土屋嘉男さん死去 「七人の侍」など出演

89歳か・・・、肺がんね。


死去した土屋嘉男さん=共同
死去した土屋嘉男さん=共同

土屋嘉男さん89歳(つちや・よしお=俳優)2月8日、肺がんのため死去。葬儀は近親者で営んだ。

山梨県出身。1954年に黒沢明監督「七人の侍」の若い農民役を演じて注目された。以後も「用心棒」「椿三十郎」「赤ひげ」など、黒沢作品に欠かせない存在となった。

著書「クロサワさーん!」で、黒沢監督との交流や裏話をつづり、日本映画の黄金時代を生き生きと描いた。ほかに、成瀬巳喜男監督の「コタンの口笛」、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」など出演作多数。(共同)

情報源:訃報:土屋嘉男さん89歳=俳優、「七人の侍」など出演 – 毎日新聞


「七人の侍」など黒澤明監督作品の常連だった俳優、土屋嘉男さんが、2月8日に肺がんで死去していたことが分かった。89歳。お別れ会などの日取りは未定。喪主は妻、みどりさん。

俳優座養成所を経て東宝に入社。昭和29年、黒澤監督の「七人の侍」で野武士に最愛の妻を奪われる農民、利吉役を熱演して注目を浴びた。以降、「隠し砦の三悪人」「用心棒」「天国と地獄」「赤ひげ」などの黒澤作品で名脇役として印象深い演技を見せた。

このほか、「乱れ雲」や「黒い画集・ある遭難」など幅広い作品に出演。「ガス人間第一号」「マタンゴ」などの特撮作品でも活躍した。

情報源:「七人の侍」の俳優、土屋嘉男さん死去 黒澤作品の名脇役 – 産経ニュース


「七人の侍」など黒沢明監督作品の常連だった俳優の土屋嘉男(つちや・よしお)さんが、2月8日に肺がんのため死去していたことが6日、分かった。89歳。山梨県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

「七人の侍」の若い農民役で注目された。以後も「蜘蛛巣城」「用心棒」「椿三十郎」「赤ひげ」など、黒沢作品に欠かせない存在となった。

著書「クロサワさーん!」で、黒沢監督との交流や「七人の侍」製作時の裏話をつづり、日本映画の黄金時代を生き生きと描いた。ほかに、成瀬巳喜男監督の「コタンの口笛」、岡本喜八監督の「日本のいちばん長い日」など出演作多数。

【共同通信】

情報源:俳優の土屋嘉男さんが死去


「七人の侍」など多くの黒澤映画で脇を固めた俳優の土屋嘉男(つちや・よしお)さんが、2月8日に肺がんで亡くなっていたことがわかった。89歳だった。

俳優座養成所を経て東宝入社。54年、黒澤明監督の「七人の侍」で、愛妻を野武士に奪われて苦しむ若い農民の利吉を演じて注目を集めた。以降、55年の「生きもログイン前の続きのの記録」から65年の「赤ひげ」まで、黒澤映画の脇役として欠かせない存在となった。

東宝では、ほかに「ゴジラの逆襲」「ガス人間第一号」などの特撮もの、「黒い画集 ある遭難」「乱れ雲」など、幅広い作品に出演した。

情報源: 土屋嘉男さん死去 「七人の侍」など出演:朝日新聞デジタル


ご冥福をお祈りいたします。