広島 鈴木が右足首の剥離骨折 チーム離脱 | NHKニュース

マジかよ・・・


広島 鈴木が右足首の剥離骨折 チーム離脱

プロ野球・広島の4番・鈴木誠也選手が23日夜のDeNA戦で守備の際に右足首を痛めて、くるぶしの剥離骨折と診断され、チームを離脱することになりました。

鈴木選手は23日夜、横浜スタジアムで行われたDeNA戦に4番・ライトで先発出場し、2回の守備でフェンス際の打球をジャンプしてキャッチし着地した際に右足首を痛めました。鈴木選手は立ち上がることができず、担架で運ばれそのまま途中で交代しました。

そして、横浜市内の病院で診察を受けた結果、右足首の内側のくるぶしの剥離骨折と診断されたということです。全治などはわかっていません。鈴木選手は24日、チームを離れて広島に戻り、詳しい診察を受ける予定だということです。

鈴木選手はここまで全試合に出場し主に4番を任され、この試合も第1打席で26号ソロホームランを打つなど、リーグトップの90打点をあげ、セ・リーグ首位を走るチームを引っ張っていました。

広島の緒方監督は「本人がいちばん悔しいだろう。けがをしてしまったのはしょうがない。こういう時こそ、チームが一つになってさらに強い気持ちを持ってやっていくしかない」と話していました。

情報源: 広島 鈴木が右足首の剥離骨折 チーム離脱 | NHKニュース

剥離骨折か・・・