男子400メートルリレーで日本が銅メダルを獲得し、記念写真に納まる(左から)多田、桐生、サニブラウン、ケンブリッジ、飯塚、藤光=ロンドン(共同)

陸上世界選手権 男子400mリレー 日本が銅メダル獲得

銅メダル、おめでとうございます。


陸上世界選手権 男子400mリレー 日本が銅メダル獲得

ロンドンで開かれている陸上の世界選手権で、日本が男子400メートルリレーで銅メダルを獲得しました。日本が世界選手権のこの種目でメダルを獲得するのは初めてです。

男子400メートルリレーは12日に決勝が行われ、日本は、多田修平選手、飯塚翔太選手、桐生祥秀選手が予選と同じ、そしてアンカーを藤光謙司選手に入れ替えるメンバーで臨みました。

日本は持ち味のバトンパスで上位争いを繰り広げ、4番手で最後の直線に入りました。そして、前を走っていたジャマイカのアンカー、ウサイン・ボルト選手が足を痛めるアクシデントが起き、3位でフィニッシュし、銅メダルを獲得しました。

タイムは今シーズンのベストを更新する38秒04でした。イギリスが37秒47で優勝し、金メダルを獲得。アメリカが37秒52で銀メダルを獲得しました。

この種目で日本は、オリンピックでは2008年の北京大会で銅メダル、去年のリオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得していますが、世界選手権でのメダル獲得は初めてです。

アンカー務めた ベテラン藤光

男子400メートルリレー決勝でアンカーを務めた藤光謙司選手は、経験豊富な31歳で、世界選手権は今回が4回目の出場でした。いずれの大会でも、男子400メートルリレーのメンバーを務めています。

個人種目では100メートルから400メートルまでをこなし、最も得意とする200メートルでは2015年に当時日本歴代2位となる20秒13をマークし、その年の世界選手権では準決勝に進んでいます。

今回の世界選手権の代表選考を兼ねたことし6月の日本選手権では、男子200メートルでサニブラウンアブデル・ハキーム選手に次いで2位に入りましたが、世界選手権の参加標準記録に0秒03届かず、リレーのメンバーとして選ばれました。

予選は控えに回りましたが、決勝では、コンディションの面で本来の力を発揮できていなかったケンブリッジ飛鳥選手に代わってアンカーを任され、ベテランの経験を生かしたバトンの受け渡しと走りで、銅メダル獲得に貢献しました。

藤光選手はレース後、日本が男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した去年のリオデジャネイロオリンピックに触れ「メンバーとして走れなかったという思いもあるので、機会を与えてくれてうれしかった。去年は引退も一瞬考えたが、支えて下さった方のおかげでここにいる」と喜びを表していました。

第1走者・多田「予選よりいい走りできた」

日本の第1走者を務めた多田修平選手は「スタートが自分の中では結構決まり、予選よりいい走りができた。プレッシャーがあったが声援のおかげだ。感謝したい」と笑顔で話していました。

第2走者・飯塚「日本の力を世界にアピール」

第2走者の飯塚翔太選手は「色んな思いがあるが、メダルが取れてうれしい。ありがとうという気持ちでいっぱいだ。日本の走る力をもう一度世界にアピールできたと思う」と話していました。

第3走者・桐生「陸上界を盛り上げていきたい」

第3走者の桐生祥秀選手は「応援してくれた人たちにメダルを持ち帰ることができてうれしい。これから日本のリレーはもっともっと注目される。これぞ日本の走りという形で、これからも陸上界を盛り上げていきたい」と話していました。

