イチローと田澤が所属するマーリンズ 球団売却で合意 | NHKニュース

ふむ・・・


イチローと田澤が所属するマーリンズ 球団売却で合意

大リーグでイチロー選手と田澤純一投手が所属するマーリンズが、かつてヤンキースで活躍したデレック・ジーター氏などで作るグループに球団を売却することで合意しました。

これはマーリンズのデービッド・サムソン球団社長が12日に明らかにしました。マーリンズは球団を売却する意向を示して複数の投資グループなどと交渉を行ってきましたが、アメリカの実業家やヤンキースでキャプテンとして活躍したジーター氏などで作るグループに売却することで合意したということです。アメリカのメディアは、売却額はおよそ1300億円になると報じています。

サムソン球団社長は「ジーター氏は球団を経営したいと熱望していて、その能力がある人物だと思っている。ビジネス面のほかに、チーム編成の責任者になる。球団やファンのために、これがいちばんよい決断だったと思う」と述べました。今後は、大リーグのオーナー会議の承認などの手続きを進める必要があり、球団によりますと、最終的に球団が譲渡されるのはことし10月になる予定だということです。

マーリンズはフロリダ州マイアミが本拠地で1997年と2003年にワールドシリーズで優勝しましたが、その後はタイトルから遠ざかり観客動員数も減少していました。来シーズンのチーム編成や予算額をはじめとした球団の方向性は今後示される見通しで、イチロー選手をはじめ所属する選手の契約などに影響が出るのか注目されます。

情報源: イチローと田澤が所属するマーリンズ 球団売却で合意 | NHKニュース

へぇ・・・