カタルーニャ州「独立延期」もスペイン政府反発 | NHKニュース

ハァ・・・


カタルーニャ州「独立延期」もスペイン政府反発

スペイン北東部カタルーニャ州の州政府が、今月行われた住民投票を受けて、独立の権利を得たとしたうえで、スペイン政府との交渉も視野に、今後数週間、独立を延期すると発表したのに対し、スペイン政府は違法な住民投票は認められないとして、交渉には応じられないという姿勢を示しました。

スペイン北東部のカタルーニャ州では、今月1日、スペインからの独立の賛否を問う住民投票が行われ、10日、プチデモン州首相が州議会で演説し、その結果を報告しました。

この中でプチデモン州首相は、住民投票で独立賛成が多数を占めたとして「カタルーニャは独立国家になる権利を得た」と述べる一方、対立が続くスペイン政府との交渉も視野に、今後数週間、独立を延期すると発表しました。

これに対しスペイン政府の報道官は10日、「違法な住民投票の結果は認められない。どのような民主的な対話も法に基づかなければ行われない」と述べ、交渉には応じられないという姿勢を示しました。

プチデモン州首相は、中央政府と交渉する考えを示す一方で、演説のあと、独立宣言に署名するパフォーマンスを行うなど、独立を目指す姿勢を強調していて、今後、反発を強めるスペイン政府が、カタルーニャ州の自治権の停止も含めた強硬措置に乗り出す可能性も指摘されています。

情報源: カタルーニャ州「独立延期」もスペイン政府反発 | NHKニュース

どうなることやら・・・