中国の大手ビットコイン取引所、取引停止を発表 ビットコイン急落

ハァ・・・


中国政府による仮想通貨取引に対する取り締まりが今後さらに強化されるとの見方が高まる中、BTC Chinaは、現地時間9月30日から取引を一時停止すると述べている。

中国で最大規模を誇る仮想通貨取引所のBTC Chinaは14日、新規アカウントの登録を受け付けず、BTC Chinaでの取引を9月末に停止すると述べた。

今回の決定は、中国証券監督管理委員会が中国人民銀行や他の関連規制当局とともに9月に入って発行した通知を「慎重に検討した結果」であると同社は述べた。

中国政府は、新規仮想通貨公開(ICO:Initial Coin Offering)について、違法な形式だとして懸念を示していた。「経済的および財政的秩序」を乱す恐れのある詐欺や違法な金融活動に関連する可能性が高いと述べていた。中国政府はその後、中国における一切のICOを禁止し、実施中のICOに関与する組織および個人に対して返金を手配するように指示している。

その後の複数の報道は、中国政府が仮想通貨取引所をさらに取り締まる可能性を示唆していた。しかしまだ公には発表されていない。

BTC Chinaによると、マイニングプールなどの他のサービスに影響はなく、これまでどおり顧客に提供されるという。

原文

情報源:中国の大手仮想通貨取引所BTC China、9月末で取引停止へ – CNET Japan


中国の大手ビットコイン取引所・ビットコインチャイナが、9月30日でビットコインの取引を停止すると発表した。これを受け、ビットコイン価格は急落している。

中国の大手ビットコイン取引所・ビットコインチャイナは9月14日夜(現地時間)、ビットコインの取引を9月30日で停止すると発表した。これを受け、ビットコイン価格は急落。ビットコインチャイナでの取引価格は一時27万円前後(日本円換算)を付け、直近24時間の最高値(日本円換算で42万円前後)から約35%下落した。

ビットコインチャイナの告知
ビットコインチャイナの告知

中国の中央銀行・中国人民銀行は4日、仮想通貨を使った資金調達「ICO」(Initial Coin Offering:新規仮想通貨公開)について、「金融秩序を乱す違法な金融事業活動」だとし、禁止すると発表していた。中国当局は、中国の仮想通貨取引所の閉鎖を計画しているとも噂されていた。

ビットコインチャイナは14日、「政府の4日の発表を慎重に検討した結果、9月30日にすべての取引を止める」と発表。既に新規ユーザーの登録受付を中止した。中国のほかの取引所も閉鎖する可能性がある。

ビットコイン価格は、8月の分裂騒動が落ち着いてからは一貫して上昇基調で、9月頭には一時55万円を超える高値を付けていた。その後は徐々に値を下げ、13日、米大手銀行JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOが「ビットコインは詐欺であり、崩壊する」と発言したと報じられたことで一時4%ほど急落。14日のビットコインチャイナの閉鎖発表で、一気に暴落した形だ。

関連リンク

情報源:中国の大手ビットコイン取引所、取引停止を発表 ビットコイン急落 – ITmedia NEWS


ふむ・・・