米軍ヘリ 訓練場付近で着陸失敗か 沖縄

ふむ・・・


米軍ヘリとみられる機体が炎上(提供)
米軍ヘリとみられる機体が炎上(提供)

11日午後5時35分ごろ「東村高江の集落に米軍機が墜落したもよう」と、沖縄県の国頭(くにがみ)地区消防本部に119番通報があった。防衛関係者から県警に入った情報によると、米軍の大型輸送ヘリCH53が高江に墜落したとみられる。

米軍機とみられる機体が炎上(提供)
米軍機とみられる機体が炎上(提供)

同消防によると、けが人は確認されていない。午後6時現在、県警が警察官を派遣し、状況を確認している。

沖縄県北部の地図
沖縄県北部の地図
米軍ヘリとみられる機体が炎上(提供)
米軍ヘリとみられる機体が炎上(提供)
(資料写真)CH53大型輸送ヘリ
(資料写真)CH53大型輸送ヘリ

情報源:沖縄で米軍ヘリCH53炎上 「東村高江で墜落」と通報 (沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース

情報源:沖縄で米軍ヘリCH53炎上 「東村高江で墜落」と通報 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス


11日午後5時半ごろ、沖縄県東村高江で米軍ヘリが墜落したようだ、と消防に通報があった。消防などが現場へ向かっている。名護署は、住民にけがはないとしている。

防衛省関係者によると、米軍ヘリは輸送機CH53。乗組員にけがはない。CH53は2004年8月に沖縄国際大学に墜落した。

国頭(くにがみ)地区消防本部によると、午後5時35分、沖縄県消防指令センターから「東村高江地区で米軍機らしきものが墜落した」と連絡があった。11人が消防車両6台に分乗して現場に向かった。午後6時12分、米軍が現場で消火活動を始めたという。消防隊員らは、現地で機体から黒煙が上がるのを確認。機体には近づけず、山林などに火が燃え移らないよう警戒している。

高江に住む女性(61)は「いつものようにヘリコプターは大きな音で飛んでいた。音は聞こえなかったけど、山の向こうから煙が見え、火事かと思ったけど、真っ黒な煙なので、違うと思った。米軍ヘリが低空飛行で消火活動をしているので、やっぱりって思った」と話した。

東村役場によると、午後6時20分現在、役場から黒っぽい煙が上がっているのが見えるという。役場職員も現場に向かっている。

情報源:沖縄・高江で米軍ヘリ墜落か 警察「住民にけがはない」 – 沖縄:朝日新聞デジタル


沖縄防衛局は11日、米軍のヘリコプターCH53が同日午後、米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)付近に墜落、炎上したとの情報を在沖縄米軍から受けたことを明らかにした。

関係者によると、ヘリが炎上したのは訓練場内の着陸帯。乗員にけがはないという。

情報源:米軍ヘリが墜落、炎上 沖縄・北部訓練場 – 産経ニュース


沖縄・東村で米軍の輸送ヘリ墜落、炎上

11日午後、沖縄県東村でアメリカ軍のヘリコプターが墜落し、炎上した。防衛省によると、アメリカ軍の輸送ヘリ「CH53」だという。

11日午後、沖縄県東村でアメリカ軍のヘリコプターが墜落し、炎上した。

消防などによると11日午後5時半すぎ、沖縄県東村高江地区にアメリカ軍のものとみられるヘリコプターが墜落し、黒煙が上がっているとの通報が寄せられたという。

防衛省によると、アメリカ軍の輸送ヘリ「CH53」だという。

沖縄県警によると、これまでのところケガ人は確認されていないという。

情報源:沖縄・東村で米軍の輸送ヘリ墜落、炎上|日テレNEWS24


米軍ヘリ 訓練場付近で着陸失敗か 沖縄

防衛省関係者によりますと、11日夕方、沖縄本島北部のアメリカ軍北部訓練場付近で、アメリカ軍の大型ヘリコプター「CH53」が着陸したところ、機体から火が出たという情報が入っているということです。沖縄防衛局が確認を急いでいます。また、沖縄県警察本部によりますと、現場は、東村高江の県道70号線沿いの民間の空き地で、これまでところけが人の情報は入っていないということです。

アメリカ軍 けが人はいないと説明

防衛省によりますと、11日午後5時から6時の間に、アメリカ海兵隊のCH53ヘリコプター1機が、沖縄本島北部のアメリカ軍の北部訓練場の発着場に着陸したあと、機体から火が出たと、アメリカ軍から連絡があったということです。

アメリカ軍は、けが人はいないと説明しているということで、防衛省が確認を続けています。

過去に大学に墜落する事故も

アメリカ軍のCH53ヘリコプターは、兵員の輸送などに使われる大型のヘリコプターで、沖縄県では平成16年8月、普天間基地に隣接する宜野湾市の沖縄国際大学に墜落する事故が起きています。

近くの男性 「たくさん煙が出ていてびっくり」

沖縄のアメリカ軍北部訓練場の近くにある喫茶店の店員の男性は「近所の人からヘリコプターが落ちたようだと聞いたので、店の裏の畑から見たところ、もくもくと黒い煙が上がっていた。たくさん煙が出ていてびっくりしました」と話していました。

東村長「詳しい情報なく現場に向かい確認する」

沖縄県東村の伊集盛久村長は、NHKの取材に対し、「『高江地区で米軍機のヘリコプターが事故を起こした』と聞いているが、詳しい情報がなく、現在、情報を集めている。基地内かどうかも、わかっていないので、現場に向かって確認する」と話しています。

ダムの所長「7キロほど先 黒い煙が上がっている」

沖縄のアメリカ軍北部訓練場の近くにある福地ダムの管理支所の三田美修作支所長は、「音は聞こえなかったが、救急車のサイレンで異変に気付いた。管理事務所の外に出て見ると、ダムの上流7キロほど先から黒い煙が上がっているのが見えた。今は辺りが暗くなり、状況はわからない」と話していました。

北部訓練場とは

「北部訓練場」は、沖縄本島北部の国頭村と東村にまたがるアメリカ軍の施設で、面積は3500ヘクタール余りです。

訓練場の多くは森林地帯で、海兵隊などが対ゲリラ戦の訓練やヘリコプターの演習などに使っています。

去年12月には新たに6つのヘリコプター発着場を移設することを条件に、訓練場の半分にあたるおよそ4000ヘクタールが沖縄県に返還されています。

情報源:米軍ヘリ 訓練場付近で着陸失敗か 沖縄 | NHKニュース


オスプレイじゃないのか・・・