北朝鮮発射は短距離弾道ミサイル3発 いずれも失敗 米軍

北朝鮮発射は短距離弾道ミサイル3発 いずれも失敗 米軍

ふむ・・・


韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は26日午前6時49分(日本時間同)ごろ、東部江原道カンウォンドの旗対嶺キテリョン付近から北東方向の日本海上に、短距離の飛翔(ひしょう)体数発を発射、飛行距離はいずれも約250㌔だった。

一方、日本政府関係者は同日、「北朝鮮がロケット砲数発を撃ったようだ。ミサイルではない」と取材に対し述べた。別の関係者は「日本の安全に直接影響はない」としている。
(2017年08月26日 08時18分 更新)

情報源:北朝鮮が飛翔体数発を発射 日本の安全に影響ないと政府関係者: 山陽新聞デジタル|さんデジ


北朝鮮発射は短距離弾道ミサイル3発 いずれも失敗 米軍 | NHKニュース

アメリカ太平洋軍は声明を出し、北朝鮮が短距離弾道ミサイル3発を発射したと明らかにしました。

アメリカ太平洋軍は初期の分析結果として、ミサイルは日本時間の26日午前6時49分から午前7時19分までの30分間に発射され、このうち2発目は発射直後に爆発したと見られるなど、いずれも失敗したとする見方を示し、詳細な分析を進めているとしています。

情報源:北朝鮮発射は短距離弾道ミサイル3発 いずれも失敗 米軍 | NHKニュース


失敗ね。


「北朝鮮発射は短距離弾道ミサイル3発 いずれも失敗 米軍」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。