男子400mリレー 過去の成績は

日本が陸上の世界選手権の男子400メートルリレーでメダルを獲得するのは、今回が初めてです。

陸上の世界選手権は今回が16回目の開催で、日本は1995年にスウェーデンのイエーテボリ大会で5位に入って初めて入賞しました。

これまでの最高成績は、2001年のカナダのエドモントン大会と2009年のドイツのベルリン大会の4位で、メダルの獲得はありませんでした。

一方、オリンピックでは、2008年の北京大会で初めてのメダルとなる銅メダルを獲得し、去年のリオデジャネイロ大会では銀メダルを獲得しました。

情報源:陸上世界選手権 男子400mリレー 日本が銅メダル獲得 | NHKニュース


第16回世界陸上ロンドン大会、男子4×100メートルリレー決勝。負傷してトラックに倒れたジャマイカのウサイン・ボルト(2017年8月12日撮影)。(c)AFP/Kirill KUDRYAVTSEV
第16回世界陸上ロンドン大会、男子4×100メートルリレー決勝。負傷してトラックに倒れたジャマイカのウサイン・ボルト(2017年8月12日撮影)。(c)AFP/Kirill KUDRYAVTSEV

【8月13日 AFP】第16回世界陸上ロンドン大会(16th IAAF World Championships in Athletics London)は12日、男子4×100メートルリレー決勝が行われ、ジャマイカのアンカーを務めたウサイン・ボルト(Usain Bolt)が走り切ることができず、輝かしいキャリアの最後は途中棄権という衝撃的な幕切れとなった。

3位でバトンを受け取ったボルトは、最後の直線を半分ほど走ったところで左の太ももを押さえながら体を引きつらせ、最後は転がり込むようにして前に倒れた。この光景に、ロンドン・スタジアム(London Stadium)に詰めかけた満員の6万人の観客は息を呑んだ。

レースは英国が37秒47で優勝。ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin)擁する米国が0秒05差の2位に入り、日本が38秒04で銅メダルを獲得する健闘を見せた。

ジャマイカのチームドクターはボルトの状態について、「左ハムストリングのけいれん」だと話している。

2走のジュリアン・フォルテ(Julian Forte)は、「本人から詳しいことは聞けなかったけど、見た限りでは、引きつったか、けいれんを起こしたみたいだった。ずっと謝っていたけど、僕らはその必要はないと答えた。けがもこのスポーツの一部だ」と話した。

110メートルハードルの新王者で、1走を務めたオマー・マクリオド(Omar McLeod)は、「誰もがボルトをうらやみ、彼のレースに熱くさせられた。(ボルトのけがは)事故のようなもの。ウサイン・ボルトの名前は永遠に生き続ける」と話した。

5日の100メートルではガトリン、そしてこの日米国のアンカーを務めたクリスチャン・コールマン(Christian Coleman)に敗れて大会3連覇を逃したボルトだが、リレーのメンバーにマクリオド、フォルテ、そして2011年大会王者のヨハン・ブレイク(Yohan Blake)というそうそうたる顔ぶれが並んだことで、ボルトの公式戦最後のレースへの期待は高まっていた。

そして迎えた決勝では、3走まで英国、米国、そして大会5連覇を目指すジャマイカが競り合い、並ぶようにしてアンカーにバトンタッチしたが、その後に待っていたのはボルトが叫び声をあげながら痛みに跳びはね、日本が3位に食い込むという劇的な結末だった。

この結果、100メートルと200メートルの世界記録保持者であるボルトは、米国のアリソン・フェリックス(Allyson Felix)より1個少ない、金メダル8個を含む14個の世界選手権のメダルでキャリアを終えることになった。

英国の優勝を喜ぶ大歓声が響く中、医師に状態の確認を受けたボルトは、車いすに乗ってトラックを後にするのを拒否し、最後は立ち上がって足を引きずりながらチームメートとともにフィニッシュラインを越えると、治療のためスタジアム内部へ消えていった。

相次ぐドーピングの発覚や統括団体の中枢にまで及ぶ汚職スキャンダルなど、陸上界がかつてない危機に瀕する中でトラックに光をもたらした選手の最後としては、悲しい終わりだった。(c)AFP/Luke PHILLIPS

情報源:ボルト、ラストランは悲しい幕切れ 負傷でリレー途中棄権 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News


