【祝・V8】広島カープ、2年連続、8度目の優勝、37年ぶりセ界連覇

優勝おめでとうございます。連覇は37年ぶり。


【広島V2 芸能界の鯉党喜びの声】吉川晃司「風が吹いていましたね」 (1/4ページ) – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

緒方監督が11度宙に舞った理由とは…/デイリースポーツ online

広島優勝:赤松、帰ってコイよ 胃がん摘出手術越え – 毎日新聞

【広島】ビールかけで使用したデザインのTシャツを販売 : スポーツ報知

広島 緒方監督 来季も続投方針 球団「手腕を評価」 | NHKニュース

広島37年ぶりセ連覇 厚い選手層で逆転勝ち41試合

広島 緒方監督ら会見「ことしは日本一に」 | NHKニュース


プロ野球 広島がリーグ2連覇 | NHKニュース

プロ野球 セ・リーグ 広島が2連覇
プロ野球 セ・リーグ 広島が2連覇

プロ野球、セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを1としていた首位の広島がきょう、2位の阪神に3対2で勝ち、2年連続8回目のリーグ優勝を決めました。

リーグ連覇をねらう広島は、優勝へのマジックナンバーを1とし、18日に勝つか引き分ければ優勝が決まるという状況で、2位の阪神と甲子園球場で対戦しました。

広島は1回、18日に32歳の誕生日を迎えた4番の松山竜平選手のタイムリーヒットで1点を先制し4回には先発の野村祐輔投手がスクイズを決めて2対0とリードしました。

その後、4回と7回に阪神に2本のソロホームランを打たれて2対2の同点に追いつかれましたが、8回に5番のバティスタ選手が勝ち越しのタイムリーヒットを打ち再びリードを奪いました。

そして8回をジャクソン投手、9回を中崎翔太投手が抑えて、1点のリードを守り抜き、広島が3対2で阪神に勝ちリーグ優勝を決めました。広島のリーグ優勝は2年連続8回目です。

プロ野球 セ・リーグ 広島が2連覇

「ファンとともに勝ち取った優勝」

広島の緒方孝市監督は、胴上げで11回宙を舞いました。そして、優勝インタビューで、「去年、25年ぶりにリーグ優勝して広島のファンに心から喜んでもらい、優勝パレードでは本当にすばらしい時間を過ごした。その喜びをもう一度味わえるようにと選手たちがキャンプから頑張ってくれた」と振り返りました。

そのうえで、「今シーズンは追われる立場だったが、去年の優勝を自信にして力をつけ、開幕から頑張って、最高のスタートダッシュを切り、交流戦では、パ・リーグのチームを相手に自分たちの野球ができた。シーズン途中、けが人が出て苦しい時期もあったが、勝負どころの9月で選手が一気にラストスパートをかけて力を見せつけてくれた」と、選手たちの頑張りに感謝しました。

そして、選手たちに向かって、「本当にご苦労さん、本当に頼もしいやつらだ」と呼びかけました。ファンに対しても「チームが不調の時もチャンスの時も選手とともに戦ってもらった。ともに勝ち取ったリーグ優勝だと思っています」と感謝の気持ちを述べました。

今後の日程

セ・リーグ優勝の広島は、日本シリーズ出場をかけて来月18日からのクライマックスシリーズファイナルステージに臨みます。

クライマックスシリーズは、最初に2位と3位のチームによるファーストステージが行われ、広島はファーストステージを勝ち上がったチームと本拠地のマツダスタジアムでファイナルステージを戦います。

ファイナルステージでは先に4勝したチームが日本シリーズに進み、リーグ優勝の広島にはあらかじめ1勝がアドバンテージとして与えられます。

クライマックスシリーズは、ファーストステージが来月14日から、ファイナルステージが来月18日から始まり、日本シリーズは来月28日から始まります。

リーグ連覇の軌跡

去年25年ぶりにせ・リーグ優勝を果たした広島は、日米通算200勝を挙げた黒田博樹さんが現役を引退し、昨シーズン、沢村賞のジョンソン投手と最多勝の野村祐輔投手が、ことしは先発ローテーションを引っ張ることが期待されました。

