米銃乱射事件 日本ハムのレアード選手のいとこが死亡

えぇ・・・


米銃乱射事件 日本ハムのレアード選手のいとこが死亡

アメリカ・ラスベガスでの銃の乱射事件に、プロ野球・日本ハムのレアード選手のいとこが巻き込まれて死亡し、レアード選手は、4日、帰国することになりました。

球団によりますと、亡くなったのは、レアード選手のいとこのクリスティーナ・ドゥワルテさん(22)で、3日午前5時ごろ、レアード選手本人に親族から電話で連絡があったということです。

球団は、本人からの申し出を受けて3日夜の札幌ドームでのオリックス戦の前に1軍の出場選手登録を抹消しました。レアード選手は4日帰国するということです。

レアード選手は今シーズン、ホームランを32本打っていて、パ・リーグトップのソフトバンクのデスパイネ選手とタイトル争いをしていました。

球団によりますと日本ハムの栗山監督は、レアード選手に対し、「家族を優先させて、また来年、元気に戻ってきてほしい」と声をかけたということです。

情報源:米銃乱射事件 日本ハムのレアード選手のいとこが死亡 | NHKニュース


日本ハムのブランドン・レアード内野手が3日、出場選手登録を外れた。球団によると、米ネバダ州ラスベガスで1日(日本時間2日)に発生した銃乱射事件で親族の女性が犠牲となり、レアードが帰国を希望したという。4日に日本を離れ、再来日は来年になる見込み。 (2017/10/03-17:59)

情報源:レアードが帰国=親族が乱射事件で犠牲に-プロ野球・日本ハム:時事ドットコム


日本ハム対オリックス 試合前に球場を引き揚げるレアード(代表撮影) 
日本ハム対オリックス 試合前に球場を引き揚げるレアード(代表撮影)

日本ハムのブランドン・レアード内野手(30)が4日に米国へ帰国することが3日、決まった。

いとこのクリスティーナ・ドゥアルテさん(22)が、米ラスベガスで起きた銃乱射事件に巻き込まれ、命を落としたため。2日夕方から安否の確認が取れず、この日の早朝に死亡したことがわかったという。

本人が帰国を希望するとともに、球団もそれが最善と判断し、シーズン終了を待たず帰国することになった。この日はオリックス戦が予定されている札幌ドームに姿を見せたが、栗山英樹監督(56)はじめ球団関係者にあいさつし、練習には参加せず、無言で帰宅した。

情報源:日本ハム・レアードが帰国へ いとこがラスベガス銃乱射事件で死亡 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース


帰国のため球場を後にする日本ハム・レアード
帰国のため球場を後にする日本ハム・レアード

日本ハムのブランドン・レアード内野手(30)のいとこ、クリスティアーナ・ドゥアルテさん(22)が米ラスベガスで1日(日本時間2日午後)に起きた銃乱射事件に巻き込まれ、亡くなったことが3日、明らかになった。

レアードは札幌Dを訪れたが、この日出場選手登録を抹消され、試合前に無言で帰宅。4日には米国へ帰国することになった。

レアードは休日だった2日の夕方、ラスベガスに滞在中だったいとこの安否が不明となっていることを知った。夜も寝ずに無事を祈ったが、朝5時に訃報を知った。オリックス戦が行われる札幌Dを訪れ球団や首脳陣に事実を報告。栗山監督からは「家族を優先に考えて。来年、元気に戻ってくれ」と声をかけられたと言う。本人の希望と球団の判断で残り4試合を欠場し、帰国することを決断した。

本塁打はリーグトップのデスパイネ(ソフトバンク)と3本差の32本で2年連続ホームラン王の可能性は残されていたが、家族を優先させた。今季は2年契約の1年目だけに、来季も残留することが内定している。

情報源:【日本ハム】レアードのいとこがラスベガス銃乱射事件に巻き込まれ死亡 米へ緊急帰国 : スポーツ報知


日本ハムのブランドン・レアード内野手(30)が3日、父方のいとこのクリスティーナ・ドゥアルテさん(22)が米ラスベガスでの銃乱射事件に巻き込まれ、死亡したため自宅のある米国に帰国することになった。

この日の早朝に安否の確認が取れたところ亡くなっていたことが判明。この日、グラウンドに訪れたが、栗山監督には「なるべく帰りたい」と希望を伝え、了承された。練習はせず、無言で帰宅。4日に帰国することになった。

レアードは日本ハムでは3年目。入団以来、3年連続で30本塁打以上をマークしており、今季は137試合出場で打率は・229ながら、32本塁打を放っている。

情報源:日本ハム・レアード 悲痛帰国へ…いとこがラスベガス乱射事件で死亡 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース



お悔やみ申し上げます。