【ロンドン時事】陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で日本(多田、飯塚、桐生、藤光)が38秒04で銅メダルを獲得した。銀メダルを手にした昨年のリオデジャネイロ五輪に続く表彰台で、世界選手権では初のメダル。今大会で日本勢のメダルも初めて。

開催国の英国が37秒47で金メダルを獲得し、米国が銀。5連覇を目指したジャマイカはアンカーのウサイン・ボルトがレース中に脚を痛め、ゴールできなかった。

男子十種競技は後半5種目が行われ、中村明彦(スズキ浜松AC)が7646点で19位、右代啓祐(同)は7498点で20位に終わった。同5000メートルはムクタル・エドリス(エチオピア)が13分32秒79で金。モハメド・ファラー(英国)は2位で3大会連続の1万メートルとの2冠はならなかった。

女子400メートルリレーは米国が3大会ぶりに制覇。2走を務めたアリソン・フェリックスは大会通算獲得メダルを15個とし、ボルトと女子のマーリーン・オッティ(ジャマイカ)を抜いて単独最多となった。

女子走り高跳びは、ドーピング問題でロシア陸連が資格停止処分を受けたため個人資格で出場した同国のマリア・ラシツケネが、2メートル03で連覇した。

◇男子400メートルリレー選手の略歴

多田 修平(ただ・しゅうへい)大阪桐蔭高から15年に関学大進学。17年6月、日本学生個人選手権の準決勝で追い風参考記録ながら国内の電動計時で初の9秒台となる9秒94を出し、決勝で公認記録の10秒08をマーク。同年の日本選手権は2位。今大会は100メートルで準決勝進出。176センチ、66キロ。21歳。大阪府出身。

飯塚 翔太(いいづか・しょうた)静岡・藤枝明誠高、中大出。10年世界ジュニア選手権200メートル優勝。13年と17年の世界選手権200メートル準決勝進出。16年日本選手権で日本歴代2位の20秒11をマーク。リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダル。100メートルのベストは10秒08。186センチ、80キロ。26歳。静岡県出身。ミズノ所属。

桐生 祥秀(きりゅう・よしひで)京都・洛南高時代の13年織田記念で100メートル日本歴代2位の10秒01を記録。14年世界ジュニア選手権3位。15年3月、追い風参考記録で9秒87。16年6月に2度目の10秒01。リオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダル。176センチ、70キロ。21歳。滋賀県出身。東洋大在学。

藤光 謙司(ふじみつ・けんじ)埼玉・市浦和高、日大出。10年に日本選手権200メートルで初優勝し、広州アジア大会で銀メダル。世界選手権は過去3度出場し、15年は準決勝進出。リオデジャネイロ五輪は予選敗退。200メートルの自己ベストは日本歴代3位の20秒13。182センチ、71キロ。31歳。埼玉県出身。ゼンリン所属。(2017/08/13-09:08)

情報源:日本、400リレーで銅=今大会初メダル-世界陸上:時事ドットコム


男子400メートルリレー決勝 力走する(左から)1走の多田、2走の飯塚、3走の桐生、アンカーの藤光=ロンドン(共同)
男子400メートルリレー決勝 力走する(左から)1走の多田、2走の飯塚、3走の桐生、アンカーの藤光=ロンドン(共同)

「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

男子400メートルリレー決勝が行われ、日本は38秒04で3位(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)で、今大会初のメダルに輝いた。

1組3位で予選を通過した日本は、メンバーを入れ替えケンブリッジ飛鳥に代わり、藤光が入った。

男子400メートルリレー決勝で(左上から時計回りに)脚を痛めて、バトンを落とし、コースに倒れ込んでゴールを見つめるジャマイカのアンカー、ボルト=ロンドン(共同)
男子400メートルリレー決勝で(左上から時計回りに)脚を痛めて、バトンを落とし、コースに倒れ込んでゴールを見つめるジャマイカのアンカー、ボルト=ロンドン(共同)