しかし、開幕戦でそのジョンソン投手が、4回途中7失点と打ち込まれて黒星スタートとなったうえに、体調不良で1軍の出場選手登録を直後に抹消され、長期離脱する事態となりました。それでも2試合目以降、2年目の岡田明丈投手や4年目の九里亜※レン投手など若手が好投を続け、引き分けをはさんで10連勝をマークし、開幕から8試合目で首位に立ちました。

5月に入ると、投手陣が打ち込まれる試合が目立ち、6日の阪神戦では9点リードから逆転負けするなど、今シーズン最長に並ぶ4連敗を喫し、2位に落ちました。

それでも5年目の鈴木誠也選手が4番に入ったチーム打率リーグトップの打線がピッチャーを助け、5月下旬には7連勝して首位に返り咲きました。

そして、交流戦でも勢いを持続し、3番の丸佳浩選手がプロ初の3打席連続のホームランを打つなど、交流戦トップの打率4割1分1厘をマークしました。また、交流戦から先発に回った3年目の薮田和樹投手が交流戦で3勝負けなしと好投しました。

投打が再びかみ合い始めた広島は、かつて苦手にしていた交流戦を12勝6敗の2位と過去最高の成績で終え、前半戦は去年を上回る23の勝ち越しをマークし、首位で折り返しました。

後半戦に入ると、薮田投手と岡田投手が初のふた桁勝利を挙げたほか、野村投手も勝ち星には恵まれませんでしたが、防御率は2点台と先発の役割は果たすピッチングを続けました。また、リリーフ陣では一岡竜司投手が防御率1点台の安定したピッチングを続けるなど踏ん張って、先月8日には、去年より15試合早い102試合目で、優勝へのマジックナンバー「33」を初めて点灯させました。

この後、先月下旬にDeNAに3試合連続でサヨナラ負けしたり、鈴木選手が右足首を骨折してチームを離れたりして、マジックナンバーは3回、消えました。

それでも40歳のベテラン、新井貴浩選手や10年目の松山竜平選手が4番に入って、勝負強いバッティングを見せ、鈴木選手が抜けた穴をしっかり埋めました。

今月に入ると9連勝するなど、2位以下を大きく引き離し、球団として37年ぶり2回目のリーグ連覇を果たしました。

情報源:プロ野球 セ・リーグ 広島が2連覇 | NHKニュース


プロ野球、セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていたカープは18日、甲子園球場で行われた阪神戦との試合に3対2で勝ち、2年連続8回目のリーグ優勝を決めました。

情報源:カープ2年連続8回目リーグ優勝|NHK 広島のニュース


広島2連覇 若手投手の台頭や野手の選手層に厚み

広島が37年ぶり2回目となるセ・リーグ連覇を決めた背景には、日米通算200勝を挙げた黒田博樹さんが引退する中、若手が台頭して先発の一角を担ったことや、去年のリーグ優勝を経験した主力に加え、控えの選手も成長し、野手の選手層が厚くなったことが挙げられます。

若手投手が台頭

このうち投手陣は、昨シーズン16勝で最多勝の野村祐輔投手と15勝を挙げて沢村賞に輝いたジョンソン投手に続く先発ピッチャーの成長が求められました。

こうした中、去年3勝の3年目、薮田和樹投手と、去年4勝の2年目、岡田明丈投手が、すでにふた桁勝利を挙げ、大きな飛躍を遂げました。

薮田投手は開幕当初はリリーフでしたが、交流戦に入って先発に転向すると、得意とする落ちるボール、ツーシームを効果的に使って、8連勝をマークするなどここまで14勝を挙げています。8月には巨人のエース、菅野智之投手と投げ合い、1対0でプロ初の完封勝利も挙げました。薮田投手は大学時代に痛めた肩の状態を気にして、去年までは思うようなピッチングができませんでしたが、2軍で遠投を繰り返すなどしてフォーム作りや体力アップに腰を据えて取り組んだことで万全の状態で投げられるようになり、コントロールが安定、ストレートの威力も増しました。

