【衆院選】ゴジラ出現で自衛隊派遣あり? 18歳の政権選択 教育現場が討論の場に(1/3ページ) – 産経ニュース

ハァ・・・


衆院選に向けた授業の中で投票する生徒たち=16日、東京都板橋区の都立高島高校(花房壮撮影)
衆院選に向けた授業の中で投票する生徒たち=16日、東京都板橋区の都立高島高校(花房壮撮影)

22日投開票の衆院選を控え、高校では一昨年の公職選挙法改正で成立した「18歳選挙権」を念頭に、政治経済や現代社会の授業を“選挙シフト”に変更するケースが相次いでいる。生徒には投票者として当事者意識が浸透しつつあるが、今回は受験勉強が本格化する時期とも重なり、投票率の低下を懸念する声も。18歳が初めて迎える「政権選択選挙」への投票の行方は-。

「多数派工作を」

「攻撃してくるかわからないのに、自衛隊を出動させるのは早い」「でも、被害が出た後では遅い」

16日、東京都板橋区高島平の都立高島高校の教室。政治をわかりやすく伝える学生団体「POTETO」代表、慶応大4年の古井康介さん(22)が「国会議員になったつもりで、多数派工作をしてみて」と呼びかけると、3年生たちは教室中央に集まって真剣に議論を始めた。

テーマは、東京湾に出現したゴジラから東京の街や国民を守るために自衛隊を派遣すべきか否か。生徒たちは約20分間、非常事態である点や憲法との関係、自衛隊に被害が出る恐れなど多面的な観点から賛否を討論した。投票の結果、反対が多数を占めた。

古井さんらの団体に依頼した同校公民科の大畑方人(まさと)主任教諭(40)は衆院解散が決まり、授業計画を変更。「今回はロールプレーイング(役割演技)だったので生徒たちも議論しやすく、政治への関心を高めたのではないか」と手応えをみせた。

授業を受けた堀井萌々夏(ももか)さん(18)は22日投開票の衆院選について「国民の人権を守り、国の将来を考える政党に投票したい」、安田凌さん(18)は「北朝鮮問題の解決に取り組む政党に票を入れたい」と話した。

平成28年参院選の年齢・年代別投票率
平成28年参院選の年齢・年代別投票率

生徒の反応薄く

安全保障や憲法改正とともに高等教育の無償化も争点となっている今回の衆院選だが、今後、当事者となる高校生の投票率の低下が懸念されている。

投票日のころは体育祭や文化祭も終わり、3年生は受験勉強を本格化させる時期。投票日は大手予備校の模擬試験もあり、「投票どころではない生徒もいるのではないか」と都内の高校で公民を担当する男性教諭は表情を曇らせる。

「都議選のあった7月は授業で選挙の話をしても反応はそれなりにあったが、この時期は明らかに反応が薄い」とこぼした。

18歳選挙権が国政選挙で初めて導入された昨年7月の参院選で、18歳の投票率が約35%と全国最低だった高知県。選挙区が徳島県と合区となり、高知県出身の候補者がいなかったため投票率が振るわなかったとされる。

同県では参院選の結果を踏まえ18歳有権者の投票率アップに向け高校への出前授業を増やす予定だったが、突然の衆院解散に伴って県選管の事務作業が急増し、出前授業が中止されるケースも。県内の男性高校教諭は「授業での準備が間に合わず、生徒の投票意識がどこまで高まるかわからない」と漏らした。

情報源: 【衆院選】ゴジラ出現で自衛隊派遣あり? 18歳の政権選択 教育現場が討論の場に(1/3ページ) – 産経ニュース

なぜゴジラ・・・?