マテオ痛恨3失点で同点許す 福留&糸井に守備の乱れも…

9回の裏で決められなかったのがなぁ・・・


8回、安部に同点タイムリーを打たれるマテオ=マツダスタジアム
8回、安部に同点タイムリーを打たれるマテオ=マツダスタジアム

「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

阪神の3番手・マテオが、痛恨の同点タイムリーを浴びた。

3-0の八回1死から、菊池の大飛球は左翼後方へ。福留が目測を誤ったか、捕球できずに三塁打としてしまった。丸の遊撃内野安打の間に1点を献上。さらに、悪夢は続く。

新井の二ゴロで追加点を奪われると、打席には前夜サヨナラ本塁打の安部。変化球を右翼前に運ばれた。糸井のエラーも重なり、3点目を失った。

情報源:マテオ痛恨3失点で同点許す 福留&糸井に守備の乱れも…/デイリースポーツ online


(セ・リーグ、広島-阪神、22回戦、6日、マツダ)九回を終わって3-3と両チーム譲らず、試合は延長戦に突入した。阪神は二回一死から5番・中谷の左翼席上段に飛び込む19号ソロで先制。七回には二死一塁で6番・鳥谷が左越え適時二塁打を放ち追加点。鳥谷は通算2000安打まであと3とした。

阪神はさらに八回、3番・福留の中前適時打で差を広げた。

広島はその裏、反撃。一死三塁から3番・丸の遊撃適時内野安打。なおも松山の中前打で一死一、三塁とし、5番・新井のニゴロの間に丸が生還し1点差。6番・安部も右前適時打で続き、3-3の同点に追いついた。

情報源:広島が八回に3点差追いつく 延長戦に突入 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)



試合は延長へ・・・