また、岡田投手は、「ポスト黒田」の一番手として期待される中、150キロを超えるストレートを武器に開幕から先発ローテーションをほぼ外れることなく守り、ここまで12勝をマークしています。コントロールをよくするため、投球動作の中で左腕を大きくあげず、コンパクトに体を使うことを意識した結果、ばらつきのあったフォームが安定して、今シーズンの成績アップにつながりました。

野村投手とジョンソン投手が去年と比べて勝ち星を減らす中、この2人が先発ローテーションを引っ張る存在になりました。

一方、リリーフ陣では去年活躍したジャクソン投手が奮わず、苦しい時期もありましたが、今村猛投手、中崎翔太投手に加え、一岡竜司投手が肩のけがから復活して防御率1点台をマークし、好調な打線による終盤の逆転勝ちを呼び込みました。

畝龍実投手コーチは、今シーズンの投手陣について、「若い先発ピッチャーが頑張り、勝ちがついて自信になった。中継ぎも含めて伸び盛りのピッチャーが今のチームには多いのも強み」と今後のさらなる成長にも期待していました。

野手の選手層に厚み

一方の打線は、チームの打率、得点、ホームランなど主要な成績が昨シーズンに続いてここまですべてリーグトップで、投手陣をしっかり援護しました。広島の不動の上位打線のうち、1番・田中広輔選手はリーグトップの盗塁数を誇っているほか、3番・丸佳浩選手も自己最多の22本のホームランを打つとともに高い出塁率をマークしています。

こうした上位打線が作ったチャンスを4月下旬から新たに4番に座った5年目の23歳・鈴木誠也選手がしっかり得点に結びつけ、先月下旬に守備で右足を剥離骨折して戦列を離れるまでに打率3割、ホームラン26本をマークし、当時、リーグトップの90打点をマークしました。

鈴木選手は、シーズン中もタイミングを取るための左足の上げ方を何度も変えるなど打撃フォームの試行錯誤を続け、試合後には居残って打撃コーチとスイングチェックするなど人一倍努力し、つなぐ打線の中心となりました。

また、10年目の安部友裕選手は初めて規定打席に到達して、ここまで3割台の打率をマーク。鈴木選手のけがのあと、主に4番を任された松山竜平選手も高い得点圏打率をマークしてシーズン自己最多となる打点を挙げるなど、野手の選手層の厚さは他球団と比べて際立っていました。

そして、去年のリーグMVP、40歳のベテラン・新井貴浩選手は出場機会こそ減りましたが、7月には代打で決勝の逆転スリーランを打つなど勝負強さが光りました。

石井※タク朗打撃コーチは「チャンスで自分が決めるという気持ちはもちろん大切だが、次のバッターにつなぐ意識が去年以上にチームに浸透したことで、打線がしっかり機能した」と手応えを感じていました。

広島は25年ぶりに出場した去年の日本シリーズでは日本ハムに2勝4敗で敗れており、選手たちはクライマックスシリーズを勝ち抜き、33年ぶり4回目の日本一を狙うことが次の目標となります。

※タクは琢の点なし。

情報源:広島2連覇 若手投手の台頭や野手の選手層に厚み | NHKニュース


◇得点力違った
阪神・金本監督 得点力が違った。一気に畳み掛ける攻撃力がすごかった。投手力の差はないが、あの打線を抑え込む投手力をつくらないと駄目。

◇苦戦した
巨人・高橋監督 対戦成績が示す通り、とにかく苦戦した。特に前半戦、勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、雪辱を果たしたい。

◇完璧なチーム
DeNA・ラミレス監督 2年連続で完璧なチーム。投手も素晴らしく、打線も非の打ち所がない。広島の攻撃時にまばたきをしていると、3、4点取られてしまう。

◇埋められない差
中日・森監督 間違いなくいいチーム。現状の戦力では、対等に戦うことは難しかった。接戦の試合もあったが、あと少しの差をそう簡単には埋められなかった。

