将棋NHK杯 藤井四段が森内永世名人に勝利

将棋NHK杯 藤井四段が森内九段に勝利 | NHKニュース

ほぉ・・・


将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新した中学生棋士の藤井聡太四段が、3日、NHK杯のトーナメント戦で、永世名人の資格を持つトップ棋士の森内俊之九段と対局し、積極的に攻め続けて快勝しました。

藤井聡太四段(15)は去年10月に史上最年少でプロ棋士になったあと、ことし7月の対局で敗れるまで公式戦で29連勝し、将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新しました。

藤井四段は、3日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたNHK杯のトーナメント2回戦で、これまでタイトルを通算で12期獲得し永世名人の資格を持つ森内俊之九段(46)との対局に臨みました。

NHK杯では通常、事前に収録した対局を放送していますが、今回は対局への関心の高さから生放送となりました。

対局前、藤井四段は「生放送で注目される舞台なので全力を出し切りたいと思います」、森内九段は「長いプロ棋士生活の経験を生かした戦い方をしたいです」とそれぞれ意気込みを語り、午前10時すぎに対局が始まりました。

対局は持ち時間の短い「早指し」で、藤井四段が積極的に攻める展開となりました。

そして午前11時20分ごろ、森内九段が94手までで投了して藤井四段がトップ棋士を相手に快勝しました。

藤井四段はNHK杯で、次は、ことし名人戦に挑んだトップ棋士の稲葉陽八段(29)とベスト8入りをかけて対局します。

対局のあと、藤井四段は、「永世名人資格者の森内先生と対戦できて本当にうれしかったです。次もトップ棋士の先生が相手なので、精いっぱい全力を尽くしたいです」と話していました。

森内九段は、「全体的にうまく指されてしまいました。藤井四段は、落ち着いた自然な指し手で、予想しない手もいくつかあり、感心しました」と話していました。

藤井四段「密度の濃い1年だった」

将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新した中学生棋士の藤井聡太四段が3日、NHKの単独インタビューに応じ「すごく密度の濃い1年だったと思っています」とプロ入り後の日々を振り返ったうえで、「竜王、名人といったタイトルを目指したい」と意気込みを語りました。

現在、中学3年生の藤井聡太四段(15)は、1年前の3日、「三段リーグ」を勝ち抜いて史上最年少でのプロ入りを決め、その後、公式戦で29連勝して将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新しました。

3日行われたNHK杯の対局では、永世名人の資格を持つ森内俊之九段に快勝し、通算成績は39勝5敗と好調を維持しています。

藤井四段は、NHK杯の対局のあと、およそ30分間、NHKの単独インタビューに応じました。

この中で藤井四段は、「デビュー戦で加藤一二三(かとう・ひふみ)先生に教わったことをはじめ、今まで経験できなかったことがいろいろあったので、すごく密度の濃い1年だったと思っています」とこの1年を振り返りました。

また、多くの人から注目されていることについては、「プロ入り前には全くなかったことだったので、突然の変化に驚きの思いもありましたが、これを機に将棋に興味を持ってくださった方がいれば、すごくうれしいことなので、そういった意味では本当にありがたいことだと思っています」と前向きに捉えたうえで、「将棋というのは盤上ですべての決着がつくゲームなので、周りは気にせずに盤上に集中するだけだと思っています」と話しました。

一方、勉強との両立については、夏休み中は将棋の研究に多くの時間を使い、学校の宿題は「後手後手に回してしまった」と苦労を明かし、「将棋で今以上に強くなることはもちろん大切ですが、学業もおろそかにしてはいけないので、うまくやっていけたらと思っています」と話しました。

そして、来年春に中学を卒業後、高校に進学するかどうかについては、「将棋と学業、どちらも大切なことなので、すぐには決めきれないところがあります。難しい決断だと思っているので、じっくり考えて決断できればと思っています」と今の心境を語っていました。

棋士としての今後については、「まずは実力をつけることが一番ですが、プロ棋士である以上は、竜王、名人といったタイトルを目指していかないといけないと思います」とタイトルの獲得を目標に掲げました。

そのうえで、「まだまだ強くなる余地がたくさんあると思っているので、もっとどんどん進化したい」や「最終的には自分の将棋の『色』というか、そういったところも出せるようにしたい」などと述べ、「プロ棋士として勝負は対等な関係だと思っているので、今後もトップの先生にも恐れずにぶつかっていきたい」と意気込みを語っていました。

情報源: 将棋NHK杯 藤井四段が森内九段に勝利 | NHKニュース

ほぉ・・・


「将棋NHK杯 藤井四段が森内九段に勝利 | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。