新燃岳の噴火継続 噴石や火砕流に警戒を | NHKニュース

ふむ・・・


新燃岳の噴火継続 噴石や火砕流に警戒を

11日、平成23年以来となる噴火が発生した霧島連山の新燃岳は噴火が続いていて、気象台は噴火警戒レベル「3」を継続し、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳では11日の朝から噴火が連続して起きていて、福岡管区気象台によりますと、12日午前3時には噴煙が火口から700メートルの高さまで上がっているのが確認されるなど噴火が継続しています。

気象庁は今後、より規模の大きな噴火が起きるおそれがあるとして、噴火警戒レベル3の火口周辺警報を継続し、火口からおおむね2キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

また、気象庁が11日行った降灰調査では火口の東側に当たる宮崎市、宮崎県都城市、小林市、高原町で火山灰が降ったことが確認されました。

気象庁の降灰予報によりますと、火山灰は12日も山の北東から東の宮崎県側を中心に火口から50キロから80キロの範囲で予想されていて、気象台は火山灰や小さな噴石にも注意を呼びかけています。

情報源: 新燃岳の噴火継続 噴石や火砕流に警戒を | NHKニュース

ハァ・・・