◇層の厚さ感じた
ヤクルト・真中監督 攻撃的に見えるが、二遊間の守備や投手力など守りも堅かった。バランスが取れた隙のないチーム。故障者をカバーする層の厚さも今季は感じた。(2017/09/18-17:58)

情報源:広島優勝・他球団監督談話:時事ドットコム


リーグ優勝を決め、胴上げされる広島・緒方孝市監督=甲子園球場
リーグ優勝を決め、胴上げされる広島・緒方孝市監督=甲子園球場

プロ野球セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島が18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で、2位の阪神に3-2で勝利し、2年連続8度目の優勝を決めた。

甲子園には広島の優勝を見届けようと、大勢のファンが訪れ、三塁側スタンドを埋め尽くした。広島は4回表まで2点リードしたが、阪神の追撃にあい、2-2の同点に。しかし、8回のチャンスで5番バティスタが逆転の適時打を放ち、試合を決めた。

広島は平成3年を最後に両リーグを通じて最も優勝から遠ざかり、10年から15年連続Bクラスと低迷していたが、昨季25年ぶりに優勝。今季の優勝により、古(こ)葉(ば)竹(たけ)識(し)監督が率いた昭和54、55年以来、37年ぶりとなるセ・リーグ連覇を果たした。

緒方孝市監督(48)が就任して3年目の今季は投打がかみ合い、41試合(17日現在)で逆転勝利。球団史上最速となる8月8日にマジックナンバー「33」を初点灯させていた。

日本シリーズ(10月28日、パ・リーグ出場チーム本拠地で開幕)進出を争うクライマックスシリーズには10月18日に始まるファイナルステージから出場し、日本一への挑戦が始まる。

情報源:【プロ野球】広島、37年ぶりリーグ2連覇 甲子園を真っ赤に染めたファン 緒方監督、歓喜の胴上げ – 産経WEST


「阪神2-3広島」(18日、甲子園球場)

広島が2年連続8度目のリーグ制覇を果たした。

黒田チルドレンが、レジェンドの一つの願いをかなえた。昨年、25年ぶりの優勝に貢献し、日本シリーズ前に現役引退を表明した黒田博樹投手は、日本シリーズで2勝4敗で敗れたため、第7戦で先発予定だったが、マウンドに上がることなく、ユニホームを脱いだ。

第6戦が終了後、ベンチ裏で大勢の報道陣に囲まれた黒田が最後に「来年、ぜひセ・リーグを連覇して、日本一になれなかったので、日本一になってほしい。今のチームは本当にいいチームだと思うので、来年は陰ながら応援したい」と後輩に夢を託した。

精神的支柱であり、戦力的にも10勝を挙げた右腕の引退は、25年ぶりの優勝に沸くチームの中、連覇に向け大きな不安材料だった。しかし、レジェンドの背中を見てきた若鯉たちが躍動した。

マウンドへ万全の準備をして上がる黒田の姿を見てきた薮田がチーム最多の14勝。昨年4勝に終わった岡田は開幕からローテーションを守り12勝を挙げ大きく飛躍した。大瀬良も開幕から7連勝の活躍。昨年最多勝を挙げた野村は、勝ち星こそ昨年に及ばないが、先発の柱として週頭の火曜日に登板を続けた。救援陣も同じだ。中継ぎ陣は、救援失敗や過酷な場面でも勇気をもってマウンドに上がり続けた。

攻撃陣も黒田の影響を受けた。シーズン終盤にケガをして戦列を離れた鈴木は、シーズン中に4番を任され好成績を残した。昨年、ガムをかんでグラウンドに出ていた若武者は黒田に「かっこいいと思うか」と問いかけられたことがあった。プレーだけではない。日米通算203勝を挙げたレジェンドの野球に対する姿勢、言葉は重い。

