STU楽曲、岡山駅ホーム放送に メンバー出席し記念式典

ほぉ・・・


記念式典でテープカットするSTU48のメンバーら
記念式典でテープカットするSTU48のメンバーら

瀬戸内エリアを本拠地として活動するアイドルグループ「STU48」初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」がJR岡山駅のホーム放送に採用され、4日、同駅で記念の式典が開かれた。観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」の出発時刻(午前10時11、19分)などに合わせ、5番のりばで毎日午前9時45分から約35分間流す。

瀬戸内の観光振興に取り組むJR西日本岡山支社と、瀬戸内海沿岸の7県などでつくる一般社団法人「せとうち観光推進機構」(広島市)が連携して初めて企画。STU48は、AKB48の国内6番目の姉妹グループとして3月に結成され、5月に「瀬戸内の声」を発表した。瀬戸内海沿岸を走るラ・マル・ド・ボァのイメージと合致するとして、初めてタッグを組むことになった。

岡山駅の在来線コンコースで放映されているSTU48のプロモーションビデオ
岡山駅の在来線コンコースで放映されているSTU48のプロモーションビデオ

5番のりばで式典があり、駆け付けたSTU48メンバーで岡山県出身の藤原あずささん(19)が「たくさんの人に私が大好きな瀬戸内の良さを知ってもらいたい」、山口県出身の瀧野由美子さん(19)が「瀬戸内を思い出す曲として定着してほしい」とあいさつ。楽曲(歌唱抜き)が流れる中、テープカットで放送開始を祝った。

岡山駅ではこの日、在来線コンコースの大型画面で「瀬戸内の声」のプロモーションビデオの放映がスタート。倉敷市美観地区、瀬戸内市の牛窓沖で干潮時のみ現れる島渡りの道「黒島ヴィーナスロード」などが登場し、瀬戸内各県の魅力を発信する。

ホーム放送は、プロモーションビデオの放映と合わせて12月31日までの予定。

(2017年09月04日 13時05分 更新)

情報源:STU楽曲、岡山駅ホーム放送に メンバー出席し記念式典: 山陽新聞デジタル|さんデジ



へぇ・・・