V王手の広島に新井弾!右翼席へ2カ月半ぶりの一発

ほぉ・・・

(セ・リーグ、広島-ヤクルト、24回戦、16日、マツダ)優勝へのマジックナンバーを「1」としている広島は1点リードの四回に2点を奪った。先頭の新井が右越え9号ソロ。40歳のベテランの逆方向への一発に本拠地が沸いた。この回、会沢が右前適時打を放ち、4-1とした。ヤクルトは五回に中村が左越え3号ソロを放ち、1点を返した。

約30分遅れで開始された一戦。この日の先発は広島が3年目・薮田、ヤクルトは小川。先制したのは広島だった。三回一死満塁の好機を作ると、3番・丸が右前2点打を放った。真っ赤に染まったスタジアムでは「いいぞ、いいぞ、丸!」の掛け声が響き渡った。

ヤクルトは四回に山田が左翼線に適時二塁打を放ち、1点を返した。広島はこの日勝つか引き分けで1980年以来、37年ぶりとなるリーグ連覇となる。

情報源:広島・新井が四回にソロ本塁打 本拠地Vへ40歳のベテランが燃えた – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


4回無死、新井が追加点となる右越えソロ本塁打を放つ
4回無死、新井が追加点となる右越えソロ本塁打を放つ

◆広島―ヤクルト(16日・マツダスタジアム)

3回に丸の2点タイムリーで先制した広島は、4回にリードを広げた。

3回までヤクルト打線を無安打に抑えていた薮田が4回1死からバレンティンを四球で歩かせると、山田に左翼線へ適時二塁打され1点を失った。坂口の一ゴロで、三塁に進まれるが、リベロを見逃し三振に仕留めピンチを切り抜けた。

1点差に迫られた広島だが、その裏、新井が右翼席へ9号ソロを放つと、1死からバティスタが左前安打、左翼手の悪送球で二塁を陥れると、会沢の右前適時打でバティスタが生還。リードを3点に広げた。

優勝マジック1の広島はこの試合、勝つか引き分けで優勝が決まる。

情報源:【広島】4回に新井の9号ソロ&バティスタ適時打で4―1 : スポーツ報知


4回、本塁打を放ち三塁を回る広島・新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
4回、本塁打を放ち三塁を回る広島・新井=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

9「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

優勝マジック「1」の広島が三回に丸の2点タイムリーで先制、さらに四回には新井のソロ本塁打で1点を追加した。

新井の本塁打は1点リードで迎えた四回。先頭の打席に立ち、ヤクルト先発・小川が1ボール2ストライクから投じた外角直球を右翼席へ。優勝の懸かった試合での値千金の今季9号ソロは7月30日ヤクルト戦で3ランを打って以来の一発だった。さらに、この回1死二塁から会沢の右前適時打で4点目を追加した。

三回には先頭の会沢が中前打で出塁。藪田の犠打の後、田中の四球と菊池の二塁内野安打で1死満塁の好機となると、丸が右前への2点先制打。「きょう初めてのチャンスだったので得点したかった。食らいついていこうと思っていました。先制点になってよかったです」と喜んだ。

4回広島無死、右越えにソロを放ち笑顔でナインとタッチを交わす新井貴浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
4回広島無死、右越えにソロを放ち笑顔でナインとタッチを交わす新井貴浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

一方、先発の藪田は初回、先頭の山崎に四球を与えたものの後続を寸断し得点を許さなかった。ただ、四回には1死二塁からこの日初安打となる山田の左翼への適時二塁打で1点を返された。

この日は雨天の影響によるグラウンド整備などで試合開始時刻を午後2時から午後2時半に遅らせて試合が開始された。午前11時頃には、雨が降る中、球場が開門するとVの瞬間を見届けるため駆けつけた広島ファンが球場内へ。ほぼ同じタイミングで、甲子園で予定されていた阪神-中日戦の雨天中止が場内アナウンスされた。

正午に客席への入場が開始されると、ポンチョを来たファンらが席に着き始めた。

4回広島無死、右越えへソロを放つ広島・新井貴浩=マツダスタジアム(撮影・田中太一)
4回広島無死、右越えへソロを放つ広島・新井貴浩=マツダスタジアム(撮影・田中太一)

広島はこの日の試合で勝つか引き分ければ連覇が決まる。

1点リードで迎えた四回に新井弾今季9号ソロ。右翼席。7月30 日ヤクルト戦でばっくすく3ランを売って以来の一発

情報源:V王手の広島に新井弾!右翼席へ2カ月半ぶりの一発/デイリースポーツ online

4回裏、新井の第9号ライトスタンドへのホームランで3点目。(3-1)

さらにバティスタが出塁し、曾澤のタイムリーヒットで4点目。(4-1)

5回表に中村のホームランで1点を返される。(4-2)