黒田の願いの一つである連覇を達成した。もう一つの頂、黒田をもってしても達成できなかった日本一。CSを突破し、1984年以来33年ぶりの快挙に挑む。

情報源:広島が連覇達成!黒田チルドレンがレジェンドの“願い”一つかなえる/カープ/デイリースポーツ online


「阪神2-3広島」(18日、甲子園球場)

広島が球団史上37年ぶりとなる2年連続のリーグ制覇を決めた。

2-2の八回にバティスタの左前適時打で1点を勝ち越した。初回は松山の中前適時打で1点を先制。四回は野村のスクイズで2点目。先発・野村は6回6安打1失点。九回は中崎が1点差を守り切り胴上げ投手となった。

阪神は0-2の四回、中谷の中越え20号ソロで1点。七回は陽川の中越え1号ソロで同点。先発・メンドーサは5回5安打2失点。

情報源:広島37年ぶりのリーグ連覇 バティスタが決勝打 中崎が胴上げ投手/カープ/デイリースポーツ online


「阪神2-3広島」(18日、甲子園球場)

優勝マジックを「1」としていた広島が、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。連覇は1979、80年以来37年ぶり2度目。複数回の連覇は、セ・リーグでは巨人についで2チーム目となる。

2位阪神を下しての優勝決定。台風18号の影響で91年以来の本拠地胴上げはかなわなかったが、9月を12勝2敗の快進撃で優勝のゴールテープを切った。
黒田と新井のレジェンドが先導した昨年の25年ぶり優勝とは違う。投打で若鯉たちが躍動してのセ界制覇だった。

「タナ・キク・マル」の田中、菊池、丸の同級生トリオが1から3番で機能し、開幕後に若武者・鈴木が4番に座った。「タナ・キク・マル」の同級生でもある10年目の安部が初めて規定打席に達し高打率をキープ。鈴木が右足首の骨折で戦列から離れると、胴上げ試合でも先制打を放った松山が4番として9月の快進撃を支えた。ベテランの外国人・エルドレッド、新井らが若手と融合。交流戦中に支配下登録されたバティスタが初打席初本塁打を放つなど、チームに活気を生んだ。

昨年に続きチーム打率、得点、本塁打そして盗塁数はリーグ一を誇った。「つなぎの打線」は、最後まであきらめず打ちまくった。その結果が41度の逆転勝利につながっている。

投手陣は、チームの精神的支柱として君臨し、10勝を挙げた黒田博樹投手が現役を引退。不安のスタートだった。それを黒田の背中を見てきた若手投手陣がカバーした。

シーズン当初、中継だった薮田が交流戦途中から先発に回り、チーム最多の14勝を挙げた。2年目の岡田はローテーションの一角を担った。大瀬良も開幕から7連勝と貯金をかせいだ。昨年の最多勝投手で優勝決定試合で先発した野村も、勝ち星は昨年ほど伸びなかったが、先発投手の役割を果たした。昨年の沢村賞投手のジョンソンが長期離脱する中、4年目の中村祐が先発を務めた。

救援陣も九里が先発、ロングリリーフと活躍。昨年の守護神・中崎が不在の中、今村が守護神を務めた。また好不調はあったものの、中田、ジャクソン、一岡らが奮闘。復帰した中崎も救援陣が苦しいときに支えた。

ホームゲームで47勝19敗1分けと圧倒的な強さを誇った。マツダスタジアムは連日満員となり、地元球団を応援するファンが後押しした。ビジターでも広島の応援席は鯉党で埋まった。自前で育てた選手たちの躍動は、常勝軍団としてセ界を圧倒した。

33年ぶりの日本一を目指す広島は、日本シリーズ出場権を懸け、10月18日から本拠地・マツダスタジアムでCSファイナルSで同第1Sの勝者と対戦する。

情報源:広島2度目の連覇でV8!セ界複数連覇は巨人に続き2球団目/カープ/デイリースポーツ online


連覇を果たしナインから胴上げされる緒方監督(撮影・吉澤敬太)
連覇を果たしナインから胴上げされる緒方監督(撮影・吉澤敬太)

「阪神2-3広島」(18日、甲子園球場)

