阪神に3連勝しハイタッチでナインを迎える広島・緒方孝市監督=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)"

広島、6連勝でマジック「8」阪神に逆転勝ちで3連戦3連勝

広島6-4阪神、阪神に3タテでマジック「8」


5回広島2死三塁、西川龍馬の適時二塁打で生還し、笑顔でナインとタッチを交わす三走・安部友裕=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
5回広島2死三塁、西川龍馬の適時二塁打で生還し、笑顔でナインとタッチを交わす三走・安部友裕=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

「広島6-4阪神」(7日、マツダスタジアム)

広島が逆転勝ちで6連勝、優勝へのマジックを「8」とした。

2-4で迎えた五回、1死一、三塁の好機で丸が右前適時打。続く松山の左犠飛で同点。なお2死一塁から安部が左中間を破る三塁打で勝ち越し。西川も右翼線適時二塁打を放ち、一気の逆転劇で阪神を突き放した。同一カード3連戦3連勝で、2年連続のリーグ制覇に大きく前進した。

この日もヒーローとなったのはこの3連戦大暴れの安部だ。初戦は逆転サヨナラ2ランを含む3安打。前夜は同点タイムリー、そしてこの日は勝ち越しのタイムリーを含む猛打賞。安部は「上位がつないでくれたんで、それを無駄にしないように思いで打席に入りました」と勝ち越しの場面を振り返った。

この日もホームランが出れば、サイクル安打となるところだったが、「そういうことは全く考えてなく、1打席1打席、戒める気持ちを持って打席に入っていました」と、謙虚に語った。

この3連の大活躍を振り返り、「この歓声を力に変えて打つことができました。本当にありがとうございました」と、真っ赤に染まったスタンドに笑顔を振りまいていた。

情報源:広島・安部がV打 初戦は逆転サヨナラ弾、2戦目は同点打と3連戦大暴れ/カープ/デイリースポーツ online


5回、適時三塁打を放つ広島・安部=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
5回、適時三塁打を放つ広島・安部=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

(セ・リーグ、広島6-4阪神、23回戦、広島13勝9敗1分、7日、マツダ)広島が6連勝。2位・阪神とのゲーム差を9・5に広げ、貯金を今季最多32に伸ばし、マジックを「8」に減らした。通算2000安打まであと2本としている阪神・鳥谷は4打数1安打で、残り1本とした。

広島の先発はジョンソン、阪神は秋山。

阪神は一回、先頭の糸井が四球で出塁。大和が二ゴロで糸井が二塁封殺となり一死一塁も福留が四球で一、二塁の好機。続く大山が左翼線に抜ける適時二塁打を放ち、先制。さらに二、三塁から中谷の2点右前打で追加点。3-0とした。

広島は三回、一死からジョンソンが中前打で出塁すると、田中が右翼席へ6号2ランを放ち反撃。2-3とした。

阪神は四回、中谷が四球。鳥谷は一ゴロに倒れ、中谷が二塁封殺も上本が遊撃内野安打、坂本が四球で一死満塁とし、秋山の三ゴロを西川が失策。1点を追加し、4-2とした。

広島は五回、会沢が右中間へ二塁打を放つと、田中の一ゴロの間に三進。さらに菊池が四球で一死一、三塁とする。続く丸が右前打で1点。さらに一死一、三塁から松山が左犠飛で4-4の同点にすると、つづく安部の左中間を破る三塁打で逆転。西川も右翼線への二塁打を放ち、1点を追加し6-4とした。

情報源:広島が6連勝でM8!貯金は今季最多32 阪神・鳥谷は通算2000安打まで残り1本:イザ!


セ・リーグ 広島6―4阪神 ( 2017年9月7日 マツダ )

広島・安部友裕内野手(28)が3夜連続の殊勲打で、チームのリーグ連覇を加速させた。

2点を追う4回同点とし、なおも2死一塁で秋山から左中間を破る決勝の適時三塁打。ベース上でベンチに向かって両手を突き上げたヒーローは、お立ち台で「(打線の)上位の方がつないでくれた。それを無駄にしないようにと打席に入った」と冷静に振り返った。

この日の夜も神っていた。5日の逆転サヨナラ2ラン、6日には2戦連続のサヨナラ勝ちを呼ぶ8回同点打を放った。3日連続の殊勲打で、負傷離脱した“元祖神ってる男”主砲・鈴木の昨季の活躍をほうふつさせた。

あと本塁打が出ればサイクル安打だったが、「そういったことは一切考えていなかった。戒める気持ちを持って打席に入っていました」と安部。2位・阪神に同一カード3連戦3連勝。マジック再点灯から3日で一気に6つ減らしM8とした。

情報源:広島・安部 またまた打った「戒める気持ちを持って」― スポニチ Sponichi Annex 野球


5回2死三塁、西川の適時打で生還した安部を迎える丸(中)、田中らナイン(カメラ・石田 順平)
5回2死三塁、西川の適時打で生還した安部を迎える丸(中)、田中らナイン(カメラ・石田 順平)

