広島遺棄 容疑者は元店長、被害者は店員|日テレNEWS24

ふむ・・・


広島遺棄 容疑者は元店長、被害者は店員

呉市内の民家に遺体を遺棄したとして広島県福山市の会社員・染井俊一容疑者が12日に逮捕された事件で、被害者は奈良県の35歳の女性で、染井容疑者が店長をしていた飲食店の店員だったことがわかった。

広島県の死体遺棄事件で、被害者は奈良県の35歳の女性で、逮捕された男が店長をしていた飲食店の店員だったことがわかった。

広島県福山市の会社員・染井俊一容疑者は、呉市内の民家に遺体を遺棄したとして12日に逮捕された。警察によると、被害者は奈良県斑鳩町の飲食店店員・田島友美さんとわかり、遺体はナイロン袋などに入れられた状態で、着衣に乱れはなく、12日に行った司法解剖では死因の特定には至らなかったという。

染井容疑者と田島さんは約2年前まで奈良県内の同じ飲食店で働いていて、警察は、田島さんが死亡した経緯について、染井容疑者が事情を知っているものとみて調べを進める方針。

情報源:広島遺棄 容疑者は元店長、被害者は店員(日本テレビ系(NNN)) – Yahoo!ニュース

情報源:広島遺棄 容疑者は元店長、被害者は店員|日テレNEWS24

ハァ・・・