「全員野球」で連覇を達成した広島。チーム打率、得点、本塁打、盗塁などリーグトップを誇る打線は、「つなぎ」を合言葉に得点を重ねた。それだけに全員でもぎとった優勝でMVPの絶対的選手がいない。昨年は通算2000安打を達成し、チームをまとめた新井貴浩内野手がMVPを獲得したが、MVP争いは若鯉たちの混戦になりそうだ。

その中で3番として安定した活躍を見せた丸佳浩外野手が筆頭候補になる。打率3割をキープ。安打数、得点とリーグトップを走り、打線を引っ張った。

8月下旬に右足首を骨折し、戦線離脱した鈴木誠也外野手も若干23歳で4番を務め、規定打席に達し打率3割、26本塁打、90打点の成績を残し、首位を走った原動力となった。

打撃成績で打率3割には届いていない菊池涼介内野手も候補だ。昨年はMVPの投票で2位に入った。打撃もさることながら、今年のWBCで世界を沸かせた守備は今季も健在。数字に表れないが、勝利に貢献するスーパープレーを何度もみせてきた。その評価をどこまでみるかがカギとなる。

投手陣では薮田和樹投手が候補に挙がる。現状で規定投球回数に届いていないが、開幕当初は中継ぎで、交流戦途中から先発に回りチーム最多の14勝を挙げ、負け数も3敗とチーム躍進の力となった。

情報源:全員野球で連覇の広島MVPは/カープ/デイリースポーツ online


セ・リーグ 広島3―2阪神 ( 2017年9月18日 甲子園 )

広島がマジック1で迎えた阪神戦に3―2で競り勝ち、37年ぶりとなるセ・リーグ連覇を達成した。台風18号の影響で17日のヤクルト戦(マツダ)が中止となり26年ぶりとなる地元Vは逃したが、2位・阪神との直接対決を制して2年連続8度目となる優勝を決めた。

広島は初回、2死三塁からこの日32歳の誕生日を迎えた4番・松山の中前適時打で先制。4回には1死一、三塁から先発投手の野村がスクイズを決めて追加点を挙げ、2点をリードした。だが、その裏、野村が中谷にバックスクリーンへ20号ソロを打たれて1点差に迫られると、7回にはこの回から登板した2番手・一岡が先頭打者の代打・陽川にバックスクリーン左へ1号ソロを許して2―2の同点。

そして迎えた8回、この回から登板した阪神3番手・岩崎から菊池、丸が連続四球で出塁すると、1死一、二塁で登板した4番手・桑原の初球、外角高めの直球をバティスタが叩いて左前へ勝ち越しタイムリー。8回からジャクソン、9回から中崎の継投で1点差を守り切った。

広島はシーズンを通じて4連敗が2度あっただけで4月に10連勝、5月に7連勝、9月に9連勝と大型連勝で順調に白星を重ね、136試合目のこの日で84勝目をマーク。8月23日のDeNA戦(横浜)で23歳の若き主砲・鈴木が右内くるぶしを骨折するアクシデントに見舞われたが、代わりに4番へ座った松山が4割を超える驚異的な高打率で穴を埋めるなど圧巻の連覇となった。

試合後、緒方監督が選手たちの手によって胴上げ、11度空に舞った。

情報源:広島 圧巻の37年ぶりセ界連覇 敵地・甲子園で緒方監督11度舞う― スポニチ Sponichi Annex 野球


セ・リーグ連覇を果たし、ナインに胴上げされる緒方監督
セ・リーグ連覇を果たし、ナインに胴上げされる緒方監督

セ・リーグ 広島3―2阪神 ( 甲子園 )

守護神の中崎が伊藤隼を遊撃フライに打ち取ると、マウンド付近に一瞬で歓喜の輪が広がった。広島が25年ぶりにセ・リーグを制した昨季から2年連続8度目の優勝。連覇が決まると目を潤ませ、顔を手で覆った緒方孝市監督(48)はスタッフと熱い握手をかわした後、ともに戦ってきた選手たちの手で11度宙に舞った。

