広島ヒヤリ 安部が死球受け悶絶、試合は一時中断― スポニチ Sponichi Annex 野球

悪影響はないのかな・・・


<神・広>4回、右ふくらはぎに死球を受ける安部
<神・広>4回、右ふくらはぎに死球を受ける安部

セ・リーグ 広島―阪神 ( 2017年9月18日 甲子園 )

37年ぶりとなるセ・リーグ連覇にマジック「1」として迎えた阪神戦で、広島にヒヤリとするシーンがあった。

1―0で迎えた4回、先頭打者の6番・安部が阪神先発・メンドーサが投じた1ストライクからの2球目、138キロの直球を右ふくらはぎに受け、悶絶。しばらく立ち上がることができず、その後、右足を引きずりながらトレーナーとともにベンチへと姿を消し、試合はしばし中断となった。

痛みに顔をゆがめる姿に心配されたが、治療を受けた安部は数分後に戻り、一塁へ。会沢の右前打で三塁に進塁すると、9番に入っていた先発投手・野村のスクイズで追加点のホームを踏んだ。

[ 2017年9月18日 15:31 ]

情報源: 広島ヒヤリ 安部が死球受け悶絶、試合は一時中断― スポニチ Sponichi Annex 野球


4回表、安部への死球

その後、1死一、三塁から野村のスクイズで追加点


4回裏に中谷の20号で1点を返される。