高級ブランド「グッチ」 毛皮の使用取りやめへ | NHKニュース

へぇ・・・


高級ブランドの「グッチ」は、来年からミンクなどの動物の毛皮を製品に使用しない方針を明らかにし、国際的な動物保護団体は、ファッション業界で動物保護の動きがさらに広がるきっかけになるのではと期待を寄せています。

高級ブランド「グッチ」のマルコ・ビッザーリCEOは11日、イギリス・ロンドンで開かれた講演会で、「社会的な責任を果たすことはグッチの大切な価値観の1つで、環境と動物によりよい方法をとっていくために今後も努力を続ける」と述べ、来年からミンクやウサギなどの動物の毛皮を製品に使用しない方針を明らかにしました。

毛皮の使用をめぐっては、動物の保護を訴える世界40余りの団体で作られた国際的な連盟を中心に反対運動が展開され、毛皮を使用していないブランドを認証して消費者に宣伝する活動が広がりつつあります。

グッチは、今ある在庫の毛皮製品はチャリティーオークションに出品し、売り上げは動物保護団体に寄付するとしています。

動物保護団体の働きかけもあって近年は、毛皮の不使用を表明するブランドが相次いでいて、高級ブランドの象徴とも言える「グッチ」の方針転換によって、動物保護団体のあいだでは、ファッション業界で動物保護の動きがさらに広がるきっかけになるのではと期待が高まっています。

情報源: 高級ブランド「グッチ」 毛皮の使用取りやめへ | NHKニュース

ふむ・・・