宿泊施設で入所者死亡 部屋の外側から南京錠 | NHKニュース

監禁かよ。


宿泊施設で入所者死亡 部屋の外側から南京錠

千葉県市川市にあるNPO法人が運営する宿泊施設で、入所者の女性を殴るなどして死亡させたとして、施設長が逮捕された事件で、遺体が発見された際女性の部屋の扉には、外側から南京錠がかけられていたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は、施設長がかけた疑いもあると見て、当時の状況やいきさつを詳しく調べています。

先月28日千葉県市川市にあるNPO法人が運営する宿泊施設「さくらグリーンハウス市川」で、入所していた川久保儀子さん(84)が死亡しているのが見つかり、警察は、川久保さんを殴るなどして死亡させたとして、施設長の生田玲子容疑者(55)を傷害致死と暴行の疑いで逮捕しました。

これまでの調べで、生田容疑者が川久保さんに暴行を加える様子が施設内で目撃されるなど日常的に暴力を振るっていた疑いがあることがわかっていますが、その後の調べで、遺体が発見された際、川久保さんの部屋の扉には、外側から南京錠がかけられていたことが捜査関係者への取材でわかりました。

警察は、生田容疑者が鍵をかけた疑いがあると見て、当時の状況やいきさつを詳しく調べています。

警察の調べに対し、生田容疑者は容疑を否認しているということです。

情報源: 宿泊施設で入所者死亡 部屋の外側から南京錠 | NHKニュース

悪質すぎる。