胴上げの後、スタンドの歓声に両手を挙げて応え、一礼してから優勝監督インタビューに立った指揮官が「ありがとうございます!」と声を張ると、敵地とは思えないほど甲子園を真っ赤に染めたカープファンからは地鳴りのような大歓声。「この甲子園球場というのは自分のプロ野球選手としての第一歩目のグラウンドでした。その思い出の詰まった甲子園球場でこうして胴上げをしていただいて本当にうれしかったです。心からうれしかったです」と29年前の1988年9月17日の阪神戦でプロ初出場、初スタメンを果たしてプロ初安打が初本塁打と記録づくめのデビュー戦となった思い出の甲子園での優勝決定を喜んだ。

25年ぶりの優勝となった昨年は9月10日に東京ドームで宙を舞い、今年は8日遅れて甲子園での胴上げ。「昨年25年ぶりにリーグ優勝して本当に広島のファンの方に心から喜んでもらえて、優勝パレードでファンの方と選手たちが素晴らしい時間を過ごした。あの時をもう一度今季味わいたいと思って、選手は本当にキャンプから頑張ってくれました」と連覇を振り返った。

1月に胃がん手術を受けた赤松と、8月に右内くるぶし骨折で離脱した若き主砲・鈴木も敵地に駆けつけ、赤いユニホームを身にまとって胴上げに参加。鈴木は両肩を支えられながらの参加となったが、終始笑顔を弾けさせた。「シーズン途中、怪我人が出て苦しい時期もありましたが、勝負どころの9月で選手が一気にラストスパートかけてくれて力を見せつけてくれた。本当に頼もしい選手たちです」とカープ戦士を称え、「選手は本当に成長したと思います。そして、何よりその成長を助けているのはファンの方の熱い声援。ファンとともに戦いながら選手も力を発揮できたと思います」とファンに感謝のメッセージを送った。

情報源:緒方監督「選手としての第一歩」思い出の甲子園で胴上げ 赤松&誠也も駆けつけた!― スポニチ Sponichi Annex 野球


優勝を決めて喜ぶ広島ナイン
優勝を決めて喜ぶ広島ナイン

セ・リーグ 広島3―2阪神 ( 2017年9月18日 甲子園 )

広島がマジック1で迎えた阪神戦に3―2で競り勝ち、37年ぶりとなるセ・リーグ連覇を達成した。台風18号の影響で17日のヤクルト戦(マツダ)が中止となり26年ぶりとなる地元Vは逃したが、2位・阪神との直接対決を制して2年連続8度目となる優勝を決めた。

広島は初回、2死三塁からこの日32歳の誕生日を迎えた4番・松山の中前適時打で先制。4回には1死一、三塁から先発投手の野村がスクイズを決めて追加点を挙げ、2点をリードした。だが、その裏、野村が中谷にバックスクリーンへ20号ソロを打たれて1点差に迫られると、7回にはこの回から登板した2番手・一岡が先頭打者の代打・陽川にバックスクリーン左へ1号ソロを許して2―2の同点。

そして迎えた8回、この回から登板した阪神3番手・岩崎から菊池、丸が連続四球で出塁すると、1死一、二塁で登板した4番手・桑原の初球、外角高めの直球をバティスタが叩いて左前へ勝ち越しタイムリー。8回からジャクソン、9回から中崎の継投で1点差を守り切った。

広島はシーズンを通じて4連敗が2度あっただけで4月に10連勝、5月に7連勝、9月に9連勝と大型連勝で順調に白星を重ね、136試合目のこの日で84勝目をマーク。8月23日のDeNA戦(横浜)で23歳の若き主砲・鈴木が右内くるぶしを骨折するアクシデントに見舞われたが、代わりに4番へ座った松山が4割を超える驚異的な高打率で穴を埋めるなど圧巻の連覇となった。

