北朝鮮が飛しょう体 政府「日本の安全保障に直接影響与えず」

北朝鮮飛しょう体 官房長官「安全保障に影響与えず」 | NHKニュース

ふむ・・・


政府は、北朝鮮が26日朝早く、何らかの飛しょう体を発射したことから、情報の収集と分析にあたっています。菅官房長官は26日朝、総理大臣官邸で記者団に対し、「わが国の安全保障に直接、影響を与えるものではないと確認した」と述べたうえで、安倍総理大臣の指示を受けて、引き続き警戒監視に万全を期す考えを示しました。

アメリカ太平洋軍は、北朝鮮が26日朝、短距離弾道ミサイル3発を発射したものの、いずれも失敗したと発表したほか、韓国軍の合同参謀本部も、北朝鮮が26日朝、東部カンウォン道のキッテリョン付近から、射程の短いミサイル数発を日本海に向けて発射したと発表しました。

菅官房長官は26日午前8時すぎ、総理大臣官邸に入り、これまでに得られた情報や分析結果などについて報告を受けました。このあと菅官房長官は、総理大臣官邸で記者団に対し、「わが国の領域や排他的経済水域に落下するような弾道ミサイルは確認されず、わが国の安全保障に直接、影響を与えるものではないと確認した」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「安倍総理大臣には逐次、報告しており、安倍総理大臣からは、国民の生命や財産を守るために高度な警戒監視態勢を維持し、万全の態勢で臨むよう指示があった」と述べました。

政府は、アメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習が行われていることなどから、北朝鮮がさらなる挑発行動に出るおそれもあるとして、引き続き、アメリカや韓国などと緊密に連携し、警戒監視に万全を期すことにしています。

防衛相 情報収集と分析

小野寺防衛大臣は北朝鮮が何らかの飛しょう体を発射したと見られることから午前8時前に防衛省に入り、山本防衛副大臣ら幹部と情報収集と分析にあたっています。

在日米軍「同盟国と連携」

在日アメリカ軍司令部は声明を発表し「北朝鮮による違法で危険な弾道ミサイルの発射に対し、アメリカは日本とともにある。日本を防衛するわれわれの関与が揺らぐことはなく、いついかなる時にも防衛の準備を確実にするため、同盟国と連携を続ける」として、日本や韓国などと連携しながら北朝鮮の脅威に対処する姿勢を強調しました。

情報源: 北朝鮮飛しょう体 官房長官「安全保障に影響与えず」 | NHKニュース

へぇ・・・


「北朝鮮飛しょう体 官房長官「安全保障に影響与えず」 | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。