11年前の通り魔事件 容疑者の靴に酷似の靴跡見つかる | NHKニュース

ふむ・・・


11年前の通り魔事件 容疑者の靴に酷似の靴跡見つかる

11年前、川崎市のJRの高架下のトンネルで女性を刃物で殺害したとして37歳の男が逮捕された通り魔事件で、現場に男が所有する靴と極めて特徴が似ている靴の跡が見つかっていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は、現場にいたことを裏付ける証拠の1つと見て調べています。

11年前の平成18年9月、川崎市宮前区のJRの高架下のトンネル内の歩道で、近くに住むアルバイト、黒沼由理さん(当時27)の胸や腹を刃物で刺して殺害したとして、警察は、別の通り魔事件で刑務所に服役していた鈴木洋一容疑者(37)を殺人の疑いで逮捕し、11日、検察庁に送りました。

その後の調べで、現場には鈴木容疑者が所有する靴と極めて特徴が似ている靴の跡が見つかっていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
警察は、現場にいたことを裏付ける証拠の1つと見て調べています。

今回の事件で逮捕される前の任意の事情聴取に対し、みずから名乗り出たことについて「病気になって体調を崩したので事件を起こしたと警察に伝えようと思った。過去に虐待された経験があり、誰か女性を刺したいという衝動があった」と説明していて、警察は、事件の動機について詳しく調べています。

情報源: 11年前の通り魔事件 容疑者の靴に酷似の靴跡見つかる | NHKニュース

ハァ・・・