ジャマイカの最終走者のウサイン・ボルトは、バトンを受け取って数歩のところで、足を負傷。左もも裏のアクシデントと見られ、その場で突っ伏し顔を覆い、最後まで走りきることはできなかった。

優勝は37秒47でイギリス、2位は37秒52でアメリカ。ジャマイカはボルトの棄権で5連覇を逃した。

男子400メートルリレー決勝 脚を痛めて倒れ込むジャマイカのアンカー、ボルト(手前右)=ロンドン(共同)
男子400メートルリレー決勝 脚を痛めて倒れ込むジャマイカのアンカー、ボルト(手前右)=ロンドン(共同)

情報源:日本は3位!ボルトは負傷、バトン受け取り直後にレーンに突っ伏す/スポーツ/デイリースポーツ online


男子400メートルリレー決勝 3走の桐生(手前右から2人目)からバトンを受けスタートするアンカーの藤光=ロンドン(共同)
男子400メートルリレー決勝 3走の桐生(手前右から2人目)からバトンを受けスタートするアンカーの藤光=ロンドン(共同)

「陸上・世界選手権」(12日、ロンドン競技場)

男子400メートルリレー決勝が行われ、日本は38秒043位(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)で、史上初のメダルに輝いた。

多田「スタートが結構決まり、予選よりいい走りが出来た。プレッシャーとかあったけど、みなさんの声援のおかげ。本当に感謝している」

男子400メートルリレー決勝 3位でゴールする日本のアンカー、藤光(左端)。中央は優勝した英国、右端は脚を痛めたジャマイカのボルト=ロンドン(共同)
男子400メートルリレー決勝 3位でゴールする日本のアンカー、藤光(左端)。中央は優勝した英国、右端は脚を痛めたジャマイカのボルト=ロンドン(共同)

飯塚「うれしい。内容はいろいろありますが、純粋にうれしい。本当に『ありがとう』の言葉を伝えたい。日本の走る力を世界にアピールできた」

桐生「メダル取れてよかった。いろいろな思いがあるが、チームに支えてもらった恩返しできた。100の個人で出られなかったが、リレーでこうやってメダルを持ち帰れるのはうれしい。また2年後、メダリストに。これからもっと注目されるけど、僕ら4人、ハキーム君、ケンブリッジさんと6人、みなさんのためにもしっかりとこれぞ日本の陸上!と盛り上げていきたい」

男子400メートルリレーで日本が銅メダルを獲得し、記念写真に納まる(左から)多田、桐生、サニブラウン、ケンブリッジ、飯塚、藤光=ロンドン(共同)

藤光「最高です!予選を通過してくれたケンブリッジの分、サポートしてくれたハキームの分、走りたいと思っていたので、こういう結果になってよかった。去年走ることができなかったが、こういう機会与えてもらい、感謝している。昨年で終わることも一瞬考えたが、周囲に支えてもらった方のおかげで、ここにいる」

情報源:リレー最終走者・藤光「ケンブリッジの分、ハキームの分、走りたいと」/スポーツ/デイリースポーツ online


◆世界陸上 第9日(12日、英ロンドン)

男子400メートルリレー決勝で、日本(多田修平―飯塚翔太―桐生祥秀―藤光謙司)は、38秒04で銅メダルを獲得した。日本勢が世界陸上のリレー種目で表彰台に立つのは史上初。

現地時間12日午前に行われた予選では、38秒21で1組3着。予選通過8チーム中、6番目のタイムだった。決勝は、アンカーを不調のケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=からベテランの藤光に交代。“代打の切り札”はジャマイカのアンカー、ウサイン・ボルトが左脚を痛めて失速したのにも動じず、銅メダルのゴールに飛び込んだ。「今年の結果はさらに今後につながる。層の厚さを見せられたのもプラスだし、みんなさらに自信がついたと思う」とうなずいた。

