ビール系飲料 酒税法改正の影響などで出荷量最低 | NHKニュース

へぇ・・・


ビール系飲料 酒税法改正の影響などで出荷量最低

ビールや発泡酒など「ビール系飲料」のことし7月から先月までの夏場の出荷量は、行き過ぎた安売りに歯止めをかけるための改正酒税法などの施行や、天候不順の影響で、去年の同じ時期より4.2%減少して、この時期としては過去最低になりました。

ビール大手5社のまとめによりますと、ビールと発泡酒、第3のビールを合わせた「ビール系飲料」のことし7月から先月までの出荷量は、およそ133万5733キロリットルでした。

これは、去年の同じ時期に比べ4.2%減少して、この時期としては7年連続で過去最低を更新しました。

品目別に見ると、いずれも去年の同じ時期に比べて、「ビール」が4.3%、「発泡酒」が7.4%、「第3のビール」が2.8%、それぞれ減少しました。

これについて各社は、ビール離れが進む中で、行き過ぎた安売りを防ぐためことし6月に改正酒税法などが施行され、小売り価格が上昇したことや、天候不順などが影響したためとしています。

各社は今後、クラフトビールをはじめ、独特な味や香りなどがある付加価値の高い製品の販売を強化することや、ビール系飲料以外の酎ハイやワインなどの品ぞろえの充実などを図るとしています。

情報源: ビール系飲料 酒税法改正の影響などで出荷量最低 | NHKニュース

ふむ・・・