新燃岳で小規模な噴火 警戒レベル2を継続

マジかよ・・・


新燃岳で小規模な噴火 警戒レベル2を継続

11日朝、鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で小規模な噴火が起きました。気象庁は噴火警戒レベル2を継続し、火口からおおむね1キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。新燃岳で噴火が起きたのは6年前の平成23年以来です。

気象庁によりますと、11日午前5時34分ごろ、鹿児島と宮崎の県境にある霧島連山の新燃岳で小規模な噴火が起き、噴煙が火口から300メートルの高さまで上がりました。噴石は飛んでいないということです。

気象庁によりますと、新燃岳で噴火が起きたのは6年前の平成23年9月以来です。

新燃岳では、先月23日ごろから火山性地震が増加したことから、気象庁は今月5日、火口周辺規制を示す噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表していました。

その後、9日には地下の火山ガスや熱水などの動きを示すと考えられる火山性微動が発生し、わずかな地盤の変動も観測されていました。

気象庁は今後も小規模な噴火が起きるおそれがあるとして噴火警戒レベル2を継続し、火口からおおむね1キロの範囲で噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

新燃岳の山頂に続く登山道は、鹿児島県などが立ち入り禁止の措置をとっています。

空の便に影響なし

全日空と日本航空によりますと、午前10時前までに、この噴火による空の便への影響は無いということです。

情報源:新燃岳で小規模な噴火 警戒レベル2を継続 | NHKニュース


小規模噴火し、東北東に向け、噴煙を上げる新燃岳=11日午前10時23分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
小規模噴火し、東北東に向け、噴煙を上げる新燃岳=11日午前10時23分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影

気象庁によると、11日午前5時34分、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳が噴火した。噴火が確認されたのは2011年9月7日以来、約6年ぶり。

小規模噴火し、噴煙を上げる新燃岳。右は高千穂峰=11日午前10時21分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
小規模噴火し、噴煙を上げる新燃岳。右は高千穂峰=11日午前10時21分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影

火口の縁から約300メートル上空まで噴煙が上がった。噴石は確認されていない。

小規模噴火し、噴煙を上げる新燃岳=11日午前10時19分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
小規模噴火し、噴煙を上げる新燃岳=11日午前10時19分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影

5日に噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げられていた。

小規模噴火し、東北東に向け噴煙を上げる新燃岳=11日午前10時20分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
小規模噴火し、東北東に向け噴煙を上げる新燃岳=11日午前10時20分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
小規模噴火し、水蒸気や噴煙を上げる新燃岳の火口=11日午前10時18分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
小規模噴火し、水蒸気や噴煙を上げる新燃岳の火口=11日午前10時18分、鹿児島・宮崎県境、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
新燃岳から上がった噴煙=11日午前8時46分、宮崎県高原町の高原インターチェンジ、寺師祥一撮影
新燃岳から上がった噴煙=11日午前8時46分、宮崎県高原町の高原インターチェンジ、寺師祥一撮影

情報源:霧島連山・新燃岳が6年ぶり噴火 噴煙300M上がる:朝日新聞デジタル


約6年ぶりに噴火した霧島連山の新燃岳=鹿児島・宮崎県境付近で2017年10月11日午前9時55分、本社ヘリから野田武撮影
約6年ぶりに噴火した霧島連山の新燃岳=鹿児島・宮崎県境付近で2017年10月11日午前9時55分、本社ヘリから野田武撮影

宮崎、鹿児島県境の霧島山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)が11日午前5時34分、噴火した。新燃岳の噴火は2011年9月7日以来約6年ぶり。噴火は小規模で噴石の飛散は確認されていない。噴煙は火口上300メートルまで上がり、北東側に流れた。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。火口からおおむね2キロの範囲で、今後の大きな噴石の飛散や火砕流への注意を呼びかけている。

宮崎県高原町で降灰が確認された。気象庁には人的な被害情報は入っていない。鹿児島地方気象台と宮崎地方気象台は新燃岳の地表面温度の上昇や降灰状況などを確認するため、職員計8人を派遣し、上空や地上などから調査を実施することを決めた。

新燃岳は9月23日ごろから火山性地震が増加し、気象庁は今月5日に噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2に引き上げた。9日から地下のマグマの移動を示すとされる火山性微動が続き、警戒を呼びかけていた。

新燃岳は11年1月26日に約300年ぶりに本格的なマグマ噴火をし、気象庁は13年10月まで約2年半にわたって警戒レベル3を継続。今年5月、火山活動が低下したとして警戒レベルを2から1に7年ぶりに引き下げていた。【遠山和宏】

情報源:霧島連山:新燃岳6年ぶり噴火 噴煙300メートル上がる – 毎日新聞


気象庁のカメラが撮影した白煙を上げる新燃岳の画像=11日午前
気象庁のカメラが撮影した白煙を上げる新燃岳の画像=11日午前

11日午前5時34分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳が噴火した。噴火は平成23(2011)年9月7日以来、約6年ぶり。今年9月下旬から火山性地震が増加、10月に入ってからは火山性微動も観測されるなど火山活動が活発化しており、気象庁は5日に噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げていた。

気象庁によると、噴煙は火口縁上の約300メートルまで上昇した。噴石の飛散はなく、噴火警戒レベルは2を継続している。宮崎県高原町などでごくわずかの降灰が確認された。宮崎、鹿児島両県警などによると、けが人を含めた被害の情報は入っていない。鹿児島、宮崎両地方気象台は11日、現地に職員を派遣し、詳しい状況を確認する。

