戦艦長門の軍艦旗 ホノルル市から新潟 長岡に寄贈へ | NHKニュース

へぇ・・・


戦艦長門の軍艦旗 ホノルル市から新潟 長岡に寄贈へ

ハワイのホノルル市で保管されていた旧日本海軍の戦艦「長門」の軍艦旗が、姉妹都市の新潟県長岡市に寄贈されることになりました。

旧日本海軍の戦艦「長門」は、日本がハワイの真珠湾を攻撃した際、長岡市出身で連合艦隊司令長官だった山本五十六が艦上で指揮を執り、その後、昭和21年にアメリカによって沈められました。

関係者によりますと、甲板に掲げられていた軍艦旗は、ハワイのホノルル市にある戦艦ミズーリ記念館で保管されていましたが、去年12月、長岡市の市長が姉妹都市としての平和交流活動の一環で真珠湾攻撃の追悼式典に出席した際に、記念館から軍艦旗の寄贈の申し出があったということです。旗は来月上旬に贈られる予定で、長岡市などが保管場所の調整を進めています。

戦艦ミズーリ記念館は長岡市に対し、「複数ある長門の軍艦旗のうち、今回の旗は、アメリカに接収される直前まで実際に甲板に掲げられていたものと推測できる。歴史上貴重な軍艦旗を山本五十六の出身地にお返しできることを光栄に思う」と話しているということです。

情報源: 戦艦長門の軍艦旗 ホノルル市から新潟 長岡に寄贈へ | NHKニュース

ほぉ・・・