広島・丸が三回に先制2点打 本拠地V目指して薮田が先発

ふむ・・・


「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

M1の広島が勝つか、引き分けで優勝が決まる一戦は三回、広島が先制した。

打線は初回、2死から丸が一塁内野安打で出塁も後続が倒れ、無得点。二回は三者凡退に終わった。

しかし、三回にヤクルトの先発・小川を捉えた。先頭の会沢が中前打。続く薮田が送りバントで1死二塁として、田中が四球、菊池が二塁内野安打で1死満塁とチャンスを広げた。ここで丸が一、二塁間を破る2点適時打を放ち、先制した。

先発の薮田は初回、先頭の山崎にいきなりストレートの四球を与えたが、許した走者はここまでこの1人。グラウンド整備のために30分、試合開始が遅れた影響は感じさせず、無安打無失点で三回を終えた。

情報源:M1の広島が三回に先制 丸が2点適時打 先発の薮田は序盤三回無安打投球/カープ/デイリースポーツ online


3回広島1死満塁、先制の右前2点適時打を放つ丸=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)
3回広島1死満塁、先制の右前2点適時打を放つ丸=マツダスタジアム(撮影・堀内翔)

「広島-ヤクルト」(16日、マツダスタジアム)

優勝マジック「1」の広島が三回に丸の2点タイムリーで先制に成功した。

この回、先頭の会沢が中前打で出塁。藪田の犠打の後、田中の四球と菊池の二塁内野安打で1死満塁の好機となると、丸が右前への2点先制打を放った。

3回広島1死満塁、右前に先制の2点適時打を放ち、ほえる丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3回広島1死満塁、右前に先制の2点適時打を放ち、ほえる丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

一方、先発の藪田は初回、先頭の山崎に四球を与えたものの後続を寸断し得点を許さなかった。

この日は雨天の影響によるグラウンド整備などで試合開始時刻を午後2時から午後2時半に遅らせて試合が開始された。午前11時頃には、雨が降る中、球場が開門するとVの瞬間を見届けるため駆けつけた広島ファンが球場内へ。ほぼ同じタイミングで、甲子園で予定されていた阪神-中日戦の雨天中止が場内アナウンスされた。

 

力投する広島・薮田和樹=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
力投する広島・薮田和樹=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

正午に客席への入場が開始されると、ポンチョを来たファンらが席に着き始めた。

広島はこの日の試合で勝つか引き分ければ連覇が決まる。

情報源:V王手の広島が先制 丸が2点タイムリー/カープ/デイリースポーツ online


(セ・リーグ、広島-ヤクルト、24回戦、16日、マツダ)優勝へのマジックナンバーを「1」としている広島とヤクルトの一戦は約30分遅れで開始した。先制したのは広島。三回一死満塁の好機を作ると、3番・丸が右前2点打を放った。真っ赤に染まったスタジアムは地鳴りのような大歓声。「いいぞ、いいぞ、丸!」の掛け声が響き渡った。

この日の先発は広島が3年目・薮田、ヤクルトは小川。広島はこの日勝つか引き分けで1980年以来、37年ぶりとなるリーグ連覇となる。

情報源:広島・丸が三回に先制2点打 本拠地V目指して薮田が先発 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)


8番曾澤が出塁、9番薮田が犠打で送り1アウト2塁、1番田中が四球で出塁し、2番菊池のヒットで満塁、3番丸の2点タイムリーで先制。(2-0)

しかし、4回表に1点を返されるが以降は抑えて1失点で乗り切る。(2-1)

続く4回裏、新井の第9号ライトスタンドへのホームランで3点目。(3-1)

さらにバティスタが出塁し、曾澤のタイムリーヒットで4点目。(4-1)

5回表に中村のホームランで1点を返される。(4-2)