M4広島、初回に7安打集中して一挙6点奪い逆転

初回に2点をリードされた1回裏、固め打ちで一挙6点。


"<広・D
1回2死一、二塁、岩本に右前適時打を打たれる飯塚 ” class=”size-medium” /> <広・D>1回2死一、二塁、岩本に右前適時打を打たれる飯塚

DeNAの飯塚悟史投手(20)が13日、広島22回戦(マツダ)に先発登板。味方打線に初回2点を先制してもらいながら、その裏7安打を許して6点を失い、プロ最短となる1回KOを喫した。

飯塚は1番・田中にカウント3ボール1ストライクからの5球目、真ん中高めに入った直球を左翼席に運ばれ先頭打者アーチを許すと、続く2番・菊池に左翼線二塁打され、無死二塁。3番・丸、4番・松山は打ち取ったが、5番・新井が叩きつけた三遊間への当たりが内野安打となり、2死一、三塁。ここで打席に入った6番・安部に左前適時打を許してあっという間に2―2の同点に追いつかれた。

だが、リーグ連覇へ王手をかけたい広島打線の勢いはまだ止まらない。続く7番・岩本にも右前適時打を打たれて勝ち越しを許すと、8番の磯村は敬遠して満塁策を取ったが、9番に入っていた先発投手の中村祐にも内野安打で適時打を許して4失点目。さらに打者一巡で初回から2打席目が回ってきた田中にも中前へ2点適時打を打たれた。

飯塚は2回表に8番打者として打席に入り空振り三振。続投と思われたが、その裏、マウンドには2番手・三嶋が上がって降板となった。飯塚の投球内容は1回で打者11人に対して42球を投げ、7安打6失点。1三振を奪い、与えた四球は1つだった。

情報源:DeNA・飯塚 プロ最短1回KO 2点先制直後に6失点― スポニチ Sponichi Annex 野球


1回広島無死、左越えへソロを放つ広島・田中広輔=マツダスタジアム(撮影・田中太一)
1回広島無死、左越えへソロを放つ広島・田中広輔=マツダスタジアム(撮影・田中太一)

「広島-DeNA」(13日、マツダスタジアム)

広島・田中広輔内野手が、今季初となる先頭打者本塁打を放ち、一挙6点の猛攻につなげた。

2点を奪われた直後の初回。カウント3-1からの5球目、飯塚が投じた高めの137キロ直球を捉えた。高々と舞い上がった打球は左翼席ポール際への7号ソロ。「レフトフライかなと思いました。思ったよりも飛んでくれてよかったですね」。昨年の6月12日・楽天戦以来となる通算5本目の先頭打者アーチとなった。

この一打から打線がつながり、安部の左前適時打で同点とし、岩本の右前適時打で逆転。中村祐の適時内野安打、田中の左前2点適時打が飛び出し、7安打で一挙6点を奪った。田中は1イニング2安打3打点の活躍となった。

情報源:広島・田中、打線に火つける先頭打者アーチ「レフトフライかなと思いました」/カープ/デイリースポーツ online


1回広島無死、左越えに先頭打者本塁打を放ち、丸佳浩(右)らとタッチを交わす田中広輔=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1回広島無死、左越えに先頭打者本塁打を放ち、丸佳浩(右)らとタッチを交わす田中広輔=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島-DeNA」(13日、マツダスタジアム)

優勝マジックを「4」としている広島が初回に一挙6点を奪い逆転した。

2点を先制された広島は初回、田中の7号の先頭打者本塁打で反撃ののろしをあげた。2死一、三塁から安部の左前適時打で同点とし、岩本の右前適時打で勝ち越した。なおも2死満塁から中村祐の三塁適時内野安打、田中の左前2点適時打で打者11人、7安打で一挙6点を奪った。

情報源:M4広島、初回に7安打集中して一挙6点奪い逆転/デイリースポーツ online



3回・4回に一点づつとられて、2点差に縮む・・・