年金支給漏れ10万人 厚労省、計598億円に 処理ミス、公務員妻ら対象

ふむ・・・


厚生労働省は13日、システムの不備や事務処理ミスによって、10万6千人に対して約598億円の公的年金の支給漏れがあったと発表した。1人当たり平均で約56万円。「振替加算」という上乗せ年金部分が未払いになっていた。これまでに支給漏れが散見されたため総点検したところ、判明した。未払い分は日本年金機構を通して11月中に全額を支給する。

個別にその都度対応してきたが近年、訂正が増えていることをうけ、1991年から総点検した。支給漏れのあった対象者の96%は、夫婦どちらかが公務員で、共済年金に加入しているケース。約4割が国家公務員で残りは地方公務員などだ。支給漏れは同日開かれた社会保障審議会(厚労相の諮問機関)年金事業管理部会に報告した。

公的年金は世帯単位で設計され、厚生年金や共済年金に加入していた夫には妻の扶養手当ともいうべき「加給年金」という年金がつく場合がある。加給年金は妻が65歳になると支給停止になるが、世帯の年金が激減しないように今度は妻に「振替加算」がつく仕組みになっている。

この振替加算を受け取る人の情報が正確に伝わっていなかったことから支給漏れが発生したもよう。1人当たりの未払い額は最高で590万円になる場合もあるという。この人の場合は20年以上もの間、未払いが続いていたようだ。

未払いが判明した人に対しては日本年金機構が通知のうえ、11月に未払い分を一括して支給する。対象者が死亡しているケースも約4000件あるとみられる。未払い分を受け取る権利がある遺族がいる場合は、その人に未払い分が支給される。

情報源:年金支給漏れ10万人 厚労省、計598億円に 処理ミス、公務員妻ら対象


今回死球漏れがハックした振替加算のイメージ
今回死球漏れがハックした振替加算のイメージ

厚生労働省は13日、65歳から受け取る基礎年金に一定額を上乗せする「振替加算」について、1991年以降、元公務員の妻ら10万5963人分、計約598億円の支給漏れがあったと発表した。

未払い額としては過去最大規模で、厚労省は日本年金機構を通じ、11月中旬に全額を支給する。年金機構と共済組合の連携不足が主な原因で、厚労省はシステム改修などの再発防止策を進める。

振替加算は、国民皆年金となった86年以前に国民年金に任意加入しておらず、年金額が低い人に配慮して91年に導入された。配偶者が65歳になるまでは厚生年金の受給者が加給年金として加算分を受け取り、配偶者が65歳になってからは配偶者本人の基礎年金に振替加算として上乗せする。

情報源:年金598億円支給漏れ、公務員の妻ら10万人 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


振り替え加算の仕組み(イメージ)
振り替え加算の仕組み(イメージ)

厚生労働省は13日、専業主婦世帯などを対象にした年金の加算制度で事務処理ミスなどがあり、1991年からの26年間で10万5963人に計598億円の支給漏れがあったと公表した。一度に判明した支給漏れとしては過去最大。会社員向けの厚生年金と公務員らの共済年金(2015年に厚生年金と統合)の情報の連携が十分でなかったことが主因で、支給漏れの96%は夫婦の一方が共済年金を受給している人だった。11月上旬にお知らせを送付し、同15日に支払う予定。

厚生、共済両年金に20年以上加入していた受給者に65歳未満の配偶者がいる場合などに、「加給年金」と呼ばれる加算がつく。配偶者が65歳になって基礎年金を受給するようになると、加給年金は打ち切られ、代わりに配偶者の基礎年金に一定の基準で振り替えて加算される。現在の額は月6000~1万9000円程度。この振り替え加算制度でミスがあった。支給漏れは、1人当たり最高で590万円、平均56万円に上る。

振り替え加算を巡るミスはこれまでも起きていたが、14年度以降に急増。日本年金機構が昨年11月から総点検を実施し、全体像が判明した。

主な要因は厚生年金と共済年金の情報の連携不足。15年の統合に伴い整備された連携システムを活用して調べたところ、5万2908人、260億円の支給ミスがあった。このほか、年金の支給開始年齢が60歳から65歳に段階的に引き上げられるなど制度が複雑化したことも影響していた。また、振り替え加算を受け取るには加入者の届け出が必要な場合もあり、これが漏れているケースもあった。

支給漏れの対象者には時効にかかる分も支払う。死亡している対象者約4000人については、生計が同じ3親等以内の親族に支給する。

厚労省の竹林悟史年金局事業管理課長は「支払われるべきものが正しく支払われなかったことは申し訳ない」と話した。再発防止のため、今後機械的に情報照会できるようシステムを改修し、加入者からの届け出を不要にするよう省令を改正する。【山田泰蔵】

【ことば】振り替え加算

厚生年金と共済年金のいずれかに20年以上加入していた受給者に、扶養する65歳未満の配偶者や18歳未満の子ども(障害があれば20歳未満)がいる場合には、「加給年金」として一定額が上乗せ支給される仕組みがある。「老後の扶養家族手当」という位置付けで、配偶者に厚生年金の加入期間が20年以上ある場合は支給されない。配偶者が65歳に達すると加給年金は終了するが、条件を満たせば、配偶者が受給する基礎年金に、年齢に応じ月6000~1万9000円程度が「振り替え加算」として上乗せ支給されている。1986年施行の制度改正で、それまで任意加入だった専業主婦の救済策として導入が決まり、91年に支給が始まった。振り替え加算の対象は26年4月2日~66年4月1日生まれの配偶者。

情報源:<年金>598億円支給漏れ 91年~、公務員妻ら10万人 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース


130811Lens_chart_01

情報源:日本年金機構

情報源:振替加算の総点検とその対応について


ハァ・・・