ソフトバンクが2年ぶり20度目優勝!パ最速 柳田逆転弾は30号

ソフトバンクが優勝。


"<西・ソ
4回1死一塁 逆転2ランを放った柳田(9)、一走・中村(7)を出迎える工藤監督(右から3人目)らナイン ” class=”size-medium” /> <西・ソ>4回1死一塁 逆転2ランを放った柳田(9)、一走・中村(7)を出迎える工藤監督(右から3人目)らナイン

パ・リーグ ソフトバンク7―3西武 ( 2017年9月16日 メットライフ )

優勝へのマジックナンバーを「1」としていたソフトバンクが16日、メットライフドームで行われた2位・西武との直接対決を7−1で制し、2年ぶり20度目(1リーグ時代を含む)の優勝を決めた。16日の胴上げは、15年の9月17日を抜いてパ・リーグ最速。

2回に山川の17号左越えソロで先制を許したものの、4回1死一塁、柳田の30号左越え2ランで逆転。5回には、今宮、柳田の適時打、さらに1死二、三塁からデスパイネの2点適時打でこの回4点を加え、7回にはデスパイネがバックスリーンに飛び込む33号ソロを放ってリードを6点に広げた。

投げては、先発の東浜が6回2安打1失点。「意気に感じて投げたい」とマウンドに臨んだチームの勝ち頭がしっかり試合をつくると、以降は勝利の方程式。モイネロ、岩崎とつなぎ、6点リードして迎えた9回に守護神サファテが登板。2点を与えたが、最後は抑えた。

今月1日に優勝マジック「16」が点灯。前戦の14日まで9月を10勝1敗で快走するなど着実に数字を減らし、リーグ史上最速優勝の記録を1日更新して、ゴールした。

情報源:ソフトバンクが2年ぶり20度目優勝!パ最速 柳田逆転弾は30号― スポニチ Sponichi Annex 野球


◆西武3―7ソフトバンク(16日・メットライフドーム)

ソフトバンクが16日の西武戦(メットライフドーム)で7―3で勝利し、2年ぶり20度目のリーグ優勝を飾った。2015年にソフトバンクが記録した9月17日のリーグ最速優勝日を更新する最速Vとなった。

先発の東浜が2回、山川に17号ソロを浴び先制を許したが、4回1死一塁から柳田の30号2ランで逆転。5回には今宮の左前適時打、柳田の適時二塁打、デスパイネの2点タイムリーなど4連打で4点を加え突き放すと、7回にはデスパイネが3試合連続となる33号ソロをバックスクリーンにたたき込み、試合を決定づけた。

投げては先発・東浜が6回を2安打1失点。毎回の9奪三振の好投で両リーグトップの16勝目。7回以降はモイネロ、岩崎とつなぎ、9回は日本記録の51セーブをマークしているサファテが登板。サファテは3安打で2点を失うも最後を締めた。シーズンを支えた盤石のリレーで歓喜の瞬間を迎えた。

ソフトバンクは交流戦でも3年連続の最高勝率に輝いている。

◆福岡ソフトバンクホークス 1938年に南海電鉄を経営母体に創設。44年に近畿日本、46年に近畿グレートリングと改称し、47年から南海ホークス。1リーグ時代に2度優勝し、73年までに10度のパ・リーグ制覇(日本一2度)。88年秋にダイエーが買収し、本拠地を大阪から福岡へ移した。93年に福岡ドーム(現ヤフオクD)が完成。95年から王貞治監督が指揮し、99年にダイエーとしてリーグ初優勝と日本一。2003年に再び日本一になった。球団買収により、05年からソフトバンクとなった。王監督が08年限りで退任し、秋山幸二監督が10年からリーグ2連覇、11、14年には日本一に。15年から工藤公康監督が率い、同年にリーグ優勝と日本一。球団オーナーは孫正義氏。

情報源:ソフトバンク2年ぶり20度目優勝 リーグ史上最速V (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース


おめでとうございます。