新燃岳では10月に入って、火山性地震が1日100回を超えた日もあり、地下でマグマや熱水が移動して起こるとされる火山性微動も同月9日以降、複数回観測された。

気象庁は火口から約1キロの範囲では噴火による噴石の飛散の恐れがあるとして、地元自治体の立ち入り規制に従うよう注意を呼び掛けている。

新燃岳は23年1月から噴火を繰り返し、一時は噴火警戒レベルが3(入山規制)まで引き上げられた。

情報源:新燃岳6年ぶり噴火 警戒レベル1→2…9月から活動活発に 宮崎・鹿児島(1/2ページ) – 産経WEST


小規模噴火で噴煙を上げる新燃岳(11日午前)=(C)NNN
小規模噴火で噴煙を上げる新燃岳(11日午前)=(C)NNN

宮崎、鹿児島県境の霧島連山・新燃(しんもえ)岳(1421メートル)で11日午前5時34分、小規模な噴火が観測された。

新燃岳の噴火は2011年9月7日以来、6年ぶり。気象庁は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を維持し、噴火に伴う噴石などへの警戒を呼びかけている。

同庁によると、噴煙の高さは火口から300メートルに上ったが、噴石は確認されていないという。宮崎地方気象台は「今後、大規模な噴火が起きる可能性は不明だが、風下の北東側では小さな噴石や火山灰などへの注意が必要」としている。宮崎県によると、けが人などの情報は入っていない。

新燃岳では11年1月27日に爆発的噴火が発生。同年9月の小規模噴火以降、小康状態となっていたが、今年9月末から火山性地震が増加し、気象庁は10月5日に警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2に引き上げた。宮崎県小林市や鹿児島県霧島市が火口から約1キロ以内の立ち入りを規制。9日には地下の火山ガスや熱水などの動きを示すと考えられる火山性微動が連続して発生していた。

情報源:霧島山・新燃岳で噴火、噴石の飛散なし…気象庁 (読売新聞) – Yahoo!ニュース


11日午前5時34分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳(しんもえだけ)が噴火した。噴火は2011年9月7日以来、約6年ぶり。今年9月下旬から火山性地震が増加、10月に入ってからは火山性微動も観測されるなど火山活動が活発化しており、気象庁は5日に噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げていた。

気象庁によると、噴煙は火口縁上の約300メートルまで上昇した。噴石の飛散はなく、噴火警戒レベルは2を継続している。

新燃岳では10月に入って、火山性地震が1日100回を超えた日もあり、地下でマグマや熱水が移動して起こるとされる火山性微動も同月9日以降、複数回観測された。

気象庁は火口から約1キロの範囲では噴火による噴石の飛散の恐れがあるとして、地元自治体の立ち入り規制に従うよう注意を呼び掛けている。

新燃岳は11年1月から噴火を繰り返し、一時は噴火警戒レベルが3(入山規制)まで引き上げられた。〔共同〕

情報源:新燃岳が6年ぶり噴火 宮崎・鹿児島県境  :日本経済新聞


新燃岳が約6年ぶりに噴火「ごく小規模」

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の新燃岳が11日朝、約6年ぶりに噴火した。噴火は「ごく小規模」なもので、気象庁は、小さな噴石や火山灰に注意するよう呼びかけている。

宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の新燃岳が11日朝、約6年ぶりに噴火した。噴火は「ごく小規模」なもので、気象庁は、小さな噴石や火山灰に注意するよう呼びかけている。

気象庁の観測によると、11日午前5時34分、宮崎県と鹿児島県にまたがる新燃岳で「ごく小規模」な噴火が発生した。新燃岳の噴火は、2011年9月以来、約6年ぶりのこと。噴煙は約300メートル上がり、北東側へ流れたということで、気象庁は、小さな噴石や火山灰に注意するよう呼びかけている。

新燃岳では先月末から火山性地震の数が増加し、今月6日には1日で163回の地震を観測していた。また、9日には約40分にわたり、地下の熱水や火山ガスの動きを示す火山性微動が連続して発生したほか、同時に山が膨らむ地殻変動もみられるなど、火山活動が活発になっている。

気象庁は、新燃岳の噴火警戒レベルを「2」に維持した上で、火口からおおむね1キロの範囲では、さらなる噴火による噴石などに警戒するよう呼びかけている。

情報源:新燃岳が約6年ぶりに噴火「ごく小規模」|日テレNEWS24


<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
本日(11日)05時34分に霧島山の新燃岳で噴火が発生しました。
福岡管区気象台 鹿児島地方気象台 発表
火山の活動状況など
 本日(11日)05時34分に霧島山の新燃岳で噴火が発生しました。噴煙は火口縁上300mまで上昇し北東側へ流れました。新燃岳で噴火が発生したのは2011年9月7日以来です。
なお、この噴火に伴う噴石の飛散はありませんでした。
噴火警戒レベルごとの情報、警戒事項など
<レベル2(火口周辺規制)>霧島山(新燃岳)
防災上の注意事項など
 火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
噴火時には、風下側で火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
引き続き地元自治体等が行う立入規制に従ってください。

情報源:霧島山(新燃岳)の火山情報 – 2017年10月11日 6時15分現在



うへぇ・・・