広島 バティスタが勝ち越しの10号ソロ 二回の加点打に続き2打点/デイリースポーツ online

3回に逆転されるも同じ回の裏に追いつき、4回裏先頭打者バティスタ。


4回広島無死、右越えに勝ち越しソロを放つサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
4回広島無死、右越えに勝ち越しソロを放つサビエル・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島-DeNA」(14日、マツダスタジアム)

優勝マジック「2」の広島が四回に勝ち越しに成功した。

3-3で迎えた四回、先頭打席に入ったバティスタが右中間席への勝ち越し10号ソロを放った。バティスタは二回にも左前適時打を放っており「高めの球をコンパクトにスイングしていこうと心がけていたので、上手く打てて良かったよ」と振り返っていた。

育成契約だったバティスタはシーズン中に支配下選手登録され、6月3日のロッテ戦で代打で初打席初本塁打。翌日の同戦でセ・リーグ初の初打席から2打席連続代打本塁打を放つ衝撃のデビューを飾った。

広島にとって37年ぶりの連覇を懸けた一戦。4番・松山は二回に先制の13号ソロを放ったほか、1点ビハインドで迎えた三回にも左前への同点タイムリーを放ち試合を振り出しに戻していた。

なおこの日、広島がDeNAに勝利し、阪神が巨人に敗れれば、リーグ優勝が決まる。

情報源: 広島 バティスタが勝ち越しの10号ソロ 二回の加点打に続き2打点/デイリースポーツ online



バティスタの、勝ち越しとなるソロホームランで逆転。