対馬でユーラシアカワウソの生息確認 韓国から漂着か

へぇ・・・


新燃岳 噴火警戒レベル3に 対馬でユーラシアカワウソの生息確認 韓国から漂着か

長崎県の対馬で野生のカワウソが確認されたことを受けて、環境省が島全体を調査したところ、ユーラシアカワウソが生息していることがわかりました。専門家は絶滅したとされるニホンカワウソの可能性は非常に低いとしたうえで、韓国に生息していたユーラシアカワウソが海流に流されるなどして住み着いた可能性が高いとしています。

長崎県の対馬では、ことし2月、自動撮影のカメラにカワウソが写っているのが確認されました。国内で野生のカワウソの生息が確認されたのは、昭和54年以来、38年ぶりで、絶滅したとされるニホンカワウソの可能性があるのではないかと期待が高まり、環境省はことし8月末から6日間、島全体でフンなど痕跡がないか調査しました。

採取した複数のフンのDNAを調べた結果、韓国やロシアのサハリンに生息するユーラシアカワウソのオスが生息していることがわかりました。また、フンは同じカワウソのものの可能性が高いということです。このほか川の近くではカワウソのものと見られる幅5センチの足跡が複数見つかりました。

調査にあたった筑紫女学園大学の佐々木浩教授は「ニホンカワウソの可能性は非常に低いが、野生のカワウソの生息が確認できて喜んでいる。韓国の南の海岸や島ではカワウソが増えており、海流に流されるなどして住み着いたのではないか」と話しています。

環境省は、カメラを設置するなどしてさらに生態を調べることにしています。

情報源:対馬でユーラシアカワウソの生息確認 韓国から漂着か | NHKニュース


今年8月の記者会見で公開されたカワウソの映像=環境省で、佐々木順一撮影
今年8月の記者会見で公開されたカワウソの映像=環境省で、佐々木順一撮影

環境省は12日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが見つかった長崎県・対馬で8~9月に実施した生息調査の結果を発表した。カワウソの個体は見つからなかったが、新たに採取したふんの遺伝子解析の結果、韓国やロシア・サハリンにすむユーラシアカワウソの近縁種が生息していると断定した。

調査責任者の佐々木浩・筑紫女学園大教授(動物生態学)は「(かつて各地にいた)ニホンカワウソとは種の系統が異なる」と述べ、ユーラシアカワウソが韓国から対馬へ流れ着いた可能性を指摘した。

対馬では今年2月、琉球大の研究グループが自動撮影装置にカワウソ1匹が映っているのを確認。7月に環境省が行った緊急調査でカワウソのふんが見つかったため、同省は全島で生息調査を進めていた。

その結果、新たに海岸や川の近くでカワウソのふん4個が見つかり、カワウソの成体のものとみられる足跡も確認された。ふんの遺伝子解析で、少なくともオスのユーラシアカワウソ1匹が生息していると判明。個体数については結論が出ず、分析を続けるという。

ニホンカワウソは1979年に高知県須崎市で確認されたのが最後とされる。環境省は2012年に公表したレッドリストで、ニホンカワウソの絶滅を宣言した。【五十嵐和大】

情報源:<環境省>対馬はユーラシアカワウソ ふん解析 全島調査 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース


環境省は12日、国内で38年ぶりにカワウソが発見された長崎県対馬市で、韓国などにいる個体に近いユーラシアカワウソの雄が生息していると発表した。

同市で今年8~9月に採取したふんのDNAを分析して分かった。発見されたカワウソのふんかどうかは不明だが、調査を行った専門家は「(絶滅したとされる)ニホンカワウソの可能性は非常に低い」としている。

今年2月、琉球大の研究チームがツシマヤマネコの調査のために設置した無人カメラにカワウソが映ったことを受け、環境省が対馬全域を対象にした本格調査を進めていた。

調査では川沿いや海岸でふん14個を採取し、4個からユーラシアカワウソのDNAを検出。韓国やロシア・サハリンに生息する個体に遺伝的に近いことも確認できた。うち一つは性別が判別できなかったが、残り三つは全て雄だった。

情報源:対馬のカワウソ、「ニホン」の可能性非常に低く (読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:対馬のカワウソ、「ニホン」の可能性非常に低く : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


長崎県対馬市でのカワウソの調査結果を報告する筑紫女学園大学の佐々木浩教授=12日午後、環境省
長崎県対馬市でのカワウソの調査結果を報告する筑紫女学園大学の佐々木浩教授=12日午後、環境省

環境省は12日、国内で野生のカワウソが38年ぶりに確認された長崎県対馬市で全島調査を実施した結果、韓国やサハリンにすむ種に近いユーラシアカワウソが生息していることが分かったと発表した。

絶滅したとされるニホンカワウソである可能性について、調査を行った筑紫女学園大学の佐々木浩教授は記者会見で「(系統が)離れており、かなり低い」と指摘した。

調査は8月28日から9月2日にかけて実施。ユーラシアカワウソのふん4個とカワウソの足跡一つを見つけた。ふんのうち3個はオスで、1個の性別は判定できず、2頭以上が生息していることを確認するにはさらに分析する必要がある。(2017/10/12-18:25)

情報源:ニホンカワウソの可能性低い=韓国、サハリンに近い種生息―長崎・対馬でふん確認 (時事通信) – Yahoo!ニュース

情報源:ニホンカワウソの可能性低い=韓国、サハリンに近い種生息-長崎・対馬でふん確認:時事ドットコム


今年2月に撮影されたカワウソ(琉球大学動物生態学研究室提供)
今年2月に撮影されたカワウソ(琉球大学動物生態学研究室提供)

環境省は12日、国内で38年ぶりに野生のカワウソが確認された長崎県の対馬で8月下旬から9月上旬にした本格調査で、ユーラシアカワウソのDNAを持つオスの生息が確認されたと発表した。採取したフンを調べた。韓国やサハリン地域に住む亜種に近く、調査にかかわった専門家は「現段階では、(絶滅種の)ニホンカワウソの可能性は極めて低い」としている。足跡も1カ所で見つけた。

対馬のカワウソは、琉球大学のチームがツシマヤマネコの生態調査のために設置した自動撮影カメラで2月にとらえた。7月の環境省の緊急調査では、母親の異なるオスとメスが1匹ずつ生息している可能性があるとしていた。

環境省は、専門家らを集めて8月28日から9月2日にかけて、対馬全島で本格的に調査した。カワウソのものの可能性があるフン14個などを回収して、分析を進めていた。

その結果、4個のフンからユーラシアカワウソのDNAを検出。うち3個の分析では、緊急調査で検出されたオス個体と同じ母系の遺伝子を持っていた。同一の個体かどうかは不明で、頭数は「少数」とした。

ほかのカワウソの仲間と比較したところ、韓国やサハリン地域に住むユーラシアカワウソの亜種に近く、高知県で捕獲されたニホンカワウソからは遠い類縁関係にあることもわかった。一方で、緊急調査でメスの可能性があるとしたフンを詳しく調べたが、性別はわからなかった。

調査代表者の佐々木浩・筑紫女学園大教授は、日本にはもともとユーラシアカワウソとニホンカワウソの2種がいたとする見解を披露した上で、対馬の在来種はユーラシアカワウソだった可能性を指摘。「狭義のニホンカワウソの可能性は低い」としながらも、「日本にカワウソが復活したとは言える」と話した。

情報源:対馬のカワウソ、生息確認 ニホンカワウソの可能性低く (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:対馬のカワウソ、生息確認 ニホンカワウソの可能性低く:朝日新聞デジタル


ほぉ・・・