◆広島6―4阪神(7日・マツダスタジアム)

広島は阪神に逆転勝ちし、カード3連勝で優勝マジックを8とした。先発のジョンソンが初回に3点を許したが、2点を追う5回に一挙4点を入れて逆転して逃げ切った。

2点差の5回だった。先頭の会沢の右中間二塁打が反撃の号砲だった。1死一、三塁で丸の右前適時打で1点差。さらに1死一、三塁で松山が左犠飛で同点に追いついた。そして2死一塁で安部が左中間への適時打三塁打で逆転に成功。続く西川も2死三塁で右線適時二塁打を放って、阪神を突き放した。

情報源:【広島】阪神にカード3連勝でM8! 5回に安部が決勝適時三塁打 – ライブドアニュース


"<広・神
5回2死一塁、安部は左中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ ” class=”size-medium” /> <広・神>5回2死一塁、安部は左中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ

セ・リーグ 広島6―4阪神 ( 2017年9月7日 マツダ )

広島は2点を追う4回に4点を挙げ、今季37度目の逆転勝ちで連勝を6に伸ばした。安部友裕内野手(28)が決勝の適時三塁打を放ち、3日連続の殊勲打で2位・阪神との同一カード3連戦3連勝に貢献。チームは優勝へのマジックナンバーを8とし、リーグ連覇へ大きく前進した。

あっという間の逆転劇だった。2―4の4回、丸の適時打と松山の左犠飛で同点。さらに2死一塁から安部の左中間への適時三塁打で勝ち越すと、西川も一塁線を破る適時二塁打でこの回、阪神・秋山から4点を奪い、試合をひっくり返した。

勝ち越し打の安部は5日の逆転サヨナラ2ラン、6日の2戦連続サヨナラ勝ちを呼んだ8回同点打に続く3日連続の殊勲打。投げては2番手の九里が2回を完全投球で7勝目を手にした。

広島は2位・阪神に同一カード3連勝でゲーム差を9.5に。リーグ連覇へ独走態勢に入った。

情報源:広島 独走6連勝でM8 またまた安部V打 虎狩り3連破― スポニチ Sponichi Annex 野球


阪神に3連勝しハイタッチでナインを迎える広島・緒方孝市監督=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
阪神に3連勝しハイタッチでナインを迎える広島・緒方孝市監督=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)”

「広島6-4阪神」(7日、マツダスタジアム)

広島が逆転勝ちで6連勝、優勝へのマジックを「8」とした。
3点を追う三回、田中が反撃となる6号2ランを放った。

2-4で迎えた五回には1死一、三塁の好機で丸が右前適時打。続く松山の左犠飛で同点。なお2死一塁から安部が左中間を破る三塁打で勝ち越し。西川も右翼線適時二塁打を放ち、阪神を突き放した。

阪神に3連勝でM8とし、タッチをかわす広島ナイン(撮影・吉澤敬太)
阪神に3連勝でM8とし、タッチをかわす広島ナイン(撮影・吉澤敬太)

阪神は先発の秋山が5回6失点と試合をつくれず、5敗目(12勝)を喫した。阪神は広島にカード3連戦3連敗。

情報源:広島、6連勝でマジック「8」阪神に逆転勝ちで3連戦3連勝/デイリースポーツ online


5回、勝ち越しの適時三塁打を放ち、ガッツポーズで喜ぶ安部
5回、勝ち越しの適時三塁打を放ち、ガッツポーズで喜ぶ安部

「広島-阪神」(7日、マツダスタジアム)

広島が逆転した。2-4の五回、1死一、三塁から丸が「食らいついていきました」と右前適時打を放ち、1点差に追い上げると、続く松山は同点となる左犠飛を打ち上げた。4番のアンパンマンは「キクがよく走ってくれました」と菊池に感謝した。

さらに安部が左中間を破る三塁打で勝ち越した。「覇気で食らいついていきました」と振り返った。

5回広島2死一塁、左中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ安部友裕=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
5回広島2死一塁、左中間に勝ち越しの適時三塁打を放つ安部友裕=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

西川も右翼線適時二塁打で続き、阪神を突き放した。四回には自らの守りのミスで点を失っただけに「自分のミスで失点してしまったので、何とか取り返そうという気持ちでいきました。点につながって良かったです」と振り返った。

情報源:広島、五回に一挙4点で逆転 安部が勝ち越し打/カープ/デイリースポーツ online


4-2の2点ビハインドで迎えた5回裏、曾澤がツーベースヒットで出塁すると、田中のファーストゴロで2塁の曾澤が3塁へ、菊池が四球を選び1アウト3塁1塁、丸のライト前タイムリーヒットで3塁曾澤がホームインで1点追加、菊池は3塁へ。

松山のレフトへの犠牲フライで菊池が生還して4-4の同点、安部のセンターへの勝ち越しタイムリースリーベースで5点目、西川がランナー3塁からライトへタイムリーツーベースで6点目。

ヒーローインタビュー:安部友裕

ハイライト


週末3連戦は中日、しっかり勝とう。