モスクワで花火大会 日本の花火も | NHKニュース

ほぉ・・・


モスクワで花火大会 日本の花火も

ロシアの首都モスクワで国際花火大会が開かれ、初めて参加した日本の色とりどりの花火が詰めかけた見物客を魅了しました。

この花火大会はおととしの夏から始まったもので、モスクワを流れる川沿いで19日に開かれた今回の大会には、ロシアをはじめ日本やオーストリアなど8つの国が参加しました。

このうち日本からは北九州市の業者が参加し、桜やひまわりなど日本の花をイメージした色とりどりの花火を披露しました。また、東日本大震災でロシアから多くの支援を受けたことへの感謝を込め、復興支援ソング「花は咲く」の音楽に合わせた花火も打ち上げられ、詰めかけたおよそ10万人の見物客を魅了しました。大会の主催者は、このところ日本とロシアによる交流が活発になる中、今回初めて日本の業者にも参加を呼びかけたということです。

日本の花火を初めて見たというロシア人の女性は「噴水のような花火が美しかったです。ロシアと日本が一緒に参加できたことで両国の関係はよりよくなると思います」と話していました。また、北九州市の花火業者の佐野和行さんは「打ち上げが終わったあとも多くの人に声をかけてもらうなど反応もあってよかったです」と話していました。

情報源: モスクワで花火大会 日本の花火も | NHKニュース

へぇ・・・