11年前の通り魔事件 男逮捕「女性刺したい衝動あった」

11年前の通り魔事件 男逮捕「女性刺したい衝動あった」 | NHKニュース

ふむ・・・


11年前、川崎市のJRの高架下のトンネルで当時27歳の女性が刃物で殺害された通り魔事件で、警察は別の通り魔事件で服役中の37歳の男が関わったとして殺人の疑いで逮捕しました。任意の事情聴取に対し「過去に虐待された経験があり、誰か女性を刺したいという衝動があった」と説明していることが捜査関係者への取材でわかり、警察が詳しく調べています。

逮捕されたのは別の通り魔事件で刑務所に服役していた鈴木洋一容疑者(37)です。

警察によりますと、鈴木容疑者は11年前の平成18年9月、川崎市宮前区梶ヶ谷のJRの高架下のトンネル内の歩道で、近くに住むアルバイト、黒沼由理さん(当時27)の胸や腹を刃物で刺して殺害した疑いが持たれています。

鈴木容疑者はこの事件の半年余りあとに、同じ川崎市内で起きた別の通り魔事件で懲役10年の判決を受けて栃木県内の刑務所に服役していましたが、去年1月になって、黒沼さんが殺害された事件への関与をうかがわせる文書を提出し、警察が調べたところ、その説明と遺体の状況に矛盾などがなかったということです。

さらに任意の事情聴取に対し、事件の動機について「過去に虐待された経験があり、誰か女性を刺したいという衝動があった」と説明していることが捜査関係者への取材でわかりました。

警察はこのあと神奈川県内の警察署に身柄を移し、連続通り魔事件として本格的に取り調べることにしています。

情報源: 11年前の通り魔事件 男逮捕「女性刺したい衝動あった」 | NHKニュース

身勝手な・・・


「11年前の通り魔事件 男逮捕「女性刺したい衝動あった」 | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。