広島、マジック21再々点灯!3夜連続サヨナラ負けの悪夢払拭 リーグトップ70勝到達

広島9-1中日、マジック21が再々点灯、ヒーローはエルドレッドとジョンソン投手。


"<広・中
スラィリーのマイクを奪ってご機嫌のジョンソン。左はエルドレッド ” class=”size-medium” /> <広・中>スラィリーのマイクを奪ってご機嫌のジョンソン。左はエルドレッド

セ・リーグ 島9―1中日 ( 2017年8月25日 マツダ )

DeNA戦で3試合連続サヨナラ負けを喫してホームに戻った広島を助っ人コンビが救った。投げては先発のジョンソンが8回2安打無失点。打っては5番に入ったエルドレッドが5回の26号ソロを含む2安打3打点をマークし、15安打9得点の打線をけん引した。

三塁を踏ませない投球で7月12日のDeNA戦以来44日ぶりとなる今季5勝目(3敗)を挙げたジョンソンはお立ち台で「アリガトウゴザイマス!」と声を張り上げ「長い道のりだったが、マウンドに立ててチームの勝利に貢献できて良かった」とホッとした様子。「全球種でストライクを取れたし、ゴロで打ち取る自分の投球もできた。何より打線が9点をプレゼントしてくれたので自分の投球ができた」と振り返った。

24日まで敵地で行われたDeNAとの3連戦ではいずれも序盤のリードを守り切れず、2007年以来10年ぶりとなる3試合連続サヨナラ負け。23日には打球を好捕した若き主砲・鈴木が着地の際に右足首を骨折して離脱するアクシデントにも見舞われた。

だが、ホームに戻っての快勝で、前日消えたばかりの優勝マジックも「21」に減って再点灯。エルドレッドは「タフな試合が3試合続いて厳しかったが、長い一年、ああいうことは何回もある」とファンの不安を吹き飛ばすような頼もしい一言を発し、最後は日本語で「ゼンシンゼンレイ!」と叫んだ。

情報源:広島 助っ人コンビ躍動でM21再点灯 26号エルド「ゼンシンゼンレイ!」― スポニチ Sponichi Annex 野球


お立ち台で「最高でーす!!」と叫び、マイクを放り投げるジョンソン。左はエルドレッド(撮影・吉澤敬太)
お立ち台で「最高でーす!!」と叫び、マイクを放り投げるジョンソン。左はエルドレッド(撮影・吉澤敬太)

「広島9-1中日」(25日、マツダスタジアム)

広島が本拠地で大勝し、横浜での3夜連続サヨナラ負けの悪夢を払拭、足踏みをしていたリーグ一番乗りの70勝に到達した。阪神が敗れたため、マジック21が再々点灯した。

三回、無死一、三塁から今季初の4番に座った松山が右前適時打で先制。1死一、二塁から安部の中前適時打、石原の右前適時打などで4点を奪った。

お立ち台でブラッド・エルドレッド(左)に巨大マイクを向ける広島のクリス・ジョンソン=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
お立ち台でブラッド・エルドレッド(左)に巨大マイクを向ける広島のクリス・ジョンソン=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)

五回にはエルドレッドの26号ソロ、七回にもエルドレッドが2点適時二塁打、八回には岩本、安部の連続適時打で得点を重ねた。

7月21日・中日戦以来の先発・ジョンソンは8回2安打無失点で7月12日・DeNA戦以来の5勝目を挙げた。

広島は横浜でのDeNA戦で3夜連続サヨナラ負けを喫したが、本拠地では絶対的な強さを誇り、主催試合では41勝16敗1分けとした。

情報源:広島、マジック21再々点灯!3夜連続サヨナラ負けの悪夢払拭 リーグトップ70勝到達/デイリースポーツ online


"<広・中
力投するジョンソン ” class=”size-medium” /> <広・中>力投するジョンソン

セ・リーグ 広島9―1中日 ( 2017年8月25日 マツダ )

DeNA戦で3試合連続サヨナラ負けを喫してホームに戻った広島が9―1で中日に快勝。“横浜の悪夢”を振り払った。また、阪神が巨人に敗れたため、前日24日に消えた優勝へのマジックが「21」で再点灯した。

3回、菊池、丸の連打で無死一、三塁のチャンスを築き、4番に入った松山が3連打目となる右前適時打を放って先制。さらに安部と石原の適時打などでこの回計4点を先取した。

5回にはエルドレッドが中日先発のバルデスから1ボールからの2球目、内角高めの直球を左中間スタンドへ運ぶ26号ソロを放って5点をリード。7回にはエルドレッドの二塁打で2点、8回にも4連打で2点を加え、計15安打9得点と一方的な展開に持ち込んだ。

投げては先発のジョンソンが5回2死まで無安打と快投を続け、結局、三塁を踏ませず。完封まであと1イニングで降板したが、8回で101球を投げ、2安打無失点という好投で7月12日のDeNA戦以来44日ぶりとなる今季5勝目(3敗)をマークした。

広島は24日まで敵地で行われたDeNAとの3連戦ではいずれも序盤のリードを守り切れず、2007年以来10年ぶりとなる3試合連続サヨナラ負け。23日には打球を好捕した鈴木が着地の際に右足首を骨折して離脱するなどアクシデントもあったが、ホームに帰った初戦で投打がかみ合い快勝でものにした。

中日は5回2死から高橋が右前へチーム初安打を放ったが、最後までジョンソンを打ち崩せず。9回に1点を返すのが精一杯だった。先発のバルデスは5回9安打5失点で今季9敗目(6勝)を喫している。

情報源:広島“横浜の悪夢”振り払いM再点灯!ジョンソン快投8回2安打― スポニチ Sponichi Annex 野球


3回にカープが先制。

ランナー1,3塁で4番松山、ライト前タイムリーヒットで1点

1アウト、1,2塁から安部のセンター前タイムリーヒットで2点目

堂林のセカンドゴロの間に松山が生還、3点目

2アウト2塁から、石原のライトへのタイムリーヒットで4点目

5回、エルドレッドのソロホームランで5点目

7回、エルドレッドのタイムリーツーベースヒットで7点目

8回、安倍と岩本のタイムリーで9点目

ハイライト

ヒーローインタビュー(エルドレッド&ジョンソン)

5回裏、STU48のCCダンス


阪神は巨人に逆転負けで自力Vが再消滅。