第1走者の多田は、今大会が世陸初出場。緊張にも動じず、飯塚とスムーズなバトンパスを見せた。「初めてのリレーで緊張もあったが、飯塚さんを信頼していた」とはにかんでいた。

情報源:【世界陸上】日本400リレー銅メダル!世界陸上で初の表彰台 – ライブドアニュース


陸上・世界選手権第9日(12日、ロンドン)男子の400メートルリレー決勝で、5連覇を目指したジャマイカは、アンカーを務めたウサイン・ボルト(30)が脚を痛めてフィニッシュできず、途中棄権した。多田修平(21)=関学大、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(21)=東洋大、藤光謙司(31)=ゼンリン=の日本は、38秒04で銅メダル。世界選手権で初のメダル獲得となった。英国が37秒47で優勝した。

衝撃の結末だった。会場を埋めた6万人の視線を独り占めしたボルトに異変が起きた。最終走者としてバトンを受け取り走り出すと、数歩で脚がよろめいた。どよめきが起きる中、再び走りきることはできず。フィニッシュラインを越えないまま、落胆の表情で競技場を去った。

五輪、世界選手権を通じて初めて予選から登場したことが影響したのか。英国、米国、日本と先頭を争う位置でバトンを受け取り、一気に抜け出すシーンを誰もが予想していたが、想定外の事態が待っていた。

個人種目の100メートルで手にできなかった金メダルはおろか、表彰台にさえ届かず。トラックにうつぶせになり、両手で顔を覆った人類最速の男は不本意な形で数々の伝説を刻んだトラックに別れを告げた。

情報源:ボルト、ラストランは悲劇の結末…脚を痛めてフィニッシュできず/世界陸上 – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)


陸上・世界選手権第9日(12日、ロンドン)男子の400メートルリレー決勝で多田修平(21)=関学大、飯塚翔太(26)=ミズノ、桐生祥秀(21)=東洋大、藤光謙司(31)=ゼンリン=の日本は38秒04で銅メダル。世界選手権で初の表彰台となった。

戦略が当たった。第1走者の多田が大外9レーンから鋭い出足で飛び出した。第2走者の飯塚からバトンを受けた第3走者の桐生は、元気いっぱいの快走。最終走者の藤光が後続の追撃を振り切り、銀メダルだったリオデジャネイロ五輪に続くメダルをもたらした。

期待されたサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は右脚に痛みがあり、起用が見送られた。アンカーは予選のケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=から藤光に変更。スタンドから見つめた2人の無念を背負った31歳のベテランが、意地をみせた。

最近の五輪3大会で2個のメダルを手にしていた日本。世界選手権初の表彰台に立ち、メダル常連国の仲間入りを果たした。

情報源:銅メダルの日本、アンカー藤光変更が大当たり!世界選手権初の表彰台/世界陸上 – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)


男子400メートルリレー決勝で3位になり日の丸を掲げる日本の選手たち=12日、ロンドン(ロイター)
男子400メートルリレー決勝で3位になり日の丸を掲げる日本の選手たち=12日、ロンドン(ロイター)

陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平(関学大)飯塚翔太(ミズノ)桐生祥秀(東洋大)藤光謙司(ゼンリン)の日本は38秒04で3位に入り、大会史上初の銅メダルに輝いた。昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルに続く表彰台で、今大会の日本勢で男女を通じて初のメダル獲得となった。

ジャマイカは現役最後のレースで第4走者を務めたウサイン・ボルトが脚を痛めてゴールできず、5連覇はならなかった。英国が37秒47で初優勝し、米国が37秒52で2位だった。

女子400メートルリレーは米国が41秒82で3大会ぶりに勝ち、第2走者のアリソン・フェリックスは大会史上単独最多の通算15個目のメダルを得た。金は10個目。(共同)

情報源:【世界陸上】大会史上初 400メートルリレーで日本が銅メダル ボルトは途中棄権 – 産経ニュース


世界陸上男子400メートルリレーのレース中に足を痛め、転倒するボルト(AP)
世界陸上男子400メートルリレーのレース中に足を痛め、転倒するボルト(AP)

陸上の世界選手権第9日は12日、英ロンドンで行われ、男子400メートルリレーで日本は38秒04で3位に入り、世界陸上の同種目で初のメダルを獲得した。大会限りで引退するウサイン・ボルト(30)はジャマイカのアンカーを務めたが、レース中に足を痛め、5連覇を逃した。

男子400メートルリレー決勝で、3着でゴールする藤光(左手前)中央右上は負傷するボルト
男子400メートルリレー決勝で、3着でゴールする藤光(左手前)中央右上は負傷するボルト

多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、ケンブリッジ飛鳥(24=ナイキ)の順で走り、1組3着で予選を通過した日本は、ケンブリッジに代えてベテラン藤光謙司(31=ゼンリン)を起用して決勝に臨み、新たな歴史を切り開いた。

男子400メートルリレー決勝で、負傷するボルト。左は銅メダルを喜ぶ藤光と桐生
男子400メートルリレー決勝で、負傷するボルト。左は銅メダルを喜ぶ藤光と桐生
男子400メートルリレー決勝で、3位を喜ぶ(左から)藤光、桐生、飯塚。中央右は負傷するボルト
男子400メートルリレー決勝で、3位を喜ぶ(左から)藤光、桐生、飯塚。中央右は負傷するボルト

情報源:日本銅だ!世界陸上男子400Mリレーで初メダル ボルト有終ならず (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:日本銅だ!世界陸上男子400Mリレーで初メダル ボルト有終ならず― スポニチ Sponichi Annex スポーツ


男子400メートルリレー決勝で3位になり喜ぶ(左から)多田、藤光、飯塚、桐生の日本チーム=池田良撮影
男子400メートルリレー決勝で3位になり喜ぶ(左から)多田、藤光、飯塚、桐生の日本チーム=池田良撮影

陸上の世界選手権第9日は12日夜(日本時間13日朝)、ロンドンであり、男子400メートルリレー決勝の日本(多田修平=関西学院大、飯塚翔太=ミズノ、桐生祥秀=東洋大、藤光謙司=ゼンリン)は、38秒04で3位となり、世界選手権で初のメダルとなる銅メダルをつかんだ。同種目では昨夏のリオデジャネイロ五輪の銀に続くメダル獲得。

地元英国が今季世界最高の37秒47で制し、男子100メートル覇者のジャスティン・ガトリンを擁する米国が0秒05差の2位に続いた。

男子400メートルリレー決勝で3位になり喜ぶ日本チーム。左から多田、桐生、サニブラウン、ケンブリッジ、飯塚、藤光=池田良撮影
男子400メートルリレー決勝で3位になり喜ぶ日本チーム。左から多田、桐生、サニブラウン、ケンブリッジ、飯塚、藤光=池田良撮影

これが現役引退レースとなった男子100、200メートル世界記録保持者のウサイン・ボルトが4走を務めたジャマイカは、ボルトがレース中に足を痛め、途中棄権。5連覇を逃した。ボルトは顔をゆがめ、仲間に肩を抱えられながら悲痛な表情でトラックを去った。

同日の予選を1組3着、全体の6番目のタイムで突破した日本は予選で4走を務めたケンブリッジ飛鳥(ナイキ)を、31歳のベテラン藤光に入れ替えて決勝に挑み、総合力で世界選手権初の表彰台にたどりついた。

男子400メートルリレー決勝で3位になり喜ぶ(左から)藤光、桐生、飯塚、多田の日本チーム=池田良撮影
男子400メートルリレー決勝で3位になり喜ぶ(左から)藤光、桐生、飯塚、多田の日本チーム=池田良撮影

情報源:男子400リレー、日本は銅 陸上世界選手権 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:男子400リレー、日本は銅 陸上世界選手権 – 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル


ボルトは残念だったな・・・