カープ 今季7回目の完封負け|NHK 広島のニュース

広島0-5ヤクルト


カープは19日、マツダスタジアムで、ヤクルトと対戦。打線がつながらず0対5で敗れ、今シーズン7回目の完封負けを喫しました。

カープの先発は前の試合で完封勝ちの薮田投手で、この試合もピンチは迎えるものの要所は持ち味のストレートで抑え、5回までは得点を与えませんでした。

しかし6回、連続ヒットなどで満塁のピンチを招くと、押し出しのフォアボールで先制を許しました。

薮田投手は続く7回にも再び満塁の場面を迎え、ここで中田投手が2人目としてマウンドに上がりましたが、直後にヤクルトの山田選手に満塁ホームランを打たれて突き放されました。

チーム打率リーグトップの打線も先発の小川投手に8回まで無得点に抑えられるなどつながりを欠いて0対5で敗れ、今シーズン7回目の完封負けを喫しました。

薮田投手は、「中軸は1発のあるバッターだったので、警戒していたが打たれた。スタミナ的にはまだ投げられた」と話していました。

緒方監督は、「チャンスを作っても点を取れなかった。薮田は、完封した前の試合のような空振りがとれるピッチングをできていなかった。投手リレーのタイミングは自分のミスだった」と話していました。

情報源: カープ 今季7回目の完封負け|NHK 広島のニュース

7回の満塁で、中田に交代したのが裏目に出た感じだな・・・
7回裏の満塁で、得点できなかったのも痛い。