情報源:広島丸「もったいなかった」執念継投に屈しまた明日 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース


7回無死一塁、石原の犠打は捕ゴロ併殺に終わる
7回無死一塁、石原の犠打は捕ゴロ併殺に終わる

◆2017ローソンチケット セ・クライマックスシリーズ最終S第3戦 広島0―1DeNA(20日・マツダスタジアム)

広島が勝負所で「あと1本」が出ずに2連敗。対戦成績は1勝のアドバンテージを含め2勝2敗のタイとなった。

先発のクリス・ジョンソン投手(33)が投手に浴びた適時打が、重い決勝点となった。2回2死から嶺井、柴田に連打を浴びると、井納にも149キロの低め直球を右前にはじき返された。「試合の流れが全てベイスターズに行ってしまった。(6本の被安打のうち)明らかにいい当たりは(嶺井の)1本しかない。修正するところはない」と憮然(ぶぜん)とした表情で5回1失点の投球内容を振り返った。

そのジョンソンの相棒として先発マスクをかぶった石原慶幸捕手(38)にとっては、ハードラックな1日となった。2回1死一、二塁では三ゴロ併殺打。5回無死一塁では送りバントを試みたがファウル、空振りで追い込まれ、3球目は見逃せばボールの外角高めの球に飛びついてバントをしたが結果はファウルで3バント失敗。7回無死一塁でも送りバントを試みたが捕手・嶺井の好フィールディングもあり、捕―遊―二の併殺打に終わった。「(バントを)決めないといけない。俺のせいで負けた。みんなが作ってくれたチャンスを1人でつぶして申し訳ない」とうなだれた。

緒方孝市監督(48)も「1点が遠かった。(中継ぎ)投手陣はしっかりゼロに抑えてくれたが、攻撃の形を作れなかった。自分の責任だと思っている」とガックリと肩を落とした。

情報源:【セCS】石原「俺のせいで負けた」勝負所の送りバント失敗響き連敗(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース


6回、左飛に倒れるエルドレッド=マツダスタジアム
6回、左飛に倒れるエルドレッド=マツダスタジアム

「セCSファイナルS・第3戦、広島0-1DeNA」(20日、マツダスタジアム)

広島は3併殺など打線が振るわず零封負けで連敗を喫した。優勝チームに与えられる1勝を加えて対戦成績が2勝2敗のタイとなった。

1点を追う広島は二回、5番に降格した松山の二塁打を足掛かりに1死一、二塁と攻めたが石原が三ゴロ併殺打に終わった。三回も1死から田中が二塁打で出塁したが、後続が倒れた。五回には無死一塁から石原がスリーバント失敗。四、五回と三者凡退のジョンソンに代えて天谷を起用したが、エンドラン失敗で得点を奪えなかった。

六回には1死から菊池、丸の連打で好投の井納をマウンドから降ろした。しかし、DeNAの小刻みな投手リレーの前に得点を挙げることができなかった。

七回には無死一塁から石原がバントを試みたが、捕ゴロ併殺打となった。八回も先頭の田中が四球を選んだが、菊池のバスターが二塁手正面へのゴロとなり併殺打となった。

6回広島2死満塁、左飛に倒れ悔しがるブラッド・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
6回広島2死満塁、左飛に倒れ悔しがるブラッド・エルドレッド=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

緒方監督は「きょうはうまくいかないことが多かった。僅差のゲーム、特に1点差の試合は(敗戦は)常に自分の責任だと思っている。硬くなってもやることは同じ。思い切ってやってほしい。そういう声掛けをしていこうと思う。取り返すチャンスはある」と話した。

シーズンでは41度の逆転勝ちを収めた“逆転のカープ”。ホームゲームで50勝20敗1分けと絶対的な強さを誇ったが、CSファイナルSでは3試合で5得点と決定打が出ていない。打線の奮起が今後の戦いのカギを握っている。

情報源:広島が連敗で2勝2敗 緒方監督「自分の責任」 3併殺などで零封負け (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:カープ連敗で2勝2敗 緒方監督「自分の責任」 3併殺などで零封負け/カープ/デイリースポーツ online


<セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ:広島0-1DeNA>◇第3戦◇20日◇マツダスタジアム

広島が完封負けで2連敗となり、2勝2敗(広島のアドバンテージ1勝含む)と並ばれた。たび重なる拙攻が響き、踏ん張る投手陣を援護できなかった。緒方孝市監督(48)は責任を一身に受け止め、選手には敗戦を引きずらないよう求めた。

-少し硬さが

緒方監督 1点がちょっと遠かったね。投手陣はしっかり、ジョンソンは1点、そのあと中継ぎ陣もしっかり0点に抑えてくれた。攻撃を待っていたんだけど。

-すべて逆に出た

緒方監督 今日はうまくいかないことが多かった。僅差、1点差のゲームは常に自分の責任だと思っている。特に1点差ゲームをものにできないのは。選手はしっかりと切り替えて明日からいつもと変わらず自分たちの野球ができるようにね。硬くなっても何しても、やるだけなんだから、思い切ってプレーしてくれたらそれでいい。

-バントが…

緒方監督 分かってること。みんな集中して全力でやっている。明日から取り返すチャンスもある。

-切り替えて

緒方監督 そうそうそう。切り替えてやるだけ。ミスしても、切り替えて。取り戻すチャンスがあるわけだから。

情報源:広島緒方監督「1点がちょっと遠かった」一問一答 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース


試合途中まで


チャンスは何度もあったのになぁ・・・
3塁までは行くのに、ホームベースが遠い。