ロヒンギャ数千人が越境避難 船の転覆で親子が犠牲に | NHKニュース

ふむ・・・


ロヒンギャ数千人が越境避難 船の転覆で親子が犠牲に

ミャンマー西部で、少数派のイスラム教徒、ロヒンギャの武装勢力と治安部隊の戦闘が続く中、ロヒンギャの住民数千人が、隣国のバングラデシュに避難しようと国境の川に押し寄せ、船が転覆して親子が犠牲になるなどしています。

ミャンマー西部ラカイン州では、少数派のイスラム教徒、ロヒンギャの武装勢力と治安部隊の戦闘が続いている影響で、国連によりますと、これまでにロヒンギャの住民37万人が隣国のバングラデシュに避難したと見られています。

ミャンマーとバングラデシュとの国境には、船で川を越えようというロヒンギャの住民数千人が押し寄せ、多数の住民が乗った小型の木造船が相次いで到着しています。こうした中、バングラデシュ南東部のテクナフでは14日、転覆する船が相次ぎ、親子が犠牲になりました。

警察によりますと、この川ではこれまでに88人の遺体が見つかっているということです。現地からの映像では疲れ切った表情をした住民が船から次々と降り、中には脱水と見られる症状でもうろうとしている女性もいました。

情報源: ロヒンギャ数千人が越境避難 船の転覆で親子が犠牲に | NHKニュース

ハァ・・・