広島逆転M1 虎負け胴上げ待てどお預け…26年ぶり本拠地胴上げ今度こそ

土日は雨の予報・・・


スコアボードに映し出された阪神対巨人の結果を見つめる広島ナイン(撮影・堀内翔)
スコアボードに映し出された阪神対巨人の結果を見つめる広島ナイン(撮影・堀内翔)

「広島5-4DeNA」(14日、マツダスタジアム)

今季41度目の逆転勝ちで広島がDeNAを撃破して、ついに優勝マジックは1。16日のヤクルト戦に勝つか引き分け、負けても2位・阪神が同日の中日戦に負けるか引き分けるかで球団37年ぶりのリーグ連覇が決まる。ゴールテープは目前。26年ぶりの本拠地胴上げに向け、緒方鯉が突き進む。

一瞬のため息の後、今季最多の観客をのみ込んだマツダスタジアムが大きな拍手に包まれた。試合後。大型ビジョンに甲子園での阪神-巨人戦が映し出される。2-2の延長十二回。巨人が無得点に終わり、阪神の負けがなくなった。リーグ連覇達成はお預け。それでも再びグラウンドに出た緒方監督の表情は晴れやかだった。

「すごい試合だった。一度はひっくり返された中で選手たちがよく頑張った。ピンチの連続でも最後の力を振り絞ってね。やることはやった」。チームの底力を示す今季41度目の逆転勝利に、指揮官はナインを称える言葉を並べた。

大一番でも普段着野球を貫いた。0-0の二回。松山が右中間席へ先制の13号ソロ。さらに新井が左中間突破の二塁打を放って続くと、バティスタの左前適時打で2点目を奪った。4-4の八回にはバティスタの右犠飛で決勝点をもぎ取った。

投手陣もピンチの連続を耐え抜いた。4-4の八回。無死満塁のピンチを招いた今村が無失点。5-4の九回で出番が来た中崎は1死一、二塁を併殺打で試合を締めた。先発投手の完投は4度。チームを支え続けてきた救援陣の粘投が頼もしかった。

優勝マジック2でこの日を迎えた。37年ぶりのリーグ連覇を目前に、球場はこれまでにない独特な雰囲気に包まれた。ビールかけ会場の設営が進み、選手出入り口の廊下は、赤いカーペットが敷かれた。

右足首を骨折して離脱した鈴木や胃がんからの復帰を目指す赤松、選手会長の小窪らも駆けつけた。だが、浮かれることなくグラウンドに立ち、緒方監督は「今年のウチの戦いをやってくれた」と目尻を下げた。

優勝マジックは1。16日のヤクルト戦で勝つか引き分けるかで、26年ぶりに本拠地での優勝が決まる。「勝てば自動的に決まる。あさってのヤクルト戦に向けて準備をしたい」。緒方監督は力を込めた。真っ赤に染まる地元で、栄冠を自分たちの手でつかみ取ろう。

情報源:広島逆転M1 虎負け胴上げ待てどお預け…26年ぶり本拠地胴上げ今度こそ/デイリースポーツ online


マジック1として笑顔の新井(右端)ら広島ナイン
マジック1として笑顔の新井(右端)ら広島ナイン

セ・リーグ 広島5―4DeNA ( 2017年9月14日 マツダ )

広島の優勝が持ち越しとなり、最短優勝決定日がソフトバンクと同じ16日になった。両リーグの優勝球団が同日に決まると、58年10月2日の巨人、西鉄以来59年ぶり4度目。ともに自力で同日Vとなれば史上初。

なお、パが前後期制を採用していた81年には、9月23日に日本ハムの後期優勝と巨人のリーグ優勝が決まった例もある。

情報源:58年巨人&西鉄がセパ同日V ともに自力Vなら史上初― スポニチ Sponichi Annex 野球


攻撃前に盛り上げる広島ファン
攻撃前に盛り上げる広島ファン

セ・リーグ 広島5―4DeNA ( 2017年9月14日 マツダ )

広島がマツダスタジアムでヤクルトと戦う16日、広島地方は降水確率60%。予報では台風18号の接近で15日夜遅くから上空は湿った空気に覆われ、雨が降り始めるとされている。試合開始予定は午後2時で、雨の影響を受けそうだ。マジック対象チームの阪神は甲子園で中日とデーゲーム。神戸地方も降水確率は70%と高い。

17日は台風が広島を通過する予報。降水確率80%で、暴風を伴う可能性が高い。午後1時30分開始予定の試合開催は微妙で、甲子園も同様だ。18日は甲子園に移って阪神戦。台風は東海・関東地方へ移動するとみられているが、降水確率は60%となっている。

ソフトバンクが西武と戦う16〜18日のメットライフドームも台風の影響で降水確率はいずれも高い。屋根付きだが、風の影響を受ける球場構造なので予断は許さない。

情報源:広島、本拠V最大の敵は台風?16日は雨予報、17日は台風通過か― スポニチ Sponichi Annex 野球


マジックを1とし、ハイタッチをかわす広島ナイン
マジックを1とし、ハイタッチをかわす広島ナイン

セ・リーグ 広島5―4DeNA ( 2017年9月14日 マツダ )

広島の優勝が持ち越しとなり、最短優勝決定日がソフトバンクと同じ16日になった。両リーグの優勝球団が同日に決まると、58年10月2日の巨人、西鉄以来59年ぶり4度目。ともに自力で同日Vとなれば史上初となるがどうか。パが前後期制を採用していた81年には、9月23日に日本ハムの後期優勝と巨人のリーグ優勝が決まった例もある。

両リーグの首位チームが同日にマジック1となったのは93年10月11日のヤクルト、西武以来24年ぶり。ただし、この年は西武が10月3日にM1としながらその後11日まで0勝4敗1分けと足踏み。ヤクルトは10日のM3から翌11日の中日戦に勝ち、マジック対象の中日が敗れ一気に2つ減らしM1としたもの。

現行のマジックナンバーが普及された70年以降では、87年に巨人が10月7日、西武が翌8日にM1としたのが最も近いケース。同日にそろってM1となったのは初めてだ(パの2期制時を除く)。

情報源:セパ同日M1は24年ぶり 93年ヤクルト&西武以来― スポニチ Sponichi Annex 野球


このままの気象予報では阪神の負けか引き分けを期待するしかなさそう・・・