広島県:「選挙に行く意味考えて」知事選PRにSTU48 – 毎日新聞

これな。


カメラに向かってほほ笑むSTU48のメンバー=広島市中区で2017年9月26日、竹内麻子撮影
カメラに向かってほほ笑むSTU48のメンバー=広島市中区で2017年9月26日、竹内麻子撮影

広島県選管は知事選(10月26日告示、11月12日投開票)を前に若者らに投票を促そうと、アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループとして瀬戸内海沿岸の7県を拠点に結成された「STU48」を起用したポスターとCMを作製する。26日に、中央公園自由・芝生広場(広島市中区)で撮影があり、STU48のメンバー7人が訪れた。

「どうして選挙に行くんだろ?」をキャッチコピーに、メンバーが県民に取材するなどして投票する理由を考え、有権者に向けて投票の意義を訴える内容。メンバーの土路生(とろぶ)優里さんと矢野帆夏(ほのか)さんは県出身で共に18歳で選挙権があり、広島で期日前投票をする予定という。

県選管によると、2013年の知事選では、20代の投票率は2割以下で、他の世代に比べ低かった。担当者は「CMとポスターを見て、選挙に行く理由を一緒に考えてほしい」と話す。

10月26日の告示日から公開。ポスターは商業施設や病院に掲示される。約3分の動画も公開され県選管のホームページで見ることができる。【竹内麻子】

情報源:<広島県>「選挙に行く意味考えて」知事選PRにSTU48 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:広島県:「選挙に行く意味考えて」知事選PRにSTU48 – 毎日新聞

ふむ・・・

選挙管理委員会 – 広島県ホームページ