パナソニック、液晶テレビ11万台をリコール ねじ緩み転倒の恐れ

ふむ・・・


パナソニック 液晶テレビのスタンドに不具合 無料修理へ

大手電機メーカーのパナソニックは、液晶テレビを支える据え置き用のスタンドに不具合が見つかり、本体を回転させると転倒するおそれがあるとして、11万3000台余りを無料で修理すると発表しました。

無料修理の対象となるのは、パナソニックが平成23年12月から平成25年6月まで輸入・販売した42型から55型の液晶テレビに付属するスタンド11万3462台です。

会社によりますと、これらの製品では、平成24年以降、本体がスタンドから外れるなどして倒れる事故が12件起き、ことし3月には、倒れたテレビが1歳の子どもに当たる事故も起きたということです。ただ、この子どもを含め、けが人の情報はないということです。

会社が原因を調べたところ、テレビの向きを繰り返し変えるうちにスタンドの樹脂が変形し、本体を固定するねじが緩むことがわかったということです。

パナソニックは、使っている人から連絡があれば、社員を出向かせるなどして無料で修理することにしています。

問い合わせの電話番号は0120-878-590です。

情報源:パナソニック 液晶テレビのスタンドに不具合 無料修理へ | NHKニュース


パナソニックは13日、液晶テレビ「ビエラ」の「ET5」「E5」シリーズの4機種計11万3462台をリコール(無料の回収と交換)すると発表した。左右の回転動作を繰り返すと、据え置き台のねじが緩んで転倒する恐れがあるため、無料で部品を交換する。けが人は出ていないという。

リコール対象は、平成23年12月~25年6月に製造した「TH-L55ET5」「TH-L47ET5」「TH-L42ET5」「TH-L42E5」の4機種。

神奈川県で今年3月、55型のテレビが転倒し、当時1歳の男児の体に当たる事故があったとの報告を受け、調査を開始。平成26年10月以降、転倒して修理した事例が全国で計12件あったことが判明した。

問い合わせはフリーダイヤル(0120)878590。同社ホームページでも部品交換を受け付ける。

情報:パナソニック、液晶テレビ11万台をリコール ねじ緩み転倒の恐れ:イザ!


日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、弊社が2011年12月から2013年6月までに製造した液晶テレビの4品番におきまして、テレビ本体を水平回転させると、据置きスタンドを止めているねじの緩みやがたつきが発生し、その状態で回転動作を継続した場合、テレビ本体が転倒する可能性があることが判明しました。
つきましては、今後も安心してお使いいただくため、据置きスタンドの無料部品交換を実施させていただきます。

おそれいりますが、液晶テレビの品番をご確認のうえ、対象製品をご使用のお客様は、下記のお問い合わせ先までご連絡をお願い申し上げます。

また、部品交換が終わるまで、テレビの回転機能を使用されないようお願い申し上げます。
ご愛用のお客様には、大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2017年9月13日
パナソニック株式会社


対象となる製品

ブランド 液晶テレビ品番 輸入・製造期間
Panasonic TH-L55ET5 2012年1月~2013年6月
TH-L47ET5 2011年12月~2013年6月
TH-L42ET5 2012年2月~2012年12月
TH-L42E5 2012年4月~2012年12月

対象製品の確認方法

ご使用いただいている液晶テレビ正面中央下部、Panasonicブランドロゴの下に記載している「TH-」から始まる品番をご確認ください。

商品写真:テレビ正面と品番記載位置の拡大写真

無料部品交換の内容

対象製品をお持ちのお客様には、据置きスタンドの部品交換を無料で実施させていただきます。

お客様には大変お手数をおかけすることになりますが、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

情報源:リコール社告 パナソニック 液晶テレビ据置きスタンドの無料部品交換のお知らせ|アプライアンス社|Panasonic


ハァ・・・