日本貨物航空のジャンボ機 米の空港で補助エンジン火災 | NHKニュース

えぇ・・・


日本貨物航空のジャンボ機 米の空港で補助エンジン火災

アメリカ・ロサンゼルスの空港で12日、日本貨物航空のジャンボ機の補助エンジンで火災が発生し、部品の一部が燃えました。国土交通省は事故につながりかねないトラブルだとして、重大インシデントに認定しました。

国土交通省によりますと、日本時間の12日午後11時すぎ、アメリカのロサンゼルス空港で、日本貨物航空のボーイング747型機が離陸に向けて移動を始めたところ、補助エンジンで火災が発生したことを示す警報が表示されました。

エンジン内の消火装置が自動で作動し、その後、補助エンジンにある発電機に焼け焦げた跡が見つかったということです。この機体は貨物専用機で乗客はおらず、パイロット3人にもけがはありませんでした。

補助エンジンは機体後部にあり、地上走行中に機内に電力を供給したり、メインエンジンのバックアップとして使用されたりするもので、国土交通省は事故につながりかねないトラブルだとして、重大インシデントに認定しました。

トラブルが発生した現場がアメリカのため、原因の調査は今後、現地の運輸安全当局が行うことになります。

情報源: 日本貨物航空のジャンボ機 米の空港で補助エンジン火災 | NHKニュース

ハァ・・・

NCA – 日本貨物航空|ホーム