こども保険「賛同できない」 榊原定征経団連会長:イザ!

ふむ・・・


経団連の榊原定征会長は11日の定例会見で、自民党が保育や幼児教育の無償化財源として提案する「こども保険」に対し、「課題が多く経済界としては賛同できない」と述べた。

また、企業経営者が年金を自主的に返上して、教育無償化の財源に追加する自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長の提案に対しても「返上はあくまでも個人の判断であって、財源とはならない」と否定的な見解を示した。

榊原氏はこども保険について「受益者は未就学児がいる世代のみで、子育てを終えた人や子供のいない人たちに負担が生じる。受益と負担のバランスが悪い」と反対理由を説明した。

こども保険については、日本商工会議所の三村明夫会頭、経済同友会の小林喜光代表幹事も反対意見を表明している。

情報源: こども保険「賛同できない」 榊原定征経団連会長:イザ!

ハァ・・・