プロ野球 広島とソフトバンク ともにマジック「4」 | NHKニュース

試合には負けたけど、マジックの対象チームが負けたから・・・


プロ野球 広島とソフトバンク ともにマジック「4」

プロ野球は5試合が行われ、セ・リーグは広島、パ・リーグはソフトバンクの優勝へのマジックナンバーがそれぞれ1つ減り、ともに「4」となりました。

セ・リーグ 広島の連勝は9でストップ

セ・リーグ 広島の連勝は9でストップ

広島対DeNAは、DeNAが3対1で勝ちました。

DeNAは、2回、9番・倉本選手の2点タイムリーツーベースヒットなどで3点を先制しました。先発のウィーランド投手は6回1失点と好投して8勝目を挙げ、チームの連敗を4で止めました。
広島は連勝が9で止まりました。

阪神対巨人は、延長12回、規定により5対5で引き分けました。

阪神は、1回、福留選手の2点タイムリーヒットなど序盤で5点をリードしました。

巨人は、このあと追い上げ9回には代打の橋本到選手のヒットが相手のエラーを誘って、5点差を追いついて延長に持ち込みましたが、両チームともに決め手を欠き、引き分けました。

この結果、阪神は3年ぶりとなるシーズン勝ち越しが決まっています。

阪神が引き分けたことで、広島の優勝へのマジックナンバーが1つ減り「4」となりました。

ヤクルト対中日は、中日が8対1で勝ちました。

中日は、1回、福田選手の2点タイムリーヒットで先制し、3回にも6番・阿部選手から3連続タイムリーが出て4点を奪うなど、優位に試合を進めました。先発のベテラン・山井投手は6回1失点の好投で2勝目を挙げ、チームの連敗を「3」で止めました。

ヤクルトは、先発の石川投手は3回6失点と崩れ、自身11連敗となりました。

パ・リーグ 楽天敗れソフトバンクのマジック1減る

パ・リーグ 楽天敗れソフトバンクのマジック1減る

日本ハム対楽天は、日本ハムが7対0で勝ちました。

日本ハムが、ピッチャーとしては、先月31日以来、今シーズン3試合目の先発の大谷投手が6回途中1安打無失点と好投し、去年9月28日以来およそ1年ぶりとなる今シーズン初勝利を挙げました。

楽天は、ここまで9勝の美馬投手が5回5失点と先発の役割を果たせませんでした。

この結果、ソフトバンクの優勝へのマジックナンバーが1つ減り「4」となりました。

ロッテ対オリックスは、ロッテが7対5で勝ちました。
ロッテは、5対5の同点とされた直後の8回、荻野選手のタイムリーヒットなどで2点を勝ち越し、9回を内投手が締めて連敗を4で止めました。
オリックスは、打線が粘りをみせましたが、投手陣が粘れず3年連続のロッテ戦負け越しが決まりました。

情報源: プロ野球 広島とソフトバンク ともにマジック「4」 | NHKニュース

明日は勝ってほしいな・・・