【海外発!Breaking News】トイレの蓋に絵を描き続けて70年になる96歳の米男性 | Techinsight

へぇ・・・


トイレの蓋アートは「それぞれの歴史が刻まれている」と96歳男性(画像は『Inside Edition 2017年9月24日付「96-Year-Old Man Has Spent 70 Years Making Artwork on Toilet Seats: ‘That's My Hobby’」』のスクリーンショット)
トイレの蓋アートは「それぞれの歴史が刻まれている」と96歳男性(画像は『Inside Edition 2017年9月24日付「96-Year-Old Man Has Spent 70 Years Making Artwork on Toilet Seats: ‘That’s My Hobby’」のスクリーンショット)

アートが趣味という人は世の中に数多く存在するが、その作品や素材も様々である。米テキサス州のある男性は、トイレの蓋に絵を描き続けて70年にもなるという。リタイアを控えて男性が願うこととは…Inside Editionなどが伝えた。

テキサス州サンアントニオで博物館「Toilet Seat Art Museum」の運営者バーニー・スミスさん(96歳)がトイレの蓋にデザインを施すことに目覚めたのは、70年ほど前に配管工として働いていた頃だった。

「配管のパーツを探しに店に行った時に、50点ほどのトイレの蓋が放置されてあってね。持ち主にこれらをどうするのかと尋ねたら『捨てるんだ』と返って来たので、許可を貰っていくつか持ち帰ったんだ。」

子供の頃からアートワークが好きだったバーニーさんはその日の夜、自宅で1つのトイレの蓋に絵を描いた。その瞬間、ライフワークとなる趣味が生まれた。以降は昼も夜もトイレの蓋にデザインを施し、現在ではその数が1317点にもなるという。70年もの間、多くのアイデアをトイレの蓋に生み出してきたバーニーさんのデザインは、車のナンバープレートを飾り付けたものやミニカーが付いたもの、動物を描いたものなど様々だがどのアートも抽象的でなかなかユニークである。

趣味に生き続けてきたバーニーさんだが、96歳と高齢であるためそろそろリタイアを考えているようだ。しかし築き上げてきたトイレの蓋アートを封印してしまいたくないという切なる思いがある。これまで訪問者のために無料でオープンしていた博物館をこのまま継続させていくためにも、数々のコレクションともども博物館を買ってくれる誰かに引き継いでもらいたいと願っているのだ。

「デザインしたトイレの蓋には、それぞれの歴史が刻まれているんだ。アメリカのどこかでこの博物館がずっと私の歴史を語り続けてくれることを願っているよ。私の作品はまさにフォークアートで特別な美術品だからね」とバーニーさんは語っている。長きにわたりアメリカの歴史を刻んできた博物館は現在も毎日オープンしており、訪れた客からもバーニーさんの意思が引き継がれていくことを願う声が多数あがっているという。

画像は『Inside Edition 2017年9月24日付「96-Year-Old Man Has Spent 70 Years Making Artwork on Toilet Seats: ‘That’s My Hobby’」のスクリーンショット

情報源:【海外発!Breaking News】トイレの蓋に絵を描き続けて70年になる96歳の米男性<動画あり> | Techinsight

ほぉ・・・