遺伝の「優性」「劣性」表現を変更へ 教科書の変更も | NHKニュース

ふむ・・・


遺伝の「優性」「劣性」表現を変更へ 教科書の変更も

遺伝の研究者などで作る日本遺伝学会は、遺伝子の特徴を示す「優性」や「劣性」という用語について、一方が劣っているかのような誤解や偏見につながりかねないとして使用しない方針を決め、今後、教科書の変更を国に求めることになりました。

遺伝学には、ある遺伝子が関係している特性について、実際の現れやすさを示す用語として「優性」と「劣性」という表現が使われています。

日本遺伝学会はこの用語について、一方が劣っているかのような誤解や偏見につながりかねないとして、今後は使用しない方針を決めました。今後は「優性」は「顕性」に、「劣性」は「潜性」という用語を使うということです。

このほか、遺伝子に何らかの変化が起きる「突然変異」という用語は「突然」を除いて「変異」とするなど、100ほどの用語について表現の変更を提案しています。

学会では今後、教科書の変更を求め、文部科学省に要望書を提出することにしています。

日本遺伝学会の会長で、東京大学の小林武彦教授は「遺伝子に関係する用語がより身近になってきた時代だからこそ適切な表現を使ってほしい」と話しています。

情報源: 遺伝の「優性」「劣性」表現を変更へ 教科書の変更も | NHKニュース

へぇ・・・