正答率は13%…あなたは分かりますか? 全国学力テストで小6が苦戦した「満月と硬貨」問題(1/2ページ) – 産経ニュース

ふむ・・・


全国の小6と中3計約203万人が参加した今年4月実施の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果が8月下旬に公表されたが、対象となった国語と算数・数学では知識を問う「A問題」に比べ、知識の活用力を問う「B問題」への苦手意識が改めて浮き彫りになった。算数・数学の平均正答率は5割以下と低く、小6算数Bでは13%台という“難解”な問題も。B問題は全国学力テストが始まった当初から課題が指摘されており、授業の改善が求められている。

全国学力テスト
全国学力テスト

記述式で苦戦

平成29年度の全国学力テストの結果によると、平均正答率は小6国語Aが74・9%でB問題は57・6%。小6算数Aは78・8%で算数Bは46・2%。中3では国語Aが77・8%、B問題は72・7%。数学Aは65・2%でB問題は48・7%だった。

A問題とB問題の正答率の開きが大きいのは算数・数学で、特に小6の算数Aと同Bの開きは32・6ポイントと各科目の中で最大だ。中学より小学校の方が知識の活用力に課題があることがうかがえる。

小6算数Bで児童たちが最も苦戦したのが記述式だ。とりわけ日常生活の事象の数学的な解釈と判断の根拠を説明させる問題は正答率が伸び悩んだ。

月の見かけの直径が最小と最大で14%の差があることを題材に、月を硬貨に置き換え、「最少の満月の直径」を1円玉(直径20ミリ)の直径としたとき、「最大の満月の直径」は100円玉(同22・6ミリ)と500円玉(同26・5ミリ)のどちらの直径に近いかを説明させたが、正答率は13・5%。正答は100円玉。

理由例はこうだ。「最大の満月の直径は20×1・14=22・8ミリです。100円玉の直径との差は22・8-22・6=0・2で、0・2ミリです。500円玉の直径との差は26・5-22・8=3・7で、3・7ミリです。100円玉の直径との差のほうが小さいので、100円玉のほうが近いです」

こうした説明を書けないケースが多く、身近な物に置き換えて割合を考えることに苦手意識がうかがえる。

昨年も小6算数Bでは、記述式問題でつまずく児童が目立ち、二等辺三角形と正三角形の関係について説明させる問題の正答率はわずか7・0%だった。

文科省も対応模索

平均正答率の上位
平均正答率の上位

作問を担う国立教育政策研究所の担当者は「問題内容は学習指導要領に基づいており、正答率の想定や難易度は設定していない」と話している。

ただ、B問題は全国学力テストが始まった当初から、知識の活用力や表現力などに課題が指摘されており、苦手意識の克服は必ずしも進んでいない。

文科省もあの手この手で対応策を模索している。8月31日には、全国学力テストの結果公表日を、現行より約1カ月前倒しし、7月末に変更すると明らかにした。教員が夏休み期間中に、結果の分析や指導方法の改善を検討できるようにするためだ。

また31年度から実施日も変更することを決めた。現行は「4月20日に最も近い火曜日」と定めているが、「4月18日に近い火曜から木曜日」とし、より早めに実施できるようにする。

今回で実施から10回目となった全国学力テスト。漢字やことわざ、基本的な計算などの理解力を問う「A問題」では一定の成果はあったが、知識の活用力を問う「B問題」克服への余地はまだまだありそうだ。

公立学校の政令指定都市別平均正答率(%)
公立学校の政令指定都市別平均正答率(%)
公立学校の都道府県別平均正答率(%)
公立学校の都道府県別平均正答率(%)

情報源: 正答率は13%…あなたは分かりますか? 全国学力テストで小6が苦戦した「満月と硬貨」問題(1/2ページ) – 産経ニュース

これな。