バチカンの聖歌隊 復興支援ソング「花は咲く」を日本語で合唱 | NHKニュース

へぇ・・・


バチカンの聖歌隊 復興支援ソング「花は咲く」を日本語で合唱

日本とバチカンが国交を結んでことしで75周年になることを記念するミサが、イタリアの首都、ローマの教会で行われ、バチカンの聖歌隊が東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」の合唱を日本語で披露しました。

日本とローマ・カトリック教会の中心地、バチカンは、第2次世界大戦中の1942年に国交を樹立し、ことしで75周年を迎えました。

これを記念して、11日、日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルの礼拝堂があるローマ中心部の教会で、日本のカトリック中央協議会が主催するミサが開かれました。この中で、バチカンのサンピエトロ大聖堂専属の「ビカリアート聖歌隊」のメンバーが、日本との交流の証しとして東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」の合唱を日本語で披露しました。

教会には日本やイタリアのカトリックの信者など、およそ300人が集まり、聖歌隊の歌声に聞き入りながら、被災地の復興への祈りをささげていました。イタリア人の男性は「地震の犠牲者に対する追悼の歌だと知って心に深く響きました」と話していました。聖歌隊の唯一の日本人メンバーで、阪神・淡路大震災の被災地、神戸市出身の花岡麻美さんは「歌声が1つになって被災者の方々に届けばいいと思いながら歌いました」と話していました。

情報源: バチカンの聖歌隊 復興支援ソング「花は咲く」を日本語で合唱 | NHKニュース

ほぉ・・・