イグ・ノーベル賞 雌雄逆の昆虫発見 日本人研究者に生物学賞

ほぉ・・・


イグ・ノーベル賞 雌雄逆の昆虫発見 日本人研究者に生物学賞

ノーベル賞のパロディーとしてユニークな研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式がアメリカのハーバード大学で行われ、メスにオスのような生殖器がある昆虫を発見した北海道大学などの研究者が「生物学賞」に選ばれ、日本人の受賞は11年連続となりました。

「イグ・ノーベル賞」は、1991年にノーベル賞のパロディーとしてアメリカの科学雑誌が始めた賞で14日、ハーバード大学で、授賞式が行われました。

このうち、「生物学賞」は北海道大学の吉澤和徳准教授と、慶応大学の上村佳孝准教授らが受賞し、日本人は11年連続の受賞となりました。

吉澤准教授らは、ブラジルの洞窟で、メス側の生殖器が伸縮可能な形で、オスの腹部に差し込まれる「チャタテムシ」の仲間の昆虫を発見しました。

この昆虫は、メスがオスの腹部から精子を受け取って生殖するということで、性の違いを考えるのに重要な示唆を与えるとされています。

研究内容が発表されると、会場は困惑した雰囲気になりましたが、吉澤准教授らが「世界中の辞書には、男性の生殖器は男性のものと書かれていますが、私たちの発見によってすべて時代遅れになりました」と話すビデオメッセージが紹介されると、笑いと拍手に包まれました。

会場で研究内容を聞いていた女性は、「私の友人にも性の区別を超えて生きている人がいるので、興味深い研究だと思いました」などと話していました。

吉澤准教授「ほとんど見向きもしなかった」

北海道大学の吉澤和徳准教授が研究対象としたのは、「チャタテムシ」。私たちの家の中でも見つけることができるごくありふれた昆虫のため、ほかの研究者は、ほとんど見向きもしなかったといいます。

吉澤さんは「自分は、チャタテムシ研究の第一人者と思っているが、それは、日本で研究しているのは、私ぐらいしかいないためで世界的に見ても数人しかいないのでは」と話しています。

このため吉澤さんが研究をスタートさせると国内外から新種のチャタテムシを次々と発見することができたといいます。中でも光が届かず、エサもわずかしかないため生物が独自の進化を遂げる可能性がある洞窟に着目したところオスとメスの生殖器の逆転という世界的にも例がない研究成果にたどりつけたということです。

今回の授賞式も九州地方の洞窟での調査があり出席できなかったという吉澤准教授は「とても著名な賞ですし、すごくうれしく思いました。われわれの感じている性の差がどうして生じたのか、わかっていない部分も多いのでこれからも研究を進めたい」と話しています。

日本からの受賞11年連続「すごいことだと思う」

イグ・ノーベル賞を主催しているマーク・エイブラハムズさんは、日本からの受賞が11年続いていることについて「日本は、世界中が必要としている電気製品や自動車を作ってきたように、イグ・ノーベル賞受賞者を生み出す方法を見つけ出したのではないか。世界がどう思っているかはわからないが、私はすごいことだと思う。日本の研究者がほかのものをコピーするのではなく、独自の新しいものを考えていることを示していると思う」と評価しています。

そのうえで、日本の研究者へのメッセージとして「純粋に新しいことを試したいと考えるのはすばらしいことで、それが笑える内容ならば、なおのことすばらしい。ずっと続けていってほしい」と話しています。

受賞したほかの研究は

イグ・ノーベル賞は、「人を笑わせ、そして考えさせる」、独創的でユニークな研究をたたえるもので10の部門に贈られました。

このうち、「平和賞」は、オーストラリアの先住民アボリジニの木管楽器を日常的に演奏することが睡眠時無呼吸症候群やひどいいびきの改善に役立つかどうかを調べたスイスやカナダなどの研究グループに贈られました。

「経済学賞」は、ワニと接触することで、ギャンブルにのめり込む度合いがどう変わるのかを実験したオーストラリアなどの研究者が受賞しています。

自然科学の部門では、「解剖学賞」を、なぜ年配の男性は耳が大きいのかを医学的に調べたイギリスの研究者、「医学賞」をチーズが嫌いな人がチーズをどれくらい嫌がっているかを最新のMRIを使って脳内の様子を調べたフランスなどの研究グループ、「認識賞」を一卵性双生児の多くは、写真では自分たちを見分けられないことを明らかにしたイタリアなどの研究グループが受賞しています。

さらに、アジアからは日本以外に韓国の研究者が、コーヒーの入ったカップを持って後ろ向きに歩いたときにコーヒーがどのように波打つかを解析した研究で「流体力学賞」を受賞しました。

情報源:イグ・ノーベル賞 雌雄逆の昆虫発見 日本人研究者に生物学賞 | NHKニュース


2017年のイグ・ノーベル賞「生物学賞」を受賞した北海道大の吉沢和徳(手前右)、慶応大の上村佳孝(手前左)両准教授ら国際共同研究チームのメンバー(吉沢氏提供)=16年3月、ブラジル・ミナスジェライス州
2017年のイグ・ノーベル賞「生物学賞」を受賞した北海道大の吉沢和徳(手前右)、慶応大の上村佳孝(手前左)両准教授ら国際共同研究チームのメンバー(吉沢氏提供)=16年3月、ブラジル・ミナスジェライス州

【ニューヨーク時事】独創的でユーモラスな研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の2017年の授賞式が14日、米マサチューセッツ州のハーバード大であり、雄と雌で生殖器の形状が逆転している昆虫の存在を明らかにした北海道大の吉沢和徳(46)、慶応大の上村佳孝(40)両准教授らの国際共同研究チームが「生物学賞」を受賞した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は11年連続。

体内受精する生物は、ほぼ例外なく雄が雌の体に生殖器を挿入して交尾する。しかし、研究チームは、ブラジルの洞窟で見つかったチャタテムシの一種を調べ、雌が伸縮する突起状の生殖器を持ち、雄の穴状の生殖器に挿入することを突き止めた。

雌が突起状の生殖器を雄の体に挿入して交尾する昆虫「トリカヘチャタテ」(吉沢和徳・北海道大准教授提供)
雌が突起状の生殖器を雄の体に挿入して交尾する昆虫「トリカヘチャタテ」(吉沢和徳・北海道大准教授提供)

交尾の際、雄は精子とともに栄養物質を雌に渡していることから、研究チームは、この栄養をめぐる雌同士の競争が激しくなったと分析。多くの生物と異なり、雌の交尾に対する積極性が雄を上回った結果、雌の生殖器の進化と雄の適応を促したと結論付けた。

この虫は、平安時代の宮中を舞台に性別を取り換えて育てられた男女を描いた古典「とりかへばや物語」にちなみ、「トリカヘチャタテ」と名付けられた。研究チームは14年、一連の成果をまとめた論文を米学術誌に発表した。

研究チームは調査のため授賞式を欠席したが、チャタテムシの探索先である高知県の洞窟で撮影したビデオメッセージで喜びを報告。「われわれの発見でペニスを男性器と説明している世界中のあらゆる辞書が時代遅れになった」とのコメントに、会場は笑いと拍手に包まれた。(2017/09/15-08:36)

情報源:「生殖器逆転」の昆虫発見=北大准教授らにイグ・ノーベル賞-米:時事ドットコム



へぇ・・・