試合後、緒方監督が選手たちの手によって胴上げ、11度空に舞った。

情報源:広島 圧巻の37年ぶりセ界連覇 敵地・甲子園で緒方監督11度舞う― スポニチ Sponichi Annex 野球


リーグ優勝を決めて胴上げされる広島・緒方監督=甲子園球場(撮影・村本聡)
リーグ優勝を決めて胴上げされる広島・緒方監督=甲子園球場(撮影・村本聡)

(セ・リーグ、阪神2-3広島、24回戦、広島14勝9敗1分、18日、甲子園)広島が阪神に競り勝ち、2年連続8度目のリーグ優勝を決めた。広島のリーグ連覇は37年ぶり。古葉竹識監督が率いた1979、80年以来の快挙で、緒方監督は球団史上2人目の連覇を達成した指揮官となった。チームは日本シリーズ進出を懸け、10月18日からクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(マツダ)に出場する。

甲子園で広島ナインが喜びを爆発させた。3-2の九回、守護神・中崎が伊藤隼を遊飛に抑えた。優勝が決まった瞬間、一斉に選手がベンチを飛び出した。25年ぶりとなった昨季は東京ドームで、今回は甲子園で決めた。緒方監督の目には涙が浮かぶ。グラウンドでは11度宙に舞った。

勝つか引き分けで優勝を決める一戦で先制した。一回二死三塁と好機を作ると、4番・松山が先発右腕のメンドーサから中前適時打。この日32歳の誕生日を迎えた男は攻撃を終え、左翼の守備に向かうと左翼席の鯉党から“松山コール”が起こった。四回は一死一、三塁とすると、9番・野村が一塁にスクイズ。2点目を奪った。

阪神も粘る。その裏、一死から5番・中谷がバックスクリーンに20号ソロ。七回には代打・陽川が2番手・一岡から中越え1号ソロを放ち、同点に追いついた。

広島は2-2の八回に一死一、二塁とすると、バディスタが4番手・桑原から左前適時打を放ち、二走・菊池が生還。3-2としてそのまま逃げ切った。

強かった広島。2017年シーズン。単独首位に立ったのは4月9日。約1カ月後の5月6日に阪神に首位を奪われたものの、28日に再び首位に立つ。その後は一度も首位を奪われることはなかったが、精神的支柱でもあった黒田の引退、昨年15勝を挙げた左腕・ジョンソンのけがや不調、8月には打撃陣を引っ張り続けた4番・鈴木が骨折で戦列を離脱するなど、優勝までの道のりは決して平坦ではなかった。

その中で3年目の薮田が14勝、2年目の岡田が12勝を挙げるなど若手が台頭した。この日の野村や大瀬良ら実績ある投手も白星を積み重ね、チームをけん引。一岡、ジャクソンらの中継ぎ陣も安定し、今村と中崎は守護神として苦しんだ時期もあったが、踏ん張った。

打撃陣は鈴木の離脱後に4番を務めた松山が、終盤に大活躍。田中、菊池、丸の上位3人は相手チームを苦しめた。エルドレッドの一発は健在で相手投手に恐怖を与え、安部や西川らも力を示したシーズンだった。もちろん、チーム最年長の40歳となった新井の存在は大きかった。

チームは日本シリーズ進出を懸け、10月18日からクライマックスシリーズファイナルステージに出場する。昨年はシリーズで日本ハムに敗れて日本一を逃しただけに、まずはCS突破。そして33年ぶりの日本一を目指す。

情報源:広島が37年ぶりのリーグ連覇! 緒方監督が甲子園で涙の胴上げ – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


1回表、2死3塁から松山のタイムリーヒットで先制(1-0)

4回表、メンドーサによる安部のふくらはぎへの死球

その後、1死一、三塁から野村のスクイズで追加点(2-0)

8回表、バティスタのタイムリーで菊池が生還、勝ち越し(3-2)

8回裏、ジャクソンの牽制球が決まり上本がアウト。

優勝の瞬間~監督胴上げ(11回)~監督インタビュー

ハイライト

優勝後、広島市内の様子

広島東洋カープ優勝祝会!! フル ビール かけ



優勝&連覇、おめでとうございます。