北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水

北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水

やっぱり発車したか・・・


北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水

政府は、北朝鮮から発射されたミサイルが15日午前7時4分ごろ、日本の領域に侵入し、午前7時6分ごろ、領域から出て、午前7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロに落下したと発表しました。

政府は、弾道ミサイルの発射の情報に関連して、エムネット=緊急情報ネットワークシステムで新たに情報を発信し、「北朝鮮から発射されたミサイルが午前7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロに着水した模様です」と伝えました。

発射方向は前回とほぼ同じ

北朝鮮から15日朝、発射された弾道ミサイルは、前回、先月29日の発射とほぼ同じ東向けに発射され、飛行コースもほぼ同じだった可能性があります。

一方、飛行距離は、前回よりおよそ800キロのび、北海道の襟裳岬の東およそ2000キロに落下したと見られています。

北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水

政府は、北朝鮮から発射されたミサイルが15日午前7時4分ごろ、日本の領域に侵入し、午前7時6分ごろ、領域から出て、午前7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロに落下したと発表しました。

エムネット。政府は、弾道ミサイルの発射の情報に関連して、エムネット=緊急情報ネットワークシステムで新たに情報を発信し、「北朝鮮から発射されたミサイルが午前7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロに着水した模様です」と伝えました。

情報源:北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水 | NHKニュース


【9月15日 AFP】(更新)北朝鮮は15日、同国から東方向にミサイル1発を発射した。ミサイルは日本上空を通過した。日韓両政府が発表した。ミサイルの種類は現時点で不明。

ミサイルは平壌(Pyongyang)付近から発射された。

国連安全保障理事会(United Nations Security Council)は11日、6回目の核実験を行った北朝鮮に対して、石油製品の輸出制限などを盛り込んだ新たな制裁決議を採択。北朝鮮はこれに反発していた。(c)AFP

情報源:北朝鮮がミサイル発射、日本上空を通過 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


© AP Photo/ Korean Central News Agency/Korea News Service
© AP Photo/ Korean Central News Agency/Korea News Service
NHKによると、日本の政府は、北朝鮮から発射されたミサイルが15日午前7時4分ごろ、日本の領域に侵入し、午前7時6分ごろ、領域から出て、午前7時16分ごろ、襟裳岬の東、およそ2000キロに落下したと発表した。

韓国軍の関係者によると、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した同時に、韓国軍は対応として日本海に向けて、「玄武-2」ミサイルを発射した。聯合ニュースが伝えた。

菅官房長官は、15日午前7時30分すぎ記者会見し、「本日6時57分ごろ北朝鮮西岸より、1発の弾道ミサイルが北東方向に発射された。本弾道ミサイルは7時4分ごろから6分ごろに北海道上空を通過し、7時16分ごろ、襟裳岬の東およそ2000キロの太平洋上に落下した」と述べた。

共同通信が伝えたところによると、北朝鮮が発射したミサイルに関し、自衛隊法に基づく破壊措置の実施はないという。

先の報道によると、北朝鮮が新たなミサイル発射に向け準備している可能性があることを米情報機関が把握したと、米NBCが3人の米軍高官への取材をもとに伝えた。

情報源:北朝鮮がミサイル発射 韓国軍、同時ミサイル発射実験 – Sputnik 日本


[ソウル 15日 ロイター] – 韓国軍の発表によると、北朝鮮は15日朝、平壌近郊の順安から種類不明のミサイルを東に向けて発射した。

韓国軍合同参謀本部は、米軍と韓国軍が詳細について分析を進めていると説明した。

情報源:北朝鮮がミサイル発射=韓国軍


北朝鮮が飛しょう体発射 韓国メディア

韓国の通信社、連合ニュースは、北朝鮮が首都ピョンヤン付近から東の方向へミサイルを発射したと伝え、韓国軍が詳しい情報の収集を急いでいます。また、韓国大統領府は午前8時からNSC=国家安全保障会議を開き今後の対応を協議することにしています。

北朝鮮は、先月26日、東部カンウォン(江原)道から、短距離弾道ミサイルとみられる3発を発射したのに続いて、その3日後には、米韓合同軍事演習への対抗措置として、首都ピョンヤンの郊外から、新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」1発を発射し、北海道の上空を通過して襟裳岬の東の太平洋上に落下させました。

また、今月3日、6回目の核実験を強行し「ICBM=大陸間弾道ミサイルに搭載する水爆の実験に成功した」と発表していました。それに先立ち北朝鮮は、ことし7月に2回、弾道ミサイルを発射し、ICBM=大陸間弾道ミサイルの「火星14型」の発射実験に成功したと発表しました。

「火星14型」について、アメリカ政府の当局者は、NHKの取材に対しアメリカ本土の大部分に届く能力を持つ可能性があるという見解を明らかにしたほか、韓国のソン・ヨンム国防相は、専門家の分析として、射程が最大で1万3000キロに達する可能性があるという見方を示していました。

情報源:北朝鮮が飛しょう体発射 韓国メディア | NHKニュース


北朝鮮は29日午前7時ごろ、平壌近郊の順安(スナン)地区からミサイルとみられる発射体を東方向に発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。日本への着弾の可能性を知らせる全国瞬時警報システム(Jアラート)によれば、ミサイルは午前7時過ぎ、北海道地方から太平洋へ通過した模様だ。米韓などが発射体の種類などを分析している。(ソウル=武田肇)

情報源:北朝鮮、ミサイルを発射 北海道から太平洋へ通過の模様:朝日新聞デジタル


【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮が同日午前、平壌市の順安付近から東へミサイルを発射したと明らかにした。

北朝鮮が発射したミサイルの種類や射程などは確認できていない。

北朝鮮がミサイルを発射したのは先月29日、中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」を発射してから17日ぶり。当時、火星12は日本の上空を通過して北太平洋に向かった。

情報源:北朝鮮 平壌から東へミサイル発射=韓国軍


北朝鮮ミサイル 日本の上空通過 破壊措置なし

政府は、自治体などにメールで連絡するエムネット=緊急情報ネットワークシステムでさきほど情報を発信し、「北朝鮮から発射されたミサイルは、午前7時6分ごろ北海道地方から太平洋へ通過した模様です。なお、ミサイルの破壊措置の実施はありません。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察、消防、または海上保安庁に連絡して下さい」と伝えました。今後の飛行コースについて、現時点で発表はありません。

防衛省 日本の上空通過

防衛省によりますと、北朝鮮から発射されたミサイルは、日本の上空を通過したとみられますが、自衛隊の迎撃システムによる破壊措置の実施はなかったということです。

ミサイルの上空通過は6回目

北朝鮮が発射した弾道ミサイルが日本の上空を通過するのは、今回で6回目となります。

日本の上空通過が初めて確認されたのは平成10年8月で、北朝鮮東岸から発射された弾道ミサイルが東北地方の上空を越えて三陸沖に落下したと推定されています。

また、平成21年4月には人工衛星を打ち上げるとして、北朝鮮北東部のムスダンリから「テポドン2」かその改良型とみられる弾道ミサイルが発射され、東北地方の上空を通過し3000キロ以上飛行して太平洋上に落下したとみられています。

さらに、先月29日には、北朝鮮西岸のスナンから弾道ミサイル1発が発射され、北海道の渡島半島や(おしま)襟裳岬の上空を通過し、(えりもみさき)およそ2700キロ飛んで太平洋上に落下したと推定されています。

今回も事前通告なし

弾道ミサイルが日本の上空を通過したのは、先月29日に続いて6回目で、前回同様、国際機関への事前の通告はありませんでした。

情報源:北朝鮮ミサイル 日本の上空通過 破壊措置なし | NHKニュース


全国瞬時警報システム(Jアラート)によると、15日朝、北朝鮮からミサイルが発射され、北海道地方から太平洋へ通過した模様。

情報源:北朝鮮がミサイル発射 北海道から太平洋へ  – 産経ニュース


日本政府は15日朝、北朝鮮が発射したミサイルは日本上空を通過したと発表した。発射時刻は6時57分頃だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報源:北朝鮮がミサイル発射、日本通過し太平洋へ  :日本経済新聞


政府は15日朝、北朝鮮がミサイルを発射したと発表した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

情報源:北朝鮮がミサイル発射 日本政府が発表  :日本経済新聞


政府によると、北朝鮮は日本時間15日午前6時57分ごろ、北朝鮮西岸から東北地方に向けてミサイルが発射された。7時6分ごろ、北海道上空から太平洋に抜けた模様。政府はJアラートを発令して警戒を呼び掛けた。

情報源:北朝鮮:ミサイル発射 太平洋へ通過の模様 – 毎日新聞


JUST IN 政府「日本の領域への被害報告なし」9月15日 7時42分 北朝鮮ミサイル 北海道襟裳岬の東2000キロに着水9月15日 7時32分 北朝鮮が飛しょう体発射 韓国メディア9月15日 7時28分 北朝鮮からミサイル発射の模様 北朝鮮がミサイル発射の模様 北朝鮮がミサイル発射の模様

政府は、人工衛星を通じて自治体などに緊急に情報を伝えるJアラート=全国瞬時警報システムで、午前7時ちょうど北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県を対象に「北朝鮮からミサイルが発射された模様です。

建物の中、または地下に避難して下さい」と伝えました。

日本の上空を通過したり万が一国内に落下したりする場合、発射からおよそ10分かかるとみられますが、現時点で日本の上空を通過するかどうかなどの発表はありません。

情報源:北朝鮮がミサイル発射の模様 | NHKニュース



【発表時間】
2017年09月15日 7時07分
政府発表

【内容】
ミサイル通過。ミサイル通過。先程のミサイルは、北海道地方から太平洋へ通過した模様です。不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡して下さい。

【対象地域】
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
新潟県
長野県

情報源:国民保護情報 – Yahoo!天気・災害


【発表時間】
2017年09月15日 7時00分
政府発表

【内容】
ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。建物の中、又は地下に避難して下さい。

【対象地域】
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
新潟県
長野県

情報源:国民保護情報 – Yahoo!天